留学してから後悔しては遅い、留学前にしておかないといけないことの中でも特に大事なことって何か分かりますか?

事前に英語の勉強をしておく、などよりも大事なTO DOを今日は紹介します。

歯医者さんにいく

留学保険に含まれていないことが多い歯医者さんは留学する前に行く場所リストNo.1です。これを怠ると万が一留学先で歯が痛くなった場合、膨大な費用がかかることになります。また、留学先の立地条件によっては近くに飛び込める歯医者がないということも。

事前に虫歯は全て治していくことはもちろんですが、留学先で虫歯ができることのないよう磨き方などもしっかり指導してもらうことをおすすめします。

また、親知らずのことも忘れないでください!親知らずだけは勝手に生えてくるのでどうしようもありませんが、可能な範囲で事前に必要な処置をしてもらいましょう。

眼科にいく

歯医者さんの次に忘れたく無いのが眼科。こちらも留学保険に含まれいないことが多いので必須です。そして歯医者に同じく、眼科がすぐにアクセスできる場所にあるとは限らないということも覚えておきましょう。

他の国でもそうだとは思うのですが、アメリカの大学の場合特にパソコンを使う時間が多いので目が悪くなるのは避けられません。なので留学する前に自分の視力にあったよく見えるメガネ・コンタクトを用意しておくことをおすすめします。

また、予備のメガネ/コンタクトもあると留学先でなくしたりした時に安心です。

病院にいく

歯医者と眼科以外は大抵の場合保険でカバーされますが、海外の病院はやっぱり慣れない英語でのコミュニケーションが必要となるので、できるだけ日本の病院で懸念要素は全て解決していくことをおすすめします。アレルギー検査や血液型検査など知っておいたほうがいいことも検査しておけたらいいですね。

私の留学先の場合になりますが、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校では大学の真横に大学病院があるため、いざという時もすぐにお医者さんに見てもらうことができます(また、治療費も大学の保険である程度カバーされます)。

ですが、どこの大学にも大学病院がついている訳ではないので、留学先で病気になることのないよう、またなった際に対応ができるよう日本から必要な薬等持っていくのが大事です。

海外留学前に必ずしておきたいことまとめ

留学先では何が起こるかわからないもの。対策できることはしっかり対策することが必須です。今日はその中でも大事な健康面での準備について書かせていただきました。留学保険に入ることも大事ですが、慣れない国で慣れない言語で家族も駆けつけれない中、病院に行くのは大変です。

インフルエンザの予防接種などは意外と大学のヘルスセンターで無料でしてくれる場合もありますが、歯医者と眼科は保険に含まれないことが多いので日本ですまし、急な出費がないようにしたいですね。何度か行かないといけないことも考えて、余裕をもって準備することをおすすめします。

もし何か質問等ありましたら気軽にiaeにお問い合わせください。