突然ですが私はどちらかというとコーヒー派というより紅茶派です。

コーヒーだってちょっと休憩とか食後の一杯などシチュエーションによっては好きなのですが、普段飲みするなら絶対に紅茶!という人間。

そんな私がいま会社で飲んでいるのは紅茶の国イギリスの庶民的なメーカー「PG tips」の大容量80ティーパック、価格はビックリ約1,100円なり。

「ビルダーズ・ティー(Builder’s Tea)」ってご存知ですか?

そもそも私がPG tipsを知った理由がビルダーズ・ティーをしたかったからなのですが、そのきっかけとなった雑誌の記事によるとイギリスの建築系労働者、つまりガテン系な男たちが、休憩中に濃いリーフで作った紅茶に多めのミルク&シュガーを入れてデカめのマグカップでガブガブやる紅茶のことだそうで、それに茶葉の濃さが特徴の、このPG Tipsを使うのだとか。

紅茶のカフェインにたっぷりの牛乳に糖分...栄養価高そうだし今でいうエナジードリンク的な感じ?なのかもしれません。

留学するならどっち?ロンドン中心部VS郊外

ロンドン中心部

さて、イギリスでの語学留学、もっとも人気のある都市はいわずもがなでロンドンなのですが、ひとくちにロンドンと言っても中心部と郊外(この場合ロンドンまで地下鉄30分圏内)だと色々と条件が変わってくるんです。

ではそれぞれエリアによってどんな人に向いているのでしょう?

ロンドン中心部

都会的な留学生活、地下鉄やバスなど公共交通機関の利便性、ロンドン中心部の観光地やショッピングエリアにアクセスしやすい

ロンドン郊外

自然豊かなイギリスらしい住宅街、のんびりした留学生活、庭のある学校校舎、ホームステイが近い、周辺の物価が安め

いかがでしょう?どちらのエリアがアナタには向いていますか?

ここで「あーやっぱワタシは中心部だな〜」という方はそっとこのページを閉じて次のコラムをお進みください....。

ちなみにアメリカだとこんな感じです。

ロンドン郊外の魅力的な街

東京や大阪など日本にもあるように、ロンドンでも「住みたい街ランキング」的な特集が色んなメディアで取り上げられていまして、その中から代表的な街をご紹介します。

Highgate/ハイゲート

北ロンドンのN6にあるハイゲート。もし資金に余裕があり村っぽいところに住みたいなら、Highgate WoodsとHampstead Heathの広場の近くの丘上のこの地域は最適でしょう。

ハイゲートは周辺の治安が良く静かな環境。パブもイギリスの伝統的な酒場、社交場といった趣で酔っ払って暴れる人間も見かけません。またこの地域はセレブが多く住むPosh(ポッシュ:上品な、高級な)ロケーションとしても知られています。

Hampstead/ハムステッド

ハムステッドはイギリス郊外の古き良き村の雰囲気を感じさせる美しいエリアです。ロンドンの北西に位置しておりハムステッドヒースの広場に隣接。

街中では数多くの小さなショップや伝統的なパブ、高級レストランを見つけることができます。もしかしたら有名人を見かけることもできるかも...というのもハムステッドはロンドンでも家賃相場が高めなエリアだから。

なおバスやロンドン地下鉄など交通の便が良いのも特徴です。

Muswell Hill/マズウェルヒル

Hill(丘)が付く名前のとおりアレクサンドラ・パークとハイゲイト・ウッズの近くの丘の上に位置し、シティの素晴らしい景色を楽しむことができる高級住宅地。

いかにも郊外らしい静かなエリアですが素敵なローカルフードや飲み物を楽しめるThe Broadway/ブロードウェイという場所があります。

またこのブロードウェイではMarks and SpencersやSainsburysといった本格的なお店からから本屋、フランスのベーカリー、魚屋、インテリアショップ、紅茶専門店など様々なタイプのショッピングが楽しめます。

Greenwich/グリニッチ

グリニッジはロンドン南東部のテムズ川の南岸に位置しており緑の豊富さや並木道が印象的な美しいエリアです。ロンドン中心部にも近く交通の便は良好。

見どころは天文台(グリニッジ天文台!)、国立海洋博物館、カッティーサークです。若い社会人や家族が住むには高い街といえるでしょう。しかしながらナイトライフは高価ではなく、伝統的な庶民的な英国のパブに行きたいならここで探しましょう。

ただショッピングについては弱いかもしれません。品ぞろえの良いスーパーマーケットや洋服を買いたければ等でする必要がありそう。英国の伝統的な村らしい雰囲気を携えた場所なのでロンドンの他の地域と比べてもきっと安全だと感じられるはずです。

そんなロンドン版「住みたい街」にもこんな語学学校が!

St Giles International, London Highgate(セントジャイルス・ハイゲート校)

St Giles International

50年以上の歴史を誇るロンドン発祥の老舗語学学校。一般英語やビジネス英語のほか社会人向き少人数制の英語コースの提供がされています。長期割引の割引率の高さも魅力。ハムステッド校は緑豊かな庭付きの校舎。カフェテリアもあり、留学生がリラックスして留学生活を送る環境が整えられています。

LSI, London Hampstead(LSIロンドンハムステッド)

LSI

世界展開する語学教育機関のロンドン、ハムステッド校舎は、ビクトリア朝様式の建物に同じく美しく広い庭があり様々な国から集まった留学生の憩いの場として機能しています。ロンドンの学校にしては、少し日本人学生は多めですが、個人的なこれまでの手配実績からこちらの校舎は評判がよく、正直なところ数多くあるLSIの校舎の中でも一番おススメです。

Excel English(エクセルイングリッシュ)

excel english

Muswell Hillマズウェルヒルに唯一校舎を構える小規模な語学学校。周辺は公園や広場など自然に囲まれた環境で、学校のコーポレートカラー自体が緑なので、校舎内の設備にも効果的に緑が使われています。特徴は地域密着型のアクティビティや、独自の英語+αプログラム。+αにはアロマセラピーや紅茶、フラワーアレンジメントといったカルチャー系から、ゴルフ、テニス、乗馬などスポーツ系まで。開催日が限られているので気になった方はお問い合わせください。

Embassy English, London Greenwich(エンバシーイングリッシュ・グリニッジ校)

embassy

1972年創立の私立の語学学校グループ。最新の設備環境、独自の教育カリキュラムと教材を用いて、質の高い語学教育を提供しています。一般英語コースのほか、ビジネス英語コース、進学準備コース、文化的イベントの開催など幅広い分野において英語教育と国際交流を実施しており、目標の英語力に届かなければ授業料の全額返金保証を行うなど、ユニークな試みが特徴です。

グリニッジ校はカフェテリアやライブラリーを含め最新の設備がきっとアナタの勉強意欲を高めてくれることでしょう(ご紹介の学校の中では一番)。

まとめ

いかがでしたか?ちょっと高級住宅地的なエリアなんだけど物価はそれほど高くない...。そんなロンドン中心よりもちょっと郊外で!という方が少しでも増えてくれると幸いです。お見積りや留学プランのご相談などお待ちしております。