海外で安く語学留学をするのにおすすめ、と言われるフィリピン。

実際、英語をリーズナブルに格安費用で勉強するのにぴったりの国なのですが、注意しなければならない点もあります。格安費用で参加できる語学学校、その内容とは?フィリピン留学を選ぶメリットとデメリットは何なのか。

その他の英語圏留学費用と比べてもフィリピンの語学学校は本当に格安でおトクなのか、短期から長期それぞれの費用比較表も作ってみました。

春休みや夏休み、それから社会人の有給を利用した短期英語留学、それから海外進学の準備や、徹底的な会話力アップを目標とした長期留学で費用がいくらかかるのでしょうか。

失敗しないフィリピン留学のため、語学学校を選ぶコツ、おすすめの学校も一緒に紹介していきますね。

フィリピン留学の実態、語学学校の英語の授業や生活は?

令和の日本で海外での格安英語留学、といえばフィリピン留学がすっかり定着しました。英語留学で費用を抑えるために「安い、格安」といったキーワードでインターネット検索するとフィリピン留学に関する情報が出てくるはずです。

実際、英語留学のために行ってみたいと思っていたアメリカやイギリス、その他の国の費用を調べてみたら決して安くはありません。安い、格安だとなんかアヤシイ、と思われがちですが、実際のところ、どうなのか。

このページではそのフィリピン留学の実態をご案内しつつ、おすすめポイントやメリット、さらにデメリットについても説明していきます。あなたが本当に有意義なフィリピン留学をしていただけるよう、役立てていただければ幸いです。

現地滞在はどのようなものか、項目別に見ていこう

早速、フィリピン留学とはどのようなものか、現地での滞在について項目に分けて説明していきます。ちなみに、一般的にフィリピン留学というとセブ島への留学を指すことがほとんど。

フィリピンにはマニラやクラーク、バギオなどの都市も英語留学先として候補にあがるのですが、フィリピン留学のイメージで思い浮かぶ、ビーチリゾート留学はセブ島です。

セブ島にある語学学校から人気が出始め、今やセブ島だけでも100校近い語学学校があるといわれています。そんなフィリピン・セブ島、リゾート留学の内容について、早速紹介していきます。

フィリピン留学、語学学校のスケジュールを知ろう

まずは語学学校へ参加した場合の到着からレッスンスケジュールについて。日本を出発し、フィリピンに到着したら、入国審査を終えたのち、出口に学校スタッフが迎えにきています(往路到着時の出迎えはオプションですが、はじめての海外、はじめての留学の場合には往路出迎えサービスを語学学校に依頼することを強くおすすめします)。

フィリピン留学の場合、同じフライト、または時間が近いフライトを利用する留学生を一度に大きなバスやワゴン車で案内することが多いですね。

学校到着後にはフィリピン生活に関するオリエンテーション、語学学校によってはこの時に両替や現地費用の支払い(後述します)、さらに就学許可書申請を行います。フィリピン留学は基本的に日曜日に現地到着となるため、オリエンテーションの後は自由時間。

ただ、語学学校によっては特に短期留学で時間を無駄にしたくない社会人のため、到着当日から英語レッスンを受けられるところもあります。翌日からは英語レッスン開始、フィリピン留学の語学学校の基本はマンツーマン英語レッスン、これがフィリピイン留学最大のおすすめのポイント。

そのマンツーマンレッスンを含む授業が、プログラムにもよりますが、早ければ朝8時前後から、遅いところでは夕食を挟んで夜8時くらいまで実施しているところもあります。

そうなんです、フィリピン留学は平日の間、まさに文字通り、「英語漬け」の日々、フィリピン留学で検索するとよく出てくる「スパルタ式」の授業となっています。

学費やその他に必要な費用はどのくらいかかるのか

そんなスパルタ式、マンツーマン英語レッスンを受けられるフィリピン留学ですが、安い、格安と言われている語学学校の費用は実際、どれくらいなんでしょうか。

フィリピンの語学学校費用だけを比べて格安、安いといっても分かりにくいので、英語圏留学で人気のアメリカ、イギリス、オーストラリアの一般的な語学学校と費用比較をしてみます。

