海外生活ができるワーキングホリデービザは一年という期間限定付きで、なんとなく過ごしていては、あっという間に時間は過ぎてしまいます。

せっかくのワーキングホリデーで色んな事にチャレンジして、やりたい事を見つけたり、新たな目標を見つけてみませんか?

目的をもって行動すれば、自分の夢や目標を叶えることができます。ワーキングホリデー制度を最大限に利用して、有益な海外生活を送りましょう。

ワーキングホリデーに行きたい理由は何ですか?

海外に行ってみたかったから?
英語を習得したいから?
日常とは違う体験をしてみたいから?
現実逃避したいから?

ワーキングホリデーに行く理由は、人それぞれ。でも、渡航を考え、計画を立てているあなたはもう一歩を踏み出しています。自由に旅行や仕事ができるワーキングホリデーの一年間は、思った以上にあっという間に過ぎていきます。

そこで、私は小さな事でもいいので「目的をもったワーキングホリデー」にする事をお勧めします。

「そんな事をいったって、やりたい事がわからないからワーホリに行くんだよ。」

という人もいるかもしれません。そういう時は、今はわからなくても、ワーホリをしながらや、その後にやりたい事を見つけていきましょう。

この記事では、実体験を元に、ワーキングホリデーで夢を見つけた、目標をみつける事についてお話しします。

やりたい事がわかっていたら、いろんなことが叶えられる

ワーキングホリデーは、国によって制度の違いは多少ありますが、基本的には「1年の間、自由に就労や旅行ができる制度」です。一般の就労ビザは、認められた分野でしか就労ができないのに対して、ワーキングホリデービザでは、どんな分野の仕事もできます。

ワーキングホリデービザは、使い方によっては、自分のやりたい事にチャレンジできたり、夢をかなえるきっかけにもなりうる、魔法のビザなのです。

ワーキングホリデーでやりたい事をみつけ、夢の実現にむかう人々

ワーキングホリデー体験談1

ワーキングホリデー中や、その後にやりたい事をみつけ、将来につなげている人々を紹介します。

最初はただ海外生活への憧れや、英語を上達させたいという理由から、ワーキングホリデーに行った人ばかりです。自分の好きな事、興味のある事を続けているうちに、本当に人生の中でやりたい事が見つかることもあります。

海外で自分の好きな事を再確認した幼稚園の先生

自分の職業に疑問を感じて、今までやった事のない事にチャレンジして、本当にやりたい事を見つけたまちこさんの話です。

まちこさんは、日本では幼稚園の先生として働いていました。ワーキングホリデーに行く前は、海外渡航経験もありませんでした。まちこさんは、ワーキングホリデー中に、リンゴやキウィフルーツの農場で働いたり、バックパッカーでハウスキーパー働いたり、カフェのバリスタとしても働いていました。

好奇心旺盛なまちこさんは、オーストラリアだけでは物足りず、ニュージーランドでもワーホリを体験しました。

色々な職業を体験して、まちこさんがたどり着いた答えは、「やっぱり子供が好きだから、幼児教育の分野で働きたい」という事でした。まちこさんは、オーペアという、子供の面倒を見る代わりに、ホームステイを体験する制度を利用して、外国でも子供の面倒をみていました。

まちこさんは、今後、TAFEという、オーストラリアの専門学校に行く制度を利用して海外の幼児教育について学ぶ予定です。

自分のキャリアに満足せず、新たにやりたい事を見つけたかおりさん

かおりさんは、日本では美容師とマッサージの仕事をしていました。なんでも器用にこなすかおりさんですが、「本当にやりたい事ではない」と、悶々とする日々を送っていました。

30歳になった年に、「これが最後のワーキングホリデーのチャンスだから」と、オーストラリアに渡航し、高級ホテルのマッサージ師として働いていました。しかし、都会の生活や、マッサージの仕事が合わず、オーストラリアの農場で働く事にしました。

もともと実家でお米や様々な野菜を育てていたかおりさん。オーストラリアの農業で「外で身体を動かす事が自分にあっている」と再確認したかおりさんは、日本に戻ってからも農業を続けたい、と決意しました。

今のかおりさんの夢は、世界中の人が集まり、自分の育てた野菜を使った料理でもてなすゲストハウスを作る事。多彩で社交的なかおりさんは、今までのキャリアも生かして、ワーキングホリデー中にできた夢に向かって動き出しています。

新たな価値観を見つけ、フリーランスへ向けて歩みだした大学生

けいごくんは、大学のプログラムでフィリピンのボランティアに行きました。現地の人のインフラを整えたり、生活を支援するプログラムに参加したけいごくん。

今まで海外に行った事のなかったけいごくんは、フィリピンをきっかけで海外に興味を持ち、大学を休学してカナダのワーキングホリデーに行きました。

バンフと言う、自然が豊かな山岳リゾート地のホテルでインターンシップとしてホテルで夏の間、就業したけいごくん。大自然のなかで生活するすばらしさに感動し、場所を選ばず自由に働きたい、と思ったけいごくん。

現在は、フリーランスのライターになるために、ライターのたまごとして活動しています。

自分の目標に合った自分だけのワーキングホリデーに行こう

ワーキングホリデー体験談2

ワーキングホリデーに行く事を悩んだり、やりたい事があるなら、一歩踏み出してみてはどうでしょうか?

慣れない海外の生活で、つまずく事やうまく行かない事もあるかもしれません。その中で、自分に向いている事、苦手な事を見つけ、本当にやりたい事をみつけていきましょう。そうして困難を乗り越えた事が自信になり、より自分を成長させられることでしょう。

ワーキングホリデーを考えている方、人生で新たな一歩を踏み出そうとしているあなたを全力で応援しています。