生活習慣による「海外太り」

「気が付いたらいつの間にか体重が増えている!」というのは、留学あるあるの中でも上位に入る悩みの一つです。日本にいるときと同じ量の食事を取っているはずなのに…なぜ。
見返してみると日本と異なる生活習慣によって体重増加を引き起こしているんです。

いざ海外での留学生活を始めてみると、日本では見たことのない可愛いらしいパッケージのお菓子やケーキがたくさん!せっかく海外に来たのだから、日本に帰国するまでにいろんなお菓子やローカルフードを食べておこうとついつい手が伸びてしまいますよね。

日本であまりお菓子を食べる習慣がなかった方でも、カラフルなパッケージに包まれたお菓子をみるとついつい買ってしまうという方もいらっしゃいます。またホームステイ先のホストマザーに勧められるがままに、大量のご飯を食べ続ける毎日で、胃袋が大きくなるのと同時に体重にも変化が起こったり…。

生活環境の変化でもたらされる「海外太り」を防ぐために、出発前の段階から留学先での生活習慣をしっかり考えておいたほうがいいです。

ハイカロリーな海外スイーツ

留学太り・海外太りは必ず起こる!留学中に気を付けたい生活習慣と太らないための対処法。

日本では甘さが控えめに作られているチョコレートやお菓子が人気な一方、主に欧州では甘さ控えのお菓子は不人気。

そのため、海外のお菓子は日本よりも濃厚で甘さが強いものが多いです。日本のスイーツよりも濃厚で甘さを強くしている分、同じスイーツ1つでもカロリーがだいぶ異なります。

海外では、甘さが不十分に感じるお菓子はアイスや生クリーム、チョコレートソースなどをトッピングして甘さをプラスするなんてことも。大量のバタークリームやチョコレート、ビスケットなどがトッピングされいるカップケーキや、砂糖やキャラメルがたっぷりかかったドーナッツなど当たり前のように売られています。

日本で大人気のパンケーキも、そのほとんどの人気店は海外から日本に進出したものが多く、大量のシロップと生クリームがかかっていることが多いですよね。パンケーキやカップケーキがポピュラーな分、海外にいるときの方が甘いスイーツを食べる機会が自然と増えるので、気を付けたいところです。

海外で見つけた、びっくりするハイカロリースイーツはオレオやスニッカーズを衣につけて揚げたフライ。聞いただけでハイカロリー感が伝わりますね。

ホストファミリーに"No Thank You"と言えない日本人

留学太り・海外太りは必ず起こる!留学中に気を付けたい生活習慣と太らないための対処法。

ホームステイを留学中の滞在先として選ばれる方は多いのではないでしょうか。食事付きプランの場合、基本的にホストファミリーと同じ食事が提供されます。家庭によっては、食事の量が多いこともあります。

お皿いっぱいに盛られた料理を残すのはなんだか申し訳ない…という気持ちから、頑張って食べきろうとする気の使い方は日本人特有のもの。お腹がいっぱいでも、お代わりを聞かれると「No thank you」を言えない日本人はたくさんいらっしゃいます。

気が付くと、最初は多く感じていたご飯の量が当たり前になり、体重も増えているなんてことも。

各家庭によって食生活は異なりますが、海外の家庭料理は和食よりも油を使ったり、揚げ物が多かったり、食事のお供にコーラを出されたりなど、ヘルシーと言われている和食よりもカロリーが比較的に高いことがあります。

また日本よりもファーストフードの利用が一般的なので、夕飯がピザやハンバーガーということもあります。食後のデザート文化も日本より海外の方が根強く、コッテリしたバターケーキや濃厚アイスクリームを毎夕食後にサーブしてくれるこが多いです。

ご飯を食べきれないことをホストファミリーに伝えることは、けっして失礼なことではありません。お腹いっぱいの時は「No thank you」と伝えて、食べる量を調整してみましょう。

体重維持には、やっぱり運動と食事内容!

留学太り・海外太りは必ず起こる!留学中に気を付けたい生活習慣と太らないための対処法。

「海外太り」を避けるには、ある程度の運動と食事内容に気を付けることです。

大学付属の語学学校であれば、大学の施設を自由に使えるのでジムで運動してみたり、民間語学学校へ通う方は、一般のスポーツジムやヨガ教室に通うといいですね。スポーツが苦手な方は、ウォーキングを積極的に取り入れてみたり、海外の高カロリーなお菓子でなくフルーツを食べるようにするなど食事に気を付けといいでしょう。

ホームステイの食事つきプランよりも、アパートでルームシェアをして自炊したほうが、体重管理がしやすいです。積極的に和食や野菜中心の食事に変えて、食事の量を自分で調整しやすいといった点で「海外太り」を回避できそうです。

海外留学で気をつけたい生活習慣についてのまとめ

基本的に欧米の食文化は全人類に対応していません。あれらを普通に食べていれば必ず太ります。

重要なのは、断る気持ちと行動力です。

ジム付きの学校をお探しの方はぜひご相談くださいね!