比較期間は短期2週間から、4週間・約1か月、8週間・約2か月と、12週間・約3か月、さらに長期、24週間・約半年までで比べてみます。

なぜ24週間か、といいますと、フィリピン留学で24週間以上の長期留学をされる方はあまり多くありません。なぜならスパルタ式の英語漬けの日々を送れば、24週間で希望する語学力、英語スコアを取得できる方がほとんど、だからです。

費用比較で紹介する語学学校はフィリピン・セブ島にある語学学校CPILS。もともとホテルと銀行だった建物を改装、セブシティでも最大規模のスポーツジム、ホテルのプールバーを改装したカフェなど施設も充実しています。語学学校CPILSの最大のおすすめポイントはフィリピン人講師陣の質の高さ。

数段階に分かれた面接、厳しいトレーニングを経てレッスンを受け持ち、参加する留学生からの評価もあるため、一生懸命に英語を教えてくれます。その他の英語圏からは世界展開をしている語学学校ECを紹介します。

ヨーロッパ・地中海に浮かぶ、マルタ共和国を本拠地としている語学学校であり、英語レッスンの内容はもちろん、アクティビティも充実。英語圏留学で人気のアメリカ・ロサンゼルス校、イギリス・ロンドン校、それからオーストラリア・シドニー校のお見積りを紹介します。

2週間の英語留学、フィリピンとその他の国の比較

費用項目フィリピン
セブ島
CPILS
アメリカ
EC
ロサンゼルス校
イギリス
EC
ロンドン校
オーストラリア
EC
シドニー校
申込金USD 125USD 160GBP 50AUD 230
英語レッスン費用USD 1,154USD 1,010GBP 760AUD 980
滞在手配費用 USD 90GBP 30AUD 280
滞在費用USD 590GBP 460AUD 690
往路空港出迎費用USD 155GBP 120AUD 180
その他の費用USD 106GBP 13AUD 0
総額USD 1,279USD 2,111GBP 1,433AUD 2,360
日本円
(2019年10月換算レート)
¥140,000¥232,000¥204,000¥178,000

安いですね、フィリピン。

オーストラリアが費用的には近い、と思われるかもしれませんが、英語レッスン内容、滞在方法にも違いがあります。

フィリピン・セブ島のCPILSの費用は学生寮個室利用、1日3食ビュッフェタイプの食事つきであるのに対し、他の国は、ホームステイ個室、朝・夕食付。

また英語レッスンもフィリピン・セブ島のCPILSは午前4コマのマンツーマンレッスン、午後4コマの少人数(4~8名)のグループレッスンであるのに対し、その他の国は1クラス15名前後のグループレッスンで、午前・午後の2コマずつ、合計4コマのみ。

マンツーマン英語レッスンを受けることができ、人気の学生寮滞在、さらには3食の食事がビュッフェというのはフィリピン留学ならでは。その他の英語圏の国で同じ環境(マンツーマン、学生寮利用)を求めると金額がかなり高くなります。続いて4週間、約1か月の費用比較はこちら。

約1か月英語留学した場合の費用比較一覧

費用項目フィリピン
セブ島
CPILS
アメリカ
EC
ロサンゼルス校
イギリス
EC
ロンドン校
オーストラリア
EC
シドニー校
申込金USD 125USD 160GBP 50AUD 230
英語レッスン費用USD 1,854USD 2,020GBP 1,520AUD 1,960
滞在手配費用 USD 90GBP 30AUD 280
滞在費用USD 1,180GBP 920AUD 1,380
往路空港出迎費用USD 155GBP 120AUD 180
その他の費用USD 106GBP 13AUD 0
総額USD 1,979USD 3,711GBP 2,653AUD 4,030
日本円
(2019年10月換算レート)
¥217,000¥407,000¥378,000¥303,000

期間が長くなるにつれてフィリピンの安さが目立ってきます。約1か月、夏休みや春休みの留学なら、航空券代くらいはカバーできるほどの差額になっていますね。

約2か月、8週間のフィリピン留学費用は安い?

