フィリピン語学留学の実態ってどうなのよ

短期間で低価格、そしてスピーディに語学力アップが見込めると、最近徐々に日本人留学生に人気になってきている「フィリピン留学」ですが、その実態はどういったものなのでしょうか?

ドゥテルテ怖い…と思ってる人は、ちゃんと知識をつけてから留学した方がいいです。フィリピン留学はいろいろと考えたほうがいい部分もあるので学校選びは本当に慎重にやって下さい

正直な結論から言うと、大ハズレ語学学校はあります!もう一度言いますが、本当に慎重にやって下さい

ここから先は、筆者の超個人的な意見ですので、みなさんの留学準備の参考にはなりません!私の意見はきっと偏りすぎています!実体験+友人の体験+それによって生じた偏見で構成されています。ご注意を。

あと、フィリピン留学専門の他社からのクレームは一切受け付けません。だって個人的な感想文なんだから。

とだけ前置き(言い訳)させて下さい…。

フィリピンの語学学校

フィリピンの語学学校のスケジュール

簡単に言うと、平日は施設(学校)に缶詰にされて、朝から夕方(場合によっては夜)まで、少人数またはマンツーマンでガッツリ英語を叩きこまれます。ネットでよく観る「スパルタ式」です。

英語レベル別にきっちり管理され、個人のレベルにある程度合わせながらもガンガン行くイメージです。この辺はどこの語学学校もさほど大差無いように思います。ちなみにフィリピンには留学生向けの語学学校が200以上あると言われています(増えたり減ったりが激しいです)。

フィリピンの語学学校のコスト

「授業みっちり+3食キッチリ+寝泊まり」のトータルでかかる費用は、英語圏への留学に比べたらそれはもうとんでもない安さだと言えます。とりあえずお金をかけずに英語を習得したい、という方には向いています。

本当に安いです。すばらしいです。ちゃんと選べばね

フィリピン語学留学での英語教育

ここからだんだん怪しくなってきます。

ぼくらの思い描く海外留学(英語の場合)は、英語圏(まあざっくりと欧米)の人達と対等に話せるぐらいまで行けるイメージですが、フィリピン留学はどちらかと言うと、試合前のトレーニングに近いです(そもそもフィリピンだけで留学を終える人が少ないでしょうけど)。

そもそも先生はネイティブではありません。そりゃあ、僕らの中学や高校の英語の先生の平均よりは英語力は高いでしょうが、まあそんなところです。とりあえずネイティブレベルにはならないと思います。

中学+高校で(人によっては小学校から)あれだけ英語の授業やったのに全然話せない。でもまあ単語は読める。って方がほとんどでしょうけど、その延長にしかなってない語学学校が多いのは隠せません。

英語の試験(TOEICやTOEFLなど)も、筆記はある程度できるようになるけど、リスニングやらスピーキングやら、海外で仕事をするためのビジネス英語やらっていうのは、そこまで期待しないほうが…という感じです。あくまでも基礎英語

ネットで見た誰か(スイマセンちょっと忘れちゃいましたが、たぶんハイパーメディアクリエイターの人)の言葉を借りるなら

私たちが学んだ「国語」と、日常の会話で使う日本語が違うようなものだ。

というニュアンスはなかなか近いように思います。

あと、ネットでよく見かける「訛り(なまり)」問題ですが、訛りの全くない英語を話す人のほうが世界には少ないですよ。訛りはどこに行ってもあるものですから気にするだけ無駄です。

フィリピン語学留学の環境

セブはリゾート地ですからナイスな場所だというのは言うまでもないですが、観光客がいっぱい来るキラキラした都会にドドンと豪華な語学学校、なんかあるわけ無いです(2〜3個ならありますよ)。

とりあえず観光地はメチャクチャいいとこなのだけ言っておきます!

外務省の危険度マップではレベル1だそうです。「十分注意して下さい!」「時別な警戒が必要です!」と書いてありますが、そんな危険なとこあったっけなという印象です。まあ外務省が言ってんだから危険なんでしょう。(気になる方は「海外危険度マップ」で検索してみてください)

とりあえず、どこいっても韓国人と日本人だらけです。(だいたい韓国人60%、日本人30%、その他5〜10ヵ国で10%といった感じ)

フィリピン語学留学の治安

缶詰の授業や厳しい門限、外出禁止などが徹底されているのはなぜかというと、治安が悪いからか、もしくは田舎過ぎて外に出ても意味ないからです。勉強に集中できる環境とはまあそういうことかもしれません(施設の中や田舎=悪い人が少ない=安全)。

留学先になるであろう、首都マニラ周辺・セブ島は比較的治安は悪くありません。フィリピン全体も数字だけ見ればドゥテルテ大統領になって以降、治安は良くなってはいます。数字だけ見ればですが。

これは治安のいいところ悪いところが両極端になっている平均をとっているので良くなっている感じだと思います。とは言え、今後どんどん改善に向かうと思われます。ドゥテルテさんがどこかの地域の首長だった頃に同じやり方で犯罪を激減させてますので(根拠としてはちょっと弱いんですが)。

