海外留学はいつがいいのか。高校生でするべきか、それとも大学まで待つべきか、色々と悩まれている方々も多いと思います。そこで、自分自身が高校留学をした際の経験をお話しさせていただきたいと思います。

フロリダ州、オーランドでの留学生活

アメリカはフロリダ州に位置するオーランドに高校時代に一年間留学しました。高校は生徒数が数千人という、非常に規模の大きな高校でした。高校生ですので滞在先はホームステイ。学校の先生、医者など様々な家庭を4つ経験しました。ホームステイを通じて様々な家庭をしり、色々な価値観や生活習慣に触れるという貴重な経験もしました。

学校は毎朝7時半からスタートし、午後2時頃には授業が終わると、一斉にスクールバスが帰宅する生徒たちを乗せて学校を飛び出します。乗り遅れるとホストファミリーに迎えに来てもらう、友達の車に乗せてもらう、もしくは歩いて帰るしかないので、乗り遅れないように自分は当時必死でした。

高校生で留学するのはベストなタイミングなのか?

高校生で留学するのはベストなタイミングなのか?

自分自身の経験を振り返ると、高校生で留学をして本当の良かったと感じています。留学後日本

の大学に進学・卒業し、再び北米留学をするのですが、高校時代との違いは明白でした。当然個人差はあると思いますが、高校時代はまだ自分の人格形成の途上であったので、様々な価値観、また言語習得においても、より柔軟に対応できたと感じています。吸収率が高かったですし、また学習スピードも早かったと記憶しています。

当然高校留学自体には毎日、宿題を現地生徒と同じようにこなすために、数時間かけ辞書を片手に必死にこなしていました。その結果、成績優秀者に送られるアーナーズロールを留学終了時に受け取れたのは、当時の自分に大きな自信を与えてたのを、鮮明に記憶しています。

留学当初は先生の言っていることさえほとんど理解できず、授業終了時には毎回宿題の範囲を個別に聞いていたのを覚えています。それさえ聞き取れないほど、ひどい状況でした。今思えば、そんな英語力でよく留学を決意したなぁ、と思います。しかし当時はそういう不安よりも、「とにかく留学したい」「日本の外を見てみたい」、という気持ちが大きかったと感じています。逆に、高校時代に留学をしていなかったら、不安な気持ちが留学をしたいという気持ちを上回り、大学生になってからまた留学しようとは、考えなかったかもしれません。

高校生だと英語は自然と習得できるのか?

よく高校留学をした人たちの話を聞くと、「三ヶ月したら自然と急に英語が理解できるようになった」等、体験談を聞く場合があると思いますが、少なくとも自分の経験では、全てを理解できるようまでに、やはり最低でも留学期間は1年が必要だと思います。加えて自分自身で単語を覚える、毎日の宿題をしっかりこなす等、努力をしないで自然と英語を習得するのは難しいと思います。

当時私は常に辞書を持ち歩き、わからない単語に出くわした時には自分で作った単語帳に書き込んでいました。そしてひたすら毎日それを覚えていく作業を繰り返しました。ただそれでもSAT(アメリカの大学進学用統一試験)の英語のスコアーを上げるには、SAT用に勉強をしないといけないので、別ものと考えるのがいいでしょう。

大学進路はどう考えるべきか?

大学進路はどう考えるべきか?

高校留学から帰国した当時、私はアメリカの大学へ行くつもりでした。高校留学が終わる夏休みには、入学希望の大学へキャンパス見学に行き、入学を考えていた学部の教授とも面談をしました。しかしながら諸事情があり、日本の大学へ進学、卒業後に再度北米留学をしました。

回り道はしましたが、日本の大学へ行ったことは無駄ではなかったと思います。ただ急な進路変更で、受験できる大学は多くありませんでした。日本の大学受験に向けた勉強は、全くしていなかったので、四ヶ月ほど日本の受験予備校に通い、急ピッチで準備を整えました。受験科目数も結果的に絞らざるを得なかったので、必然的に英語の配点比重が高い各部を受験しました。結果、帰国子女が多い某私立大学の比較的新しい各部に入学しました。

高校三年生の夏から一年間留学をしたので、一浪しているしている学生と同じ入学年にはなりましたが、それでもやはり高校留学をしたことをよかったと感じています。高校にもよるかと思いますが、私はアメリカ留学期間の単位を認めてもらい、帰国後の9月に一人で校長室で卒業式のようなものを行いました。今となってはいい思い出です。

アメリカ高校留学のまとめ

高校留学をすべきかどうか、悩まれている方も多いと思いますが、私の経験からすれば、ぜひ留学されることをオススメします。一生に一度の人生です。やらないで後悔するよりも、とりあえず行動してみるのが私はいいと考えます。