費用項目フィリピン
セブ島
CPILS
アメリカ
EC
ロサンゼルス校
イギリス
EC
ロンドン校
オーストラリア
EC
シドニー校
申込金USD 125USD 160GBP 50AUD 230
英語レッスン費用USD 3,707USD 4,040GBP 3,040AUD 3,920
滞在手配費用 USD 90GBP 30AUD 280
滞在費用USD 2,360GBP 1,840AUD 2,760
往路空港出迎費用USD 155GBP 120AUD 180
その他の費用USD 106GBP 13AUD 0
総額USD 3,832USD 6,911GBP 5,093AUD 7,370
日本円
(2019年10月換算レート)
¥421,000¥758,000¥726,000¥555,000

約2か月間、大学生の夏休みや春休みでめいっぱい、フィリピン留学をした場合の費用を他国と比べてみました。費用の差は広がる一方で、フィリピン留学がいかに安いか、よくわかります。

約3か月、12週間の場合の費用差を見てみる

費用項目フィリピン
セブ島
CPILS
アメリカ
EC
ロサンゼルス校
イギリス
EC
ロンドン校
オーストラリア
EC
シドニー校
申込金USD 125USD 160GBP 50AUD 230
英語レッスン費用USD 5,561USD 5,520GBP 4,080AUD 5,700
滞在手配費用 USD 90GBP 30AUD 280
滞在費用USD 3,540GBP 2,760AUD 4,140
往路空港出迎費用USD 155GBP 120AUD 180
その他の費用USD 106GBP 13AUD 0
総額USD 5,686USD 9,571GBP 7,053AUD 10,530
日本円
(2019年10月換算レート)
¥624,000¥1,050,000¥1,006,000¥793,000

ロサンゼルスやロンドンが大台に乗った一方でフィリピン・セブ島留学は半額とまではいかないにしても、かなり安くなっていますね。

約半年間、24週間の費用差はどれくらいになる?

費用項目フィリピン
セブ島
CPILS
アメリカ
EC
ロサンゼルス校
イギリス
EC
ロンドン校
オーストラリア
EC
シドニー校
申込金USD 125USD 160GBP 50AUD 230
英語レッスン費用USD 11,122USD 9,960GBP 7,080AUD 10,800
滞在手配費用 USD 90GBP 30AUD 280
滞在費用USD 7,080GBP 5,520AUD 8,280
往路空港出迎費用USD 155GBP 120AUD 180
その他の費用USD 106GBP 13AUD 0
総額USD 11,247USD 17,551GBP 12,813AUD 19,770
日本円
(2019年10月換算レート)
¥1,234,000¥1,926,000¥1,827,000¥1,488,000

半年間、フィリピンで留学すると100万円以上の語学学校費用がかかりますが、それでも他の英語圏に比べ安いということは証明されました。でも、よく見てみるとオーストラリアもフィリピンほどではないにしても安いですよね。

そうなんです、長期留学の場合には、各国の割引制度もあるため、リーズナブルな留学が可能になることも。こうした費用見積や比較をご希望の場合には、是非iae留学ネットにご連絡を、無料でのご案内・お見積り作成をさせていただきます。

フィリピン留学中の英語教育、レッスンや講師の質は?

費用をしっかり見比べて、フィリピン留学が間違いなく安い、ということが分かりましたが、安いとどうしても気になるのが「質」、ですよね。フィリピン留学における、英語レッスンの質はどうなのか。

私自身、フィリピン・セブ島での語学学校で授業を経験し、いくつかの学校訪問をしてきましたが、「フィリピン人講師・授業の質は語学学校によって大きく違う」のは間違いありません。

費用比較で紹介をさせていただいた語学学校CPILSはフィリピン人講師教育に非常に熱心で、ひとりひとりの講師陣も、いかに楽しく早く留学生に英語を身に着けてもらえるか、日々勉強しています。

