「30歳を超えた女性」というと、日本では特定のイメージや、こうあるべきという典型的な女性像があるようです(なくていいものだと思うんですが…)。留学先では、あなたのことを知る人は基本的にはいないのが普通なので、そういった固定観念が見事に外されます。そんな環境で「素敵に留学する」ための方法をいくつか提案しましょう。

① 30歳を超えた女性が考える将来の理想像

日本ではしがらみや、世間の目のほか、毎日の生活が忙しく、自分は果たしてどうありたいのか、自由に考えたり、言葉に出す機会はあまりなかったかもしれません。これを機会に、自分がこうありたいと思う素敵な女性像を考えてみましょう。紙にリストアップしてみても良いかもしれません。

ここで言っているのは、資格を取ろうとか、タトゥーを入れようなどといった「具体的な変化」ことではありません。迷っても妥協しない自分とか、他人の評価に依存しない自分といった「将来の理想像」としての自分をイメージするのです。

30歳を超えた方なら男女問わず、自分の将来を考え始めるはずです。それはやんわりとしたイメージでも構いませんが、留学に行くのであれば、少し意識的にクリアにしてみてください。

留学先では新しい価値観や、新しい信念を持つ人たちにたくさん出会います。「こうありたい」という自分のイメージを決めていると、様々な価値観に出会っても流されることがありません。いろいろな人たちとの出会いから、こうありたい自分に近づくための要素を上手に取り入れて、素敵に留学しましょう。

海外留学に年齢は全く関係ありません。30歳からであっても、学びたいという気持ちのほうがうんと大切かと思います。

② 30歳を超えた女性が海外留学で必要とする客観視

日本では当たり前なことが、海外ではそうではなく、思い通りにことが運ばず腹が立ったり、落ち込んだりすることが出てきます。予定より前に、帰国便の予約を入れたくなる瞬間もあるかもしれません。そういう場面に出くわした時は、ありのままを受け入れようと決めましょう。その上で、「他のみんなはどうやって対処してるのかな?」と、対応策を学べば、人生の経験値が上がって自分にもっと自信がつきます。

辛い時、嫌な思いをした時に、日本と比較したり、愚痴を言ったり、落ち込むだけでは、時間と費用をかけて、わざわざ留学した意味がありません。30代の女性が素敵に留学するためには、「ありのまま受け入れる、その後対策を練る」と自分で決めましょう。

生活環境がガラリと一変する海外留学では、このようなある種の「客観視」が必要になります。30歳を超え、経験値を積んだ女性だからこそ、社会をよく理解し、客観視出来るかと思います。そしてそれが留学の不安を軽減するのです。

③ 30歳を超えた女性が決める海外留学の覚悟

決断までいろいろ迷っても、一度決めたら「自分が決めたこと。後悔はしない。」と覚悟を決めることが、素敵に留学するための最後の提案です。

覚悟を決めるということは、自分の決断に、そしてその決断によって起きる結果に責任を持つということです。留学中の人生も、留学後の人生も、自分以外の何かのせいにすることはできません。責任重大ですが、責任があるというのは裏を返すと、自分ですべて決めることができるということなのです。

留学を素敵な人生の経験にするのも、自分。苦しく辛い経験にするのも自分です。

何をするにしても、「自分が決めたこと。後悔はしない。」という覚悟を決めて、留学先のいろいろな出来事を人生のスパイスとしてあるがまま受け入れ、女性ならではのこうありたい自分を目指して、素敵に留学を楽しみましょう。