オーストラリア永住権とは?

ビザの心配をせず、ずっとオーストラリアに住めること以外に、永住権にはどういったメリットがあるのでしょう?筆者もオーストラリア留学から帰国してしばらく経ちますが、ゆくゆくはまたオーストラリアに行って、永住権を取ろうと考えています。

永住権を持っていると、選挙権/被選挙権、軍隊や連邦政府など一部の国の機関での就職以外、オーストラリア人と同じメリットが得られます。主なメリットをご案内しましょう。

オーストラリア永住権のメリット①:仕事と旅行の自由

会社がスポンサーをしてくれるビザの場合、その会社でしか仕事ができませんが、永住権を持っているとそういった制限がありません。起業することも可能です。また再入国ビザを5年ごとに更新しておけば、いつでも何回でも、出入国を繰り返すことができます。

オーストラリア永住権のメリット②:教育の自由

オーストラリア人及び永住権を持つ人は、それ以外の人と比べて、学校の費用が少なくてすみます。本人のやる気さえあれば、TAFE(テイフ)と呼ばれる専門学校や大学で、仕事をしながら資格や学位を取りやすくなります。

オーストラリア永住権のメリット③:家の購入の自由

永住権があると、市場に出ているどんな物件も購入が可能です。またローン全般の申請もしやすくなります。

オーストラリア永住権のメリット④:公共の医療が無料

オーストラリアの公共医療保険はメディケアと呼ばれています。永住権があると、メディケアに自動的に加入することができ、公立の医療は無料で受けることができます。

オーストラリア永住権のメリット⑤:社会福祉サービスを受ける資格

現時点では、永住権取得後2年経つと、様々な社会福祉サービスを受ける権利が得られます。オーストラリアの社会福祉は、失業保険、生活保護費、最初の家を買う際や子供が生まれた時の支援金や補助金、家族構成や収入に応じた税の優遇といった金銭的なサービスのほか、住宅の提供、子供や老人の介護が必要な家へのアドバイスやサポートといった、お金以外のサービスも提供しています。社会福祉サービスを受ける基準が年々厳しくなっているとはいえ、かなり面倒見がいい国だと思います。

オーストラリア永住権のメリット⑥:市民権を取る資格

永住権を取ると、市民権を取る資格が得られます。強制されることはまったくなく、市民権を取得するかどうかは、あくまでも本人の意思に任せられています。永住権を持つ人がオーストラリアで子供を産んだ場合、その子供は自動的にオーストラリア人として認められます。

オーストラリア永住権のメリットまとめ

これらのメリットは永住権を取得した本人だけではなく、そのパートナー(同性も含まれます)や子供(養子も含まれます)にも与えられます。オーストラリアは生活の質、医療や教育システム、交通公共機関、経済的/政治的な自由といった分野で、常に世界の中で住みやすい国の上位に選ばれています。世界中からオーストラリア永住権の申請があるのもうなずけますね。