しかし、費用が安いことだけを売りにしている学校ではフィリピン人講師の方への扱いも荒かったり、教材も日本の英語ドリルのコピーだったりもします(実際、私が最初に通った語学学校がそうでした)。

フィリピン留学だからこそ、留学エージェントにしっかり相談をして、学校を選ぶことが非常に大切です、これだけは絶対に忘れないようにしてください。

フィリピン留学で一番人気、セブ島の生活環境について

フィリピン・セブ島での留学生活は最初にご案内した通り、平日は英語漬け、朝から食事を挟み、夕方・夜までひたすら授業や自習時間となっています。

週末は自由行動となるので、学校主催のアクティビティに参加するもよし、自分自身で学校近くのショッピングモールへお出かけしても良いですね。

物価が非常に安いため、フィリピン滞在中に必要となる費用も他の英語圏に比べるとかかりません。学内の食堂で3食提供される学校であれば、カフェテリアでお茶などを買う程度、の出費で収まります。

息抜きに外食するのも良いとは思いますが、注意したいのはほどほど、にしておくこと。フィリピンでもレストランなどでの外食は日本に比べれば安いものの、結構な出費になります。

特に長期フィリピン留学を検討している場合には、最初にお金を使いすぎないよう、くれぐれも注意するようにしてくださいね。

思ったより安全?治安に関する情報を集めておこう

次はフィリピン留学を検討する場合に外せない、治安について。

紹介しているフィリピン・セブ島はリゾート地ということもあり、比較的安全なのですが、それでもスリや置き引き被害の話はよく耳に入ります。

フィリピン留学をしても最初の間は警戒をするものの、2週間、3週間と慣れてくると気がゆるみ、ついついカフェでカバンをおきっぱなしにしてしまう、などのことが原因です。

フィリピン・セブ島がいくらのどかでも、海外にいるということを忘れず、常に貴重品は身の回りにおき、警戒することをお忘れなく。

またもう一つ、学生の場合にはナイトライフを楽しむため、夜遅くまで外出する人もいると思いますが、暴行事件、最悪の場合には殺人事件も起こります、自分の身は必ず自分で守りましょう。

大幅に改善!日本人の口に合う食事で不満なし

フィリピン留学、というキーワードで検索をするともうひとつ、よく見かけるのが「食事」という言葉。

数年前までフィリピン留学で提供される食事はとにかく辛くてキムチが多い、味が悪い、と悪評が目立ちました。

ですが、今は全く違います!毎食、ビュッフェを提供している業者がフィリピン・セブ島にできて、新鮮な野菜、果物を含むおいしい料理が提供されているので安心して良いです。

どうしても学校の食事に飽きた、というときには語学学校で出来た友人と一緒に外食に出かけてみましょう、ピザやスパゲティ、ハンバーグにステーキ、日本食を提供しているお店もありますよ。

おすすめはマンゴージュースやマンゴーシェーク、安くてとても美味しいです。

朝から夜まで英語漬け、でもそれ以外の時間はどう過ごす?

平日、英語漬けの日々が終わると週末は自由、なのですが、留学生は何をして過ごすのでしょうか。

巨大ショッピングモールへのお出かけも良いですが、リゾート地セブならではのアクティビティもおすすめです。

無人島ホッピングやジンベエザメとのダイビングなどは、他の英語圏の国よりも格安費用で参加でき、短期留学でも思い出深いアクティビティを楽しむことができます。

そのほかにも、語学学校のスタッフに相談するとさまざまなおすすめスポットを紹介してくれます。平日はしっかり英語を勉強、週末は思いっきりフィリピンを楽しむ、メリハリある生活を楽しみましょう。