とにかく身の危険を感じた際は、カッコつけずに全力で逃げまくって下さい。フィリピンは銃社会です。

特に気をつけるべきは

  • スリ
  • 窃盗
  • ボッタクリ
  • 麻薬

の4つです。

ちなみに、出入りが自由で、都会にあって、夜もそこそこ安全に遊べる地域にある語学学校ももちろんありますので下調べはしっかりしましょう。

フィリピン語学留学の食事

コレも学校によりますが、美味しいものを腹いっぱい、というのは程遠い(ことが多い)と思って下さい。フィリピンの語学学校は、オーナーが韓国人で韓国人の学生ばっかりの学校がとても多く、韓国料理ばっかり出てきます。

普通に生活してたのに胃腸を悪くして帰ってきた日本人を2人知っています。毎日だと僕もそうなるかと…(韓国批判ではありませんよ!こっちの内臓力の話!)。

もちろん日本食が用意されている学校もあります(オーナーが信用できる人だったり、日本人だったりというのが理由)。フィリピン料理が出てくる学校もあります。でも、これらの学校の半分は、食事の量が少ないです。ちゃんと調べましょう。マジで!

外出OKな学校や、近くにホテルなどがある都市圏なら、いろいろと安全に食べたり飲んだりできます。その辺の屋台などでの買い食いとかは避けたほうが良いでしょう。

フィリピン語学留学での勉強以外の時間

「外に出れないのでネットでもしよう」

まあそうなるでしょうけど、結論から言います。だいたい超遅いです。ネット速度には期待しないでいいです。それ以外で遊ぼうとしても、お酒も禁止の学校が多いです。土日(授業のない日)でも禁止のところもあります。

上にも書いたように基本的には外出禁止ですから、勉強しましょう。それしかないです。

フィリピン語学留学での生活

非常に規則正しいです。生活習慣を改善するには役立ちます。修行のような軍隊のような(刑務所のような…と言ったらいろんなとこから怒られそう)堕落した自分にはサヨナラできます。食事にもよりますが、驚くほど健やかに爽やかに活動的な人になれます。

ぐうたら現代人(私も)にはコレはメリットです。

フィリピン語学留学の講師の質

まあコレは一概には言えないです…。そりゃ下手も上手もいるでしょうと言うしか。誤解も各所からのお叱りも恐れず言うのであれば「平均すると中の下」です。

コレは後から分かったことなんですが、それには理由があります。

韓国人オーナー&フィリピン人講師で構成されている学校の一部は、お金(給与)関係が適当なんだそうです。支払い遅れまくりとか支払わないとかしちゃうオーナー側と、その日暮らし気質なフィリピン人ということで、グダグダのモメモメになってる学校もあるようです。

留学生の多い時にドサッと雇って、減ってきたらバサっとクビにするような雇用の仕方があるのも問題です。要するに学校運営側と講師陣がお互いを信用してないのでどうにもならないようです。もちろん全部じゃないですからね。素晴らしい学校も「少ないですが」存在します。

運よくすばらしい先生に当たりさえすれば英語力も人間力もアップして、次に欧米に留学するにも自信がつきます。

フィリピンの国民性

コレは最高です(少なくとも自分が出会った人達は)。優しく楽しく頑張り屋さんな印象です。人間同士の付き合いをしてくれる講師が多いかなと思います。とにかく「楽しい」を再優先する国民性かと思います。悪く言えばちゃんとはしていません(繰り返しになりますが全員が全員ではありません)。テキトーです。

フィリピン語学留学の衛生面

平均して普通、というか許容範囲です。キレイでもなく汚くもなく。が、ごくまれに、なかなか質の低い学校もあります。主に大自然(ていうかジャングル)の中にある学校なんかは、お風呂が虫だらけだったり、トイレが匂ったり、お湯が出なかったり…

僕らは日本人なので、特に気になってしまうだけかもしれないのですが、それにしても…ということもありますので、インターネットを血眼で探しまわって、公開されている写真を見まくって下さい。

facebookの写真などは、生の情報であることが多いので比較的正確かと思います。

フィリピン語学留学の実態まとめ

安い、速い、美味い!な感じでどんどん浸透していくフィリピン留学ですが、日本からの留学生も増えた分、トラブルも増えています。フィリピンにはすばらしい語学学校もいくつかありますが、そうでないものも多いことを覚えておいて下さい。

そしてできる限り自分で調べてみてください。

フィリピン留学で学校選びを間違って途中帰国してしまった場合、それは失敗ではなくもはや事故です。もらい事故をしないためにも、事前準備をしっかりお願いします。

そして、フィリピン留学は、その次の英語圏への留学のトレーニングです。フィリピン留学だけで完璧な英語にはなりません。そのことも覚えておいて下さい。

どこのエージェントを使って留学するのも皆さんの自由ですが、筆者がネットで見た情報は「ん?」というものも少なからずありました。将来も時間もお金もムダにしないように、ご自分で正しい情報を集めましょう

変な語学学校行くぐらいなら、日本でネイティブの家庭教師とホテルに缶詰のほうが安いでしょ。と思うんですよね…。

フィリピンの中でも最高の語学学校を選びさえすれば、あとは安くてハイレベルな英語が習得できますよ!