ブルーマウンテンズ特別進学セミナー開催!

bm-logo

実技主体の一流ホスピタリティを楽しくべるホテルスクール、ブルーマウンテンズの進学セミナーを開催いたします。「ホテルに就職したい!」「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」など皆様のさまざまな目的や要望に沿ってプログラムのご紹介をいたします。

なお、今回はオーストラリアから大学スタッフが来日します。年に1度のこの機会をぜひお見逃しなく!!

ブルーマウンテンズに興味をお持ちの方はもちろん、ホスピタリティ業界にご興味がおありの方はぜひお気軽にご参加ください!

ブルーマウンテンズのおすすめポイント

  • オーストラリアにありながら、スイス式ホスピタリティを学ぶことのできるホテル専門大学です。
  • ビジネスを学びながら、実技とインターンシップを通して実務経験を積むことができるので、卒業後に即戦力となる能力の高い卒業生を業界に送り出しています。
  • 専属のキャリアサポートチームによる就職活動のサポートも手厚く、海外での就活方法(面接方法や履歴書の書き方)の指導など在学生を徹底サポートしています。
  • 学生の目線にたったプログラムとサポートの提供を行っているブルーマウンテンズだからこそ、高い就職率を誇っています。
  • 学士号・修士号プログラムだけでなく、短期間の修了証プログラムもございます。

ブルーマウンテンズってどんな学校?

ブルーマウンテンズ

ブルーマウンテンズはアジア&オーストラリア地区でNo1(世界ランク7位)に選ばれた名門ホテルスクールです。

ホスピタリティ業界との繋がりが強く、就職率は昨年度95%(進学・その他5%)また卒業生の70%が5年以内に管理職に昇格、と高い実績があります。

オーストラリア&アジアNo1ホテル専門大学BMIHMSでスイス式ホスピタリティを徹底的に学ぶ!2年半で学士号をスピード取得

ホスピタリティ進学に興味のある方は今回の特別無料セミナーへ!

セミナーではこんなことが聞けます

  • BMの学士修士プログラムの紹介
  • ホスピタリティとはどんなことを学ぶ専攻なのか
  • オーストラリアで学ぶメリットとは?(卒業後の就労ビザについて紹介)
  • 他の大学との比較(スイス式ホスピタリティ)

こんな方におすすめ!

  • 海外大学進学を目指す高校生
  • オーストラリアへ進学を検討中の方
  • 大学を休学して休学留学をお考えの方

セミナーについてよくある質問

Q1:スイス式ホスピタリティとはなんですか?
A1:スイス式ホスピタリティとは、ホスピタリティ発祥の地スイスが生み出した実践型教育プログラムです。経営学を学びながら、必修科目としてプログラムに組み込まれている実習とインターンシップを通して実務経験を積むことができます。

Q2:入学に必要な英語力はどのくらいですか?
A2:出願要件の英語レベルはIELTS 6.0 / TOEFL iBT 60です。

Q3:入学に必要な英語力スコアに満たない場合は入学できませんか?
A3:レウラキャンパスにて、集中英語プログラムを開校しておりますので、語学コースからスタートすることもできます。

Q4:大学の入学日は年何回ありますか?
A4:入学時期は年4回(1月/4月/7月/10月)ありますので、ご都合に合わせて、柔軟に入学日を決めることが可能です。

Q5:どれくらい前から準備をすれば良いのいでしょうか?
A5:出願書類の提出期限は設けられておりませんが、オーストラリアの学生ビザ申請にかかる時間を考慮して、3ヶ月前から準備をすることが望ましいです。

Q6:なぜ2.5年間で学士号を取得できるのですか?
A6:オーストラリアの大学は日本と異なり、3年制を採用しています。更にブルーマウンテンズは各学期ごとの休みを短縮し、短期集中的に勉強いただくことによって、2.5年間での学士号取得を可能としています。

カウンセラーよりヒトコト

國府 恵子

オーストラリアにありながら、スイス式ホスピタリティを学ぶことのできるホテル専門大学です。ビジネスを学びながら、実技とインターンシップを通して実務経験を積むことができるので、卒業後に即戦力となる能力の高い卒業生を業界に送り出しています。専属のキャリアサポートチームによる就職活動のサポートも手厚く、海外での就活方法(面接方法や履歴書の書き方)の指導など在学生を徹底サポートしています。学生の目線にたったプログラムとサポートの提供を行っているブルーマウンテンズだからこそ、高い就職率を誇っています。

國府 恵子

スイス式ホスピタリティを最高の環境オーストラリアで!

