いざ、オーストラリアサーフィン留学

サーファー。それは世界中の極上の波を求める人種。

齊木のコラム
シリーズ「留学の試練」
第2弾「世界最強のサーフィン留学」
第3弾「世界最強のサーフィン留学」

本当のサーファーはどんな困難な道のりでも、そこに極上の波が待っていると知れば、行かずにはいられない。風無し、天気良し、サイズ良し、ロケーション良し、割れているのは綺麗な三角波。

さらに1人でも、気の合う仲間とでも海に入れば、それは掛け替えのない時間になる。

そのポイントに人がいなければ、なお最高。そんなオーストラリアに留学、ワーホリを試みる全てのサーファーの方々に贈る、世界最強の「サーフィン×留学」プランを、オーストラリアのここだけは行っておいた方が良いサーフスポットと共に紹介します。

オーストラリア留学情報はこちら

サーフスポット① スナッパーロックス

スナッパーロックス(QLD ゴールドコースト、クーランガッタ)
レベル 上級~エキスパート
多い
サイズ ダブルオーバー迄

オーストラリアと言えばここ。オーストラリアに行くならば必ず行った方が良いポイント。

世界各国を周りツアーを行うWCTツアーの最初のDestinationとしても有名。岩の裏から割れる波に乗るのだか、そのレベルの高さに驚かされる。世界最長のレギュラー、その長さは普通のポイント約4つ分ほどの距離になる。

スナッパーロックス→レインボーベイ→グリーンマウント→キラーと最高のコンディションの時はピークの波が見えなくなるまで乗る事が出来、一度乗ったら海岸を10分ほど歩いて戻る。波のクオリティは日本では絶対に見られないレベルであり、一度その波に乗った人はその良さを永遠に忘れない。

筆者も過去乗った波の中で最も良かったポイント。しかしその有名なポイントの為、世界中からプロ並みのサーファーが集まるため、波に乗るのは一苦労。慣れていない人は1日3本乗れたら良かったというような状況のため、気を引き締めて入る必要があります。ちなみにミックファニングやパーコーなどの有名プロサーファーはこのクーランガッタ出身の為、良く見かけます。

サーフスポット② D-bah

D-bah(QLD ゴールドコースト、クーランガッタ)
レベル 上級~エキスパート
多い
サイズ ダブルオーバー迄

こちらのポイントは言わずと知れずローカルに有名なポイントD-bah。正式名称はドュランバポイントorデンジャーポイント。

オーストラリア全域がフラットな状態でもここだけは365日波が割れるという神のポイント。さらに湾になっているのだが、レフト、センター、ライトと割れるポイントがあり、全ての波が最後ショルダーを貼りながらインサイドで強く割れるため、上級以上のサーファーはエアーセッションになる。

このポイントはスナッパーと違い、すぐにゲットが出来るためサーファーの好みが分かれる。基本的にクーランガッタに訪れるサーファー達は、スナッパーとD-bahのどちらかで入るというのが一般的。ここでは地元の女子の世界チャンピオンステファニーギルモアなどが良くサーフィンをしている。

サーフスポット③ キラー

キラー(QLD ゴールドコースト、クーランガッタ)
レベル 上級~エキスパート
少ない
サイズ ダブルオーバー迄

世界中のサーファーが一度は聞いたことのある伝説のポイント。サイズが頭オーバーレベルにまで上がれば、とてつもないクオリティのチューブを永遠と作り出すマシーンウェーブ。

2013年のWCT初戦では、ファイナルでケリーとパーコーの伝説の戦いが繰り広げられたポイントということでも記憶に残る。しかし最近ではWCTの初戦でスナッパーで定期的にサイズを作り出すため、キラーの砂を人工的にスナッパーに持って行き、今では年に何回かその姿を見せる程、普段はフラットな状態が続く様になってしまった。

だがオーストラリアを訪れた時にもし、キラーが炸裂していたら、勇気を出して入ってみるのも良いだろう。キラーのチューブをメイクした際は、永遠に自分の心に刻まれる記憶になるだろう。ケリーがオーストラリアで最も好きなポイントはキラーと言うほど、かつては完璧なバレルを作り出していた伝説のポイントである。

SCU(Southern Cross University)サザンクロス大学

southern cross university(scu)

そしてこのオーストラリア最強のポイントのすぐ近くに位置する大学が、SCU(Southern Cross University)で世界で唯一「Surfing Studies」というオーストラリアの国立大学で認められている学部があることでも有名。有名なサーフポイントでもありながら、サーフィンの大学卒業資格が取得出来るという事もあり、世界中からサーフィンを愛している生徒が入学してくる。

授業は一般的な海の知識やサーフィン中のマナーやルール。さらにサーフボードの作り方やサーフィン業界でのマーケティングや経営論まで、サーフィンを通じて世界で戦える手法を学ぶことが出来る。

ちなみに筆者も同大学のMITHM(Master of International Tourism and Hospitality Management)というMBAと同等のホスピタリティ分野の修士課程を卒業しています。オーストラリアは日本と違い最短1年間で大学院の修士課程を取る事ができ、サーフィンが好きで留学を希望するならば、この大学を目指さない理由は他にありません。

もしこれを読んでいる方で、サーフィンをやっており、そのサーファーの天国の様な環境で学びたいという方は、是非この大学を留学先の候補に入れていただきたいと思います。

これが本当の、オーストラリアで出来る「サーフィン×留学」の最強版であることは間違いありません。サーファーにとって、世界最強の留学のDestinationです。