留学は英語力ゼロでも大丈夫!半年あれば、英会話に必要なことはすべて現地で学べる。私の留学体験談。

留学経験があることを話すと「留学してみたいんですけど、どのくらい英語力が必要ですか?」と聞かれることが結構あります。

そんな時、私はいつも「英語力は高ければ高いほどいい。でも、全然話せなくても大丈夫」と答えるようにしています。

なぜなら私も「英語力ゼロ」でオーストラリア行きの飛行機に乗りこみ、半年の留学生活の間に最低限の日常会話をこなせるようになったからです。

今回は「英語力ゼロ」で留学した私がどのような半年間を過ごして英語を身に付けたのか、その方法をお伝えします。

英語力ゼロで留学

英語とは完全に無縁の世界で生きて来た私は、留学先の学校のクラス分けテストで一番下のクラスに入れられてしまいました。そのクラスは日本の小学校低学年のレベルの英語を勉強するクラスで、最初の授業はアルファベットの発音でした。

しかし、私の当時の英語力ではその小学校低学年のレベルのクラスでさえ、先生や周りの生徒が何を話しているのかまったく理解できませんでした。

唯一わかるのは授業中に自分の名前が呼ばれたときだけでしたが、発言を求められても何について聞かれているのかわからず、笑顔を作ってなんとかその場をやり過ごすことしかできませんでした。

難しいことを勉強しているのではないことはわかっていました。けれど、どうしても理解できない、何かを伝えようとしても言葉が出てこない、本当に悔しくて、もどかしい日々を過ごしていました。

そして留学してしばらくたつと、私は「留学を諦めて日本に帰ろう」と真剣に考えるようになっていました。生活環境の違いがストレスになり、いまだにコーヒーの注文すらまともにできない自分の英語力にも嫌気が差していました。しかし、そんな私に転機が訪れます。

転機となった携帯電話紛失と始まった英語漬けの日々

ある日、私は携帯電話を無くしてしまい、紛失届を出すために交番に行きました。

対応してくれたのは感じの良い中年で小太りの警察官でしたが、私が十分な英語を話せず会話での状況確認が不可能だとわかると、彼は途端に不機嫌な表情になり、私に紛失届と鉛筆を押し付けて席に戻ってしまいました。「書いたら教えてくれ」ということだったのでしょう。

私は持っていた知識を総動員してなんとか紛失届を完成させようとしました。しかし、書いてあるのは見たことのない単語だらけで、わかったのは自分の名前と住所を書くところだけでした。

携帯電話がないので辞書に頼ることもできず、警察官に声をかけても「とりあえず書いてくれ」の一点張り。結局、私は書きかけの紛失届を残して交番から出ていきました。

彼は英語ができない私にもっと優しく接するべきだったのか?そうではないことに私はうすうす気がついていました。

もし自分が彼の立場だったらどうでしょうか?英語がほとんど理解できない相手に英語で書類を作成させる。そんなことができるとは到底思えません。あの警察官だって、本当は私を助けてあげたかったのかもしれません。しかし、彼にとっては、どうしようもないことだったのです。

「英語が話せなくても身ぶり手ぶりでなんとかなる」というのは事実ですが「英語圏で英語の話せないやつはお荷物」というのもまた、紛れもない事実なのです。あの警察官の一見辛辣に思えた対応は、英語に対する私の甘い考えを払拭してくれました。

留学は英語力ゼロでも大丈夫!半年あれば、英会話に必要なことはすべて現地で学べる。私の留学体験談。

その日から、私の留学生活は変わりました。日本語に触れる機会を減らすために日本のウェブサイトを見ることをやめ、友人や両親にも事情を説明してできるだけ連絡を取らないようにしてもらいました。

学校に行く前にはディクテーション(聞いたものを書取)を欠かさず行い、生の英語に慣れるために通学中はバスに乗っているネイティブスピーカーに話しかけ、学校が終わるとまっすぐに帰宅して海外ドラマを使ったシャドーイング(聞いたものを復唱)、スクリプト分析、字幕なしでの視聴など、自分ができる最大の努力を英語の勉強に注ぎ込みました。

卒業の日、感謝の気持ちをスピーチで伝える

迎えた卒業の日、携帯電話紛失から五か月たった私のレベルは中級まで上がっていました。英検でいえば2級〜準1級に相当するクラスです。

最後の授業が終わったあと、私は全校生徒と先生の前で別れのスピーチをしました。それはまさに感動の瞬間でした。入学したときは自己紹介すらまともにできなかった私が、卒業するときには感謝や別れを惜しむ気持ちを伝える事ができたのですから。

最後に

留学は自分の英語を磨いてからでも遅くはありません。しっかりと計画を立て、十分な事前準備をすれば留学生活は間違いなく有意義なものになるでしょう。

しかし、あなたが「留学したい」という強い気持ちを持っているにもかかわらず、自分の英語力が足りないために思い留まっているのであれば、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。