英語を学びたい人にとっては、オーストラリアは定番中の定番です。留学方法も豊富で、観光スポットもたくさんあり、初めての留学などには特にうってつけです。今回は、オーストラリア第三の都市、ブリスベンでの留学がどのようなものか、紹介したいと思います。

ブリスベンってどんな街?

ブリスベンってどんな街?

ブリスベンはオーストラリア東端、南北では真ん中あたりにある都市です。中心部は、川に三方を囲まれており、街並みは非常にきれいです。交通網も発達しており、バスや船が手ごろな値段で使えます。治安が良く、留学先や留学生も多いので安心です。観光だけでも絶対行きたくなる、そんな素敵な街です。

整った学習環境

オーストラリアでの言語はもちろん英語。多少訛りはありますが、英語の上級者でない限り、気にするほどではないと思います。そもそも訛りのある英語を聞けるようになることも大切なことだと思います。生の英語が聞けるというのは、とても重要な環境ですよね。

ブリスベンでは留学生が多いこともあり、カリキュラムなどが充実した留学を送れる可能性が高いです。現地の人も外国人に慣れており、親切にしてくれることが多いです。日常生活の中でも英語を使う機会がたくさんありました。

一生の思い出になる観光スポット

一生の思い出になる観光スポット

時計台や、教会といった建築物もとても楽しめますが、オーストラリアらしい、とっても私の思い出に残っている2つの観光スポットを紹介します。

1つ目は動物園です。オーストラリアと言えばカンガルーですが、びっくりするほどたくさんのカンガルーが野放しでいます。カンガルーと自撮りすることだって可能です。意外とカンガルーは怠け者で、ほとんどのカンガルーがダルそうに寝そべっています。しかしその緩さが私にはツボで、とても癒されました。

それからコアラが最高です。私の行った動物園では、コアラを抱っこする体験ができました。結構がっしりしがみついてくる、可愛らしいコアラに心を奪われること間違いなしです!オーストラリアは広大な土地を有しているため、動物園も大きくて見応えがあります。

日本とは違い、南半球の大陸ということもあり、目新しい動物にもたくさん会えます。あっという間に私の写真フォルダは動物でいっぱいになってしまいました。

一生の思い出になる観光スポット

2つ目は、モートンアイランドという島です。現地でツアーを申し込み、船を使って日帰りで行きました。綺麗な海に、陸から離れて見る街の景色が素晴らしいので、クルージング自体も楽しめました。運よくクジラを遠くに見ることもできました。

到着し、最初に目を奪われるのがきれいなビーチです。透きとおった海水に、色鮮やかな魚たち。これは沖縄の海といえども太刀打ちできません。シュノーケリングを体験でき、エサをばらまくと綺麗な魚たちがたくさん集まってきて、とても感動しました。そのあとは透明なボートを漕いで、ゆっくり魚や海の底を眺めたりもしました。

この島の魅力はビーチだけではありません。バスに乗って島の中心にいくと、なんとそこには砂漠があるのです。しかもここではサンドボートというアクティビティができます。

サンドボートが何かというと、砂漠の丘から、木の板の上に寝そべって滑るという遊びです。結構スピードが出るため怖かったり、砂が顔にかかったりということはありますが、とっても楽しいです。

私はうっかりそこでスマホを落としてしまい、探すのに苦労したので、それだけは気を付けてくださいね。とにかく、綺麗なビーチと砂漠を見ることができる、モートンアイランドは絶対に行くべき場所です!

ブリスベンでの留学のまとめ

英語に打ち込める環境に、親切な人々、魅力的な数々の観光スポット。迷ったらブリスベンへの留学で間違いはないでしょう。

少し遠出すれば、ゴールドコーストという、これもまた有名な観光地があり、長期の留学でも飽きることはありません。

ブリスベン留学は私の人生の中で最も楽しかった思い出の1つです。機会があれば、ぜひブリスベン留学を検討してみてください!