ホームステイをしたことがありますか?ネットでホームステイと検索すると良いイメージだけでなく、悪いイメージが湧くような体験談も多く見かけます。

実際に体験したことがない人にとっては未知の世界とも言えるホームステイ。これから留学に行く予定の方でホームステイを検討している人にとっては、いったいどんな感じなんだろうと不安でいっぱいだと思います。

私はこれまでに合計3ヶ所でホームステイを経験しました。この記事では、初めてのホームステイを控えている人や、留学を検討している人に向けて私のホームステイ体験談をシェアしたいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ホームステイという選択肢

ホームステイという選択肢

私がカナダに半年間留学していた時に滞在していたホームステイ先は、50代後半の女性一人のお家でした。ずいぶん前に離婚をして、子供達はみんな巣立っている状況でしたが、休みの日になると子供たちの誰かしらが訪ねてきていたので、毎週末は女性の家族と話す時間もありました。

ホームステイは英語力アップに効果抜群

私は特別な予定がない限り、夕食はホストファミリーと一緒に食べていました。

「今日はどんな一日だった?」夕食時の会話はホストファミリーからのこの質問で始まります。私はこの会話をできるだけ弾ませたかったので、夕食前にはいつも今日は何を話そうかなと考えていました。

そして、私の話が終わった後には「あなたの一日はどうだった?」と聞き返して、ホストファミリーの話を聞いていました。私が理解できなかった時には、何度も聞き返したりもしましたが、ホストファミリーは私の知らない単語についても一つ一つ丁寧に説明してくれました。

半年間同じホームステイ先に滞在していましたが、最初の頃には全然英語が話せずにやるせない思いでいっぱいだった私が、帰国前の頃には自分でも驚くほどホストファミリーと会話ができるようになりました。

語学学校に加え、毎晩自分自身にあった出来事を話し、ネイティブスピーカーの話を聞く時間があったことは、確実に英語力アップにつながったと思います。

私にとって良かったのは、彼女の考え方や生き方を尊敬できたことと、彼女の生活スタイルが私にあっていたこと。そして、ホストファミリーが気の知れた彼女一人だったのが、信頼できる人とシェアハウスをしていうような感覚だったので、気を使わずに生活することができました。

また、彼女の家族が近所に住んでいることもあり、カナダのイベントやパーティがある時には参加させてもらえていたこともラッキーだったと思います。

ホームステイは一言では語れない

ホームステイが素晴らしい経験となるか、残念な経験となるかは本当にホストファミリーによります。一言で良いもの、悪いものと決めつけることはできないものだと私は思います。

私は、今回紹介したホストファミリーに出会えて本当にラッキーだったと実感し感謝していますが、それは過去に残念なホームステイの経験があったからだとも思います。

ニュージーランドへ短期留学へ行った際に滞在したステイ先はインド系の両親と娘の3人家族のホストファミリーでした。

ただ、食事中に父と娘が頻繁に喧嘩をしたり、娘の私への態度が悪かったり、不愉快な気分になったのを覚えています。インド系の食事や彼らの生活スタイルも私に合っていなかったと思います。それが、私の初めてのホームステイ経験でした。

合わないと感じたらステイ先を変える

私の場合は、2週間程の短期間の滞在だったのでホームステイ先を変更しませんでしたが、多くのホームステイのシステムではコーディネーターさんに事情や不満を説明すれば、ステイ先の変更が可能だと思います。

居心地が良くないと感じたら、我慢せずにきちんとコーディネーターさんに相談することをおすすめします。

ホームステイまとめ

ホームステイまとめ

私はホームステイで良い経験、悪い経験のどちらも経験しましたが、それでもホームステイを経験してみることをおすすめします。

慣れない土地で、誰か一人でも毎日顔を合わせる人がいること、気兼ねなく話ができる人がいることは心強いです。ホームステイが良い経験となるか悪い経験となるかは、ホストファミリーとの相性次第です。ホストファミリーと相性が合えば、最高のホームステイ経験なります。

そしてもっとホストファミリーと話したいという気持ちが出てくると、確実にその分英語力の向上にもつながります。ホームステイは、なかなか経験することができない体験の一つ。躊躇している方は、先入観を抱かずにぜひ経験してみてくださいね。