失敗談から学ぶ、海外留学で気をつけるべきこと

留学に行くとすでに決まっている人も、なんとなく留学も良いなーと思っている人も、今のままだと間違いなく失敗しますよ。

日本の当たり前は海外では通用しません。以下の7つだけでも先に知っておけば、先に準備しておけば、あなたの留学は失敗しなくて済むでしょう。

海外留学経験者である私がぶち当たった障害、それによって引き起こされた失敗を紹介して行きますので、頭の片隅にしまっておいてください。

語学留学やワーキングホリデー、海外大学への進学は、近年とても人気のあるものになりましたが、すべての人が留学を成功させて帰ってくるわけではありません。そこで今回は、留学経験者が語る留学の失敗の数々から中からピックアップした、知っておくだけでも損はしない助言をしていきたいと思います。

バスや電車が時間通りに来ない

知っておけば、アナタは海外留学で失敗しなくなる。危機回避もできる7つのこと。

日本における時間の正確さは、私たち日本人にとっては当たり前のことです。しかし海外に来ると、この普通の事が本当に素晴らしいと実感します。

これは、私が留学経験のあるオーストラリアとカナダの両方にも言える事ですが、バスや電車が時間通りに来ない事がものすごく多いです。5〜10分くらいの遅れならまだカワイイ方です。時には30分しても来ない事も…。

海外での移動は、しっかりたっぷり余裕を持って下さい。じゃないと、時間通りに目的地にたどり着くことはできません。本当に気をつけて下さい。

国内で時差がある(またはサマータイムがある)

知っておけば、アナタは海外留学で失敗しなくなる。危機回避もできる7つのこと。

国内で時差があるというのは、たとえば東京が朝の8時なのに沖縄は朝の9時のような感じですね。国内で時間が違うのです。日本は小さな島国なのでそんなこと考えたこともありませんが、世界は広いのです。

さらにこれらの国では、特定の時期に時間を変更するサマータイムの習慣もあります。日本でも年々サマータイムの導入の議論がされていますが、留学で人気のオーストラリアやカナダでの導入はかなり前から行われています。

国内の地域で時差が違うだけではなく時期によっても時間も変わってきますのでご注意を。この感覚は慣れるしかありません。

LGBTの冗談話

知っておけば、アナタは海外留学で失敗しなくなる。危機回避もできる7つのこと。

日本人の間ではいまだに性的少数者のいわゆるLGBTと言われる人たちの事を冗談半分で話す人を見かけます。しかしこのLGBTの方々、いわゆる先進国ではかなりの数います。

そして彼ら彼女らは自分たちの事を誇りに思っていてLGBTが恥ずかしい事だとは少しも思っていません。冗談の話のはずが笑えない結末になったなんてことはよく聞く話です。

お酒を外で飲むと違法

知っておけば、アナタは海外留学で失敗しなくなる。危機回避もできる7つのこと。

日本では毎年、桜が咲く季節になるとみんなで外でお酒を飲みながらお花見でもしようと言う事なりますが、例えばカナダでは外での飲酒は違法です。くれぐれも留学中に罰金などをくらわないように気を付けて下さい。

お酒は、お店か家で。

とにかく寒い

カナダ?寒いところでしょ?そんなの知っているよと言う人がほとんどだと思います。ですが実際にはどのくらい寒くなるかを知っている人はあまり多くないのではないでしょうか?

いやいや甘く見てもらっては困ります。

カナダのバンクーバーを除いたほとんどの都市で冬場はマイナス20℃を下回ります。一般に日本で売られている冬用のコートは使えないと考えたほうがいいですよ。

大麻がグレーゾーン

知っておけば、アナタは海外留学で失敗しなくなる。危機回避もできる7つのこと。

カナダでも日本と同様、大麻の使用は違法なのですが、実際の話になりますとグレーゾーンと言わざるえません。大きな通りに行けばその独特の鼻を突くような匂いが漂って来ることは別に珍しい事ではありません。

実際にハウスシェアをした人の中に大麻を定期的に吸う(タバコのように)人がいてかなり迷惑でした。

違法は違法です。海外で逮捕されている場合ではありません。ノリであっても、勧められても絶対にやってはいけません。合法であってもやめておきましょう。

日本人の友達となれあい

留学における最大の失敗の代名詞にもなるような事ですが、カナダやオーストラリアに留学行ったが日本人のコミニィティから抜け出せず英語などが伸びなかったということはよく聞く話です。

あなたは何をしに海外へ来たんですか?また、どういう自分になって帰りたいんですか?

人とお金で失敗しがち

これらは留学の典型的な失敗で、本当によくある事です。このような失敗をしないためには日本人が多い場所に留学行かないと言う事が一番です。カナダのバンクーバー、オーストラリアのゴールドコースなどは日本人だらけですので、最終的になれ合いになってしまう可能性がかなり出てきます。

語学留学やワーホリでは中規模の都市くらいがお勧めです。行きたい学校の留学生の国際比率もきちんと見ておきましょう。

あなたのやりたいことができる学校は必ずありますし、納得行くまでアドバイスできます。しかし、行ってからはアナタ次第です。

正しい情報を集め、経験者に手当たり次第アドバイスを貰いましょう。

知ってるのと知らないのとでは、対処に大きな違いが出ます。それだけであなたの留学は大成功ですよ!