フィリピン留学中の生活サイクルですっかり健康になる

フィリピン英語留学のもうひとつのおすすめポイント、それは規則正しい生活を送れるようになることですね。

平日朝は決められた時間に食事、そのあとはマンツーマンを含む英語レッスン。昼食・夕食が終わったら、その日の復讐と次の日の予習や宿題に費やします。

フィリピン留学は遊びを目的に選ぶもの、と思っている人もいるかもしれませんが、とんでもありません。

規則正しい生活、厳しい英語漬けの日々は厳しくはありますが、無事、修了できれば語学力が着実に身につけられる、おすすめの英語留学なんです。

公用語の英語、話題にあがる訛りは?講師陣の語学力

英語留学をするとき、気にする人は気にする、「訛り」。

日本でアメリカ英語をいわゆる標準英語として学んできた日本人にとってイギリスやオーストラリアの英語にも訛りを感じます。

フィリピンの講師陣も独特の訛りはあります(なかには完璧なアメリカやカナダ英語を話す人もいます)。でもその訛りがあっても、教えてくれる英語は間違いなく標準英語です。

授業の教材はアメリカの映画やカナダのニュース、イギリスの新聞だったりしますが、そこに訛りは関係ありません。

会話の授業で訛りを感じるかもしれませんが、あなたが話す英語にも日本訛りはあります。

英語ができる人からすると、訛りがあるからわからない、というのは言い訳、英語ができればどんな英語でも理解はできるもの。

格安費用、マンツーマンレッスンで英会話力を身に着けられることを考えたら訛りなど気にしているのももったいないですよ。

フィリピン留学で一番ありがたい、朗らかな国民性

もしあなたがはじめて海外、英語留学をするなら、フィリピンがおすすめな理由がひとつあります。

他の英語圏、アメリカやイギリスでスーパーマーケットに買いものに行くと、お店のスタッフは必ずしもにこやかではありません。

淡々と作業をし、レジ袋は必要?とネイティブスピードで話しかけられても、いきなりすべては分かりません。

結局、知らない間にレジ袋代を追加で請求されてしまうことがあります。

もう少し優しく、ゆっくり言ってくれればいいだけなんですが、なかなかそうはいきません。

でもフィリピンなら違います。必ずいつも、ではありませんが、多くの人がにこやかな笑顔で対応してくれますし、分からないときはゆっくりと英語を繰り返してくれます。

はじめての海外でつっけんどんな態度を取られてしまうと気分が悪いですし、勉強に対するモチベーションも下がります。

優しく朗らかなフィリピン人の気質は、日本人がはじめて慣れない英語を学ぶための環境として本当におすすめです。

日本人だから気になる?衛生面はどうなっているのか

最後はフィリピン生活をする上での衛生面について。

語学学校の中、教室や学生寮は清掃スタッフの方が丁寧に掃除をしてくれます。他の英語圏でもこれは同じです。

ただ、フィリピン・セブ島の場合、場所によっては虫がいます。蟻が学内寮に入ってくることもあるので、語学学校の内の売店でチョークを買って、侵入させないようにします。

学校から一歩出た場合、数年前までは道路が舗装されておらず、土煙が舞っていました。ですが、今やアスファルトが入った場所が大幅に増えています。

それでも街の一部には未舗装の場所があったり、ごみが山積みになっているところも。勉強する空間=語学学校の中は衛生面の問題はないですが、おでかけするときにはそういうところが目に入る可能性ある、といったところですね。

フィリピン語学留学の実態まとめ

とにかく安い英語留学ならフィリピンがおすすめ!と言われていますが、実際におすすめである理由や気を付けたいポイントについて紹介してきました。

もう一度確認ですが、フィリピン留学だからこそ、留学エージェントにしっかりとご相談いただき、本当に自分に合った語学学校を見つけてください。

インターネットで良いところばかりを進めている口コミサイトがありますが、信じちゃいけません(昔、私が実際に不愉快な思いをしたことを投稿したら、不適切、という理由で消去されました)。

フィリピン留学を選ぶ理由は予算だけでなく、進学のための語学力アップや、カナダやオーストラリアへのワーキングホリデーの準備などさまざま。

フィリピン留学+アルファを含め、iae留学ネットに是非、ご相談ください。

お問合せだけでなく、提携校なら手続き費用も完全無料、経験あるカウンセラーがあなたにぴったりの語学学校を提案させていただきます。