留学中は見知らぬ土地、言語や習慣の中で何が起こるかわかりません。思ってもいなかったことが大事故やトラブルに発展する…ということも予測しておかなければなりません。留学中の、もしものときの対策としてあるのが「海外保険」です。

ここでは、留学に保険は必要か?失敗したくないあなたに、海外旅行のメリット・デメリットや、失敗しない海外保険の選び方についてご紹介します。

留学生に保険は必要?

留学準備の一つに「保険」があります。万が一のために加入すべきものだとしたら、なくても良いのでは?と考える方も多いでしょう。

しかし、一般的な考え方としては「もちろん加入した方が良い」です。

なぜなら、日本国内にいるのならばまだしも、海外でもしものことが起こったときにひとりでは対応できません。やり取りは全て英語です。そんなときのために、保険があることで安心感があります。

もちろん、保険であれば何でも良いというわけではなく、補償される内容はひとつひとつ異なることから、数ある保険の中から自分に合ったものに加入する必要があります。なお、海外の語学学校の中には登校初日に海外保険の証明書を提示しないと授業が受けられない所もあるので注意しましょう。

海外保険を知る

海外保険のメリット

海外保険は、怪我や病気で通院または入院することになったときに、「加入していてよかった」と実感することになります。

国によっては、医療費が莫大な金額であることも考えられます。治療を受けてから「払えない」といってももちろん受け入れられるはずがありません。観光よりも長い時間を過ごす留学だからこそ、何があるか分からないことを念頭において海外保険に加入することで安心して生活することができるのです。

また、海外保険は留学中の「持ち物の盗難」に対する補償のほか、「人を怪我させてしまった」という場合や「アパートが家事になった」場合などの損害賠償にも対応することができます。留学期間中に考えられる大半のことをサポートしてくれる強みがメリットと言えるでしょう。

海外保険のデメリット

メリットの多い海外保険ですが、デメリットが一つあります。それは「保険料が高い」ということ。

留学を選択した人の中には、留学費用を1円でも多く節約したいと考えている人や、とにかくお金がない中で留学を決意したという人もいるでしょう。そういった人にとって、いくら安心のためといっても高額の保険料を払うという選択はできません。「何が起こるか分からない=何もないかもしれない」と考えるようです。

クレジットカード付帯の海外保険

留学している人の大半(ほぼすべて)の人が持っているクレジットカードの中には、保険機能が付帯している場合もあります。もちろん、使用しているクレジットカードの種類や内容によっても異なりますが、場合によっては、海外保険に加入しなくても乗り切れることもあります。

しかし、基本的には「旅行者向けの簡易的なもの」であり、あらゆる事態にも対応できるほどの能力は持ち合わせておらず、留学中の安心材料としては不十分といえます。

賢い海外保険の選び方

海外保険といっても、会社や種類によってさまざまなプランがあります。

たとえば、留学生活を寮で過ごすのか、ホームステイするのか…などといったことからも加入すべき保険は違います。自分に合った海外保険とは?自分のプランに必要な保障とは?などといったことに関しては、日本にいる間に確認しておきましょう。

「どれでもいいから加入しておこう」が一番危険であり、損をしてしまう可能性すらありますのでご注意を。

留学中の海外保険まとめ

保険は「あると便利、なくても生活できる」という概念が加入を迷わせてしまうもの。しかし、知らない土地での生活だからこそ、多少のコストが掛かっても安心を手に入れることをおすすめします。

何か起こったときに「外国人と外国語で」対応ができるでしょうか?その安心と思えば、高額な保険料もそれほど高いとは感じないのではないでしょうか。

iae留学ネットでは、インターネットで簡単に登録でき、出発当日でも加入できる、損保ジャパンの海外保険を申し込んでいただけます。ネット申し込みなら最大54%OFFになるお得な保険です。

留学の際の保険で困っている方はぜひご相談下さい。