こんにちは!2017年2月から2018年2月までオーストラリアでワーキングホリデーをしていたZiziです。

西はパース、東はケアンズ、南はタスマニアと1年の間にオーストラリア中を飛び回りながら、文字通りワーキング&ホリデーを楽しんできました。今回は「失敗しないワーキングホリデー」と題して、私の経験をシェアしていきたいと思います。

失敗しないワーキングホリデー

失敗しないワーキングホリデー

結論から言います。失敗しないワーキングホリデーに必要なのは「計画性」です。

もしあなたが「ワーキングホリデーに行きたい!」と思ったとき、不安なことってなんですか?

英語ができない、仕事がない、お金がない。こんなところではないでしょうか。みんな最初は不安です。でも大丈夫、これさえ読めばほとんどの不安は解消され、あなたのワーキングホリデーへの道はひらけるでしょう。

順番に解説していきます。

英語ができない不安

まず、「英語ができない」という不安は、ワーキングホリデー前にフィリピンに英語留学に行けば解決します。

よくワーキングホリデー最初の3ヶ月間をオーストラリアへの留学に使ってしまう人がいるのですが、それはもったいなさすぎます。ワーキングホリデーは基本的に1年間という限られた期間しかその国にいられないビザです。

1年間のうち3ヶ月を留学に使うと実質残り9ヶ月しかありませんね。なので、僕はワーキングホリデー前のフィリピン留学をオススメしています。

フィリピン留学の特徴はマンツーマンレッスンが多く、留学費用が諸外国よりも安いというところです。
マンツーマンレッスンということは、必ず何か言葉を発しなければならないので、自然に会話量が増えます。

読み書きができても自分で発言しないと英語は話せるようになりません。日本人はグループレッスンで発言しない人が多いので、マンツーマンレッスンは恥ずかしがり屋な日本人にはピッタリなレッスンだと思います。

僕自身、2度のフィリピン留学に行っています。

1回目は失敗しました。門限や校則も特になく、遊んでしまいました。語学学校によっては英語力が伸びないということを痛感しました。ですので、2回目の学校選びでは真面目でスパルタ気味の学校を選びました。

毎朝5時半起きで勉強、ルームメイトが先に起きるので、自分も起きなきゃと思わされますし、環境ってやっぱり大事なんだなと思いました。

フィリピンに行けば英語ができるようになるという認識は間違っていますが、全く英語が話せなくても、3ヶ月間きちんと勉強すれば最低限の英会話はできるようになると思います。

日本で最低限の単語や文法の知識をインプットしてきてから、アウトプットの場としてフィリピン留学を活用することをオススメします。ある程度のインプットがあれば、フィリピン留学の一つの特徴でもあるマンツーマンレッスンがフルに活かせるので。

また、ワーキングホリデーで仕事に応募する際に必要な英文レジュメ(履歴書)はフィリピン留学中に添削してもらい、事前に作成しておけば現地に到着してからスムーズな就職活動のスタートが切れ、時間のロスが少ないです。

ワーキングホリデー

仕事がない、お金がない不安

次に、「仕事がない」「お金がない」という不安は、ワーキングホリデーに行く前に、日本でリゾートバイトやアルバイトをして仕事の経験とお金を貯めて解決しましょう。

リゾートバイトは国内版ワーキングホリデーのようなもので、ワーキングホリデーに行くために必要なお金と経験ができるので一石二鳥です。

リゾートバイトは簡単にいうと、全国にあるリゾート地のホテルや旅館、海、スキー場やテーマパークで住み込みで働くアルバイトです。リゾート地や観光名所であれば日本中どこでも働くことができます。

家賃・光熱費・食費・Wifiが無料で、おまけに交通費も全額支給してくれるところもあるので、これで貯金できない人はいませんね。

リゾートバイトについて細かく説明すると、本1冊書けてしまうので、興味がある人は僕が実際に執筆した電子書籍を読んでみてください。(http://amzn.to/2aCfolr)

現地に行ってもなかなか仕事が見つからないことはよくあります。特にローカルジョブと呼ばれる、現地企業への就業です。ちなみに日本食レストラン(ジャパレス)や、給料が安く現金手渡しのキャッシュジョブと呼ばれる違法なレストランなどは、誰でもすぐに働けることが多いです。

現地人と同じように働くためには少し戦略が必要です。なぜかというと、常に即戦力が求められるからです。なので、ワーキングホリデーに行く前に、日本でリゾートバイトやアルバイトなどで色々な職業の経験を積むことをオススメします。

現地で自分が働きたいと思っている分野を先に日本でアルバイトとして経験しておくと、現地で即戦力として雇ってもらえる確率が高くなります。

例えば、あなたが現地のお洒落なカフェで働きたいと考えているならば、日本のどこでもいいのでカフェでアルバイトしてから、ワーキングホリデーに行くような流れです。

スターバックスのようなチェーン店で働くと、場所は変わってもやる内容はあまり変わらないと思うので、世界中で働けるかもしれませんね。

特に、リゾートバイトの案件でよくみるホテルなどのハウスキーピング(客室清掃)は現地での給料が高いので、日本で経験しておくと向こうに行った時に即戦力として雇ってもらえる確率が高いのでオススメです。

ワーキングホリデーまとめ

僕が行ったオーストラリアへのワーキングホリデーはビザさえ降りれば、明日からでも行くことが可能ですが、限られた1年間という時間を有意義にするためには「計画性」が重要です。

お金が足りない人は、リゾートバイト→ワーキングホリデー。英語ができない人は、フィリピン留学→ワーキングホリデー。お金が足りない人・英語ができない人は、日本でリゾートバイト→フィリピン留学→ワーキングホリデー。

順番にこなしてレベルアップしていけばいくほど、その後のワーキングホリデーは充実したものになります。お金も英語力もあるに越したことはないです。

この記事を見たあなたのワーキングホリデーが現実味を帯び、充実したものになれば幸いです。