海外留学とトイレ問題

留学に限らず、海外のトイレにはめちゃくちゃ苦労します。日本の生活に慣れてしまっている私達には、とてつもないストレスになるのです。

私(男です)は、留学と旅行を含めると、アメリカ、中国、ドイツ、イギリス、オランダ、スイスに滞在経験があり、旅行や素通りを含めるともっとあります。その中で、食事もシャワーもベッドも、いろいろ許容範囲でしたが、トイレだけはどうにもなりません。全てのトイレがダメというわけではないのですが…

そんな私の経験+ネットでの情報から、留学生には気をつけて(心して)おいて欲しいトイレ問題を取り上げます。

知ってるだけでもショックは小さく抑えられると思いますので、決して多くないケースも含めて紹介しますね。

便座がない

これ、結構あります。少ない話を誇張しているわけではないです。直で座るのか、おしりを浮かすのか、紙を並べるのか…現地の人達はどうやってアレしてるのか、気にしないのか…。便座を設置するための便器の形になっていないので、そもそも存在しないんだと思います。最初ホントに衝撃でした。

個室がない

コレはレアです。だいたいあります。しかしながら、しかしながら、なぜなのか知りませんが、個室がありません。特に中国。悲惨でした。結果から言うと使いませんでした。

小便器が高い

コレはヨーロッパで出くわしたのですが、だいぶ高いです。足が長いからでしょうね。ギリ届きますが、こんな高さにする必要があるのかと…。足つるわ。

トイレットペーパーホルダーもない

イギリスでの出来事です。ホルダーがありませんでして、天井からロープ(?)的なものがぶら下がっていて、そこに結んでありました。棚のひとつでも於けばいい話だとは思うんですが、テキトーにもほどがあります。

トイレットペーパーが激硬

ただのコピー紙だろコレ。というレベルでした。ヨーロッパの数カ所にありました。気をつけて下さい。ていうか便器に直接流せません。硬すぎて。

手が洗えない

コレもレアですが、手洗い場がないことがあります。イタリアで、すごい低い位置についてる水道みたいなものを見ましたが、多分アレは手を洗う道具ではありません。(調べたらビデだそうです。下半身の洗い場だそうです。)

単純に汚い

文字通りです。汚さのレベルが違います。詳しくは、映画「トレイン・スポッティング」をご覧ください。説明できません。

家は大丈夫だろう→甘い

寮やステイ先は大丈夫だろうという考えは甘いです。そこの住人にも夜でしょうが、ガサツな人が家主の場合は終わりです。もう逃げられません。

公衆便所はない

だいたいはあります。が、ニューヨークの駅には一切ありませんでした。見逃しただけかもしれませんが、ネットでも「ニューヨークは公衆便所が極端に少ない」という内容の検索結果がたくさん出てきました。あの時は危なかったです…

公園

クオリティは抜きにして、日本だとだいたいあるイメージですが、同じようにはいきません。なかなか見つからない&あっても地獄。逃げて下さい。

レストラン

レストランでトイレがなくて困った経験はありませんが、結局使わなかった経験は山程あります。理由はお察しのとおりです。

ヨーロッパは有料

ヨーロッパの各地(私の経験では、ロンドン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフルト、パリ)では100円前後の有料トイレがあります。有料だけあってピッカピカ!という夢は、容赦なくぶっ壊されました。とはいえ、快適です。普通のトイレでした。

困ったらとりあえずスタバ行け

世界中どこに行ってもスタバはあります。トイレに行きたくなったらとりあえずスタバに駆け込みましょう。逆に言うと、スタバの位置だけちゃんと把握しておきましょう。何度救われたことか。

キレイです。綺麗。どこの国でも何故かスタバだけはとても清潔。

何も注文しなくても普通に貸してくれました。スタバ最高です。あそこのコーヒーは嫌いですけど…

日本のトイレは最高

帰国する度に思うことです。なんて清潔なのかと。

便座は自動で開き、手をかざせば水が流れ、ウォシュレットは60%ぐらいの確率で設置されていて、ハンドソープも水道もセンサーで作動します。オマケにエアータオルで乾かして…と、ここまでほとんどどこにも触れてません。最高です。

最高というかどう考えても異常

逆に言うと、日本のトイレは異常です。あまりにも美しすぎます。どこ行っても3つ星ホテル並み!外国人の友だちはみんな口を揃えてそう言います。

日本の世界最高のトイレ生活に慣れているあなた。海外留学(海外旅行でも)の際には、ぜひ腹をくくって下さい。アナタは必ず強くなって日本に帰ってきます。