ブルーマウンテンズ特別進学セミナー
日程:2019年11月9日(土)11:00〜(受付:10:50)
場所:iae留学ネットオフィス »アクセスマップ
参加費:無料
持ち物:英語力証明書(TOEFL、IELTS、英検などのスコア)
※当日、ブルーマウンテンズへの入学基準を確認いただくことができます。英語力証明書をお持ちの方はご持参ください。

ブルーマウンテンズ特別進学セミナー報告

上記、11月9日に大学スタッフが来社されブルーマウンテンズ特別進学セミナーをiae留学ネットで開催されたセミナーのレポートです。

ブルーマウンテンズインターナショナルホテルマネージメントスクール(BMIHMS)は、オーストラリア&アジアNo1ホテル専門大学として近年日本でもその知名度をあげてきておりますが、2019年度のQSランキングでは、オーストラリア国内のHospitality&Leisure Management学科部門においてGriffith Universityを抑えTOP1となりました。

Hospitality & Leisure Management 部門

1位 Blue Mountains International Hotel Management School(BMIHMS)
2位 Griffith University
3位 The University of Queensland

なお、今回は修士号コースご希望の参加者の方が多かった印象ですがブルーマウンテンズインターナショナルホテルマネージメントスクール(BMIHMS) の修士号コースは年々人気が高まってきており特に Master of International Hotel Managementは、ハイレベルのプロフェッショナルスキルを持つ即戦力を採用したいという実際の企業からの要請に応えてカリキュラムがデザインされているのが特徴です。

そのため、すでにホテルマンとして働いている方の更なるキャリアアップのための進学としてはもちろんのこと、他業種、他学部からのキャリアチェンジをお考えの方にとっても、在学中に一から即戦力レベルの知識と経験を叩き込むことができる実践的な内容のため、結果、卒業生の就職率が95%以上、卒業生の70%以上が5年以内に管理職に昇格、という高いパーセンテージにつながっています。

こんな方にご参加いただきました

・大学4回生の大学院進学をお考えの方
・現在社会人で海外進学をお考えの方

セミナーでのQ&Aはこちら

Q.大学院コースのあるシドニーキャンパスとメルボルンキャンパスの違いはどんな所ですか?

A.シドニーキャンパスはシドニー中心地にあることから、より商業的な環境となります。
また、メルボルンキャンパスは、キャンパスをTorrens Universityと共有しており、よりキャンパスライフを実感できる環境です。
なお、修士号コースでは1学期単位でキャンパスを転校することも可能です。

シドニーキャンパス
https://www.youtube.com/watch?v=rs6CImGhupc&feature=youtu.be

メルボルンキャンパス
https://www.youtube.com/watch?v=8Ne8ZFf8eeA

Q.入学に必要な英語力IELTS6.0に満たない場合はどうしたらいいですか?
A.学士号コース希望の方はレウラキャンパスにて集中英語プログラムを開校しておりますので、語学コースからのスタートも可能です。
また、修士号コース希望の方は、提携しているTorrens Universityにて集中英語コースを組み合わせての進学プランニングも可能です。

Q.授業料は年間一括払いですか?
A.いいえ。多くのオーストラリアの大学は学年ごと、または半年ごとの学費支払いが一般的ではありますが
Blue Mountains International Hotel Management School(BMIHMS)は1学期(10週間)ごとの支払いになります。
そのため、多くの学生が在学中アルバイトやパートタイムジョブをしながら自身で学費の工面を行っています。

Q.卒業後は日本に戻ってくる人が多いですか?
A.いいえ。ブルーマウンテンズインターナショナルホテルマネージメントスクール(BMIHMS)卒業後は学士号コース、修士号コースともに2年間オーストラリア国内で働くことが認められる就労ビザ(Post Study Work Visa)が発給されますので卒業生のほとんどはオーストラリアに残り、現地のホスピタリティー業界での就労経験を積んでいます。その経験は、将来の国内外でのキャリアアップに大いに活かすことができるでしょう。

ブルーマウンテンズ特別進学セミナー報告まとめ

ブルーマウンテンズの大学スタッフは年1~2回来日しておりますので、次回開催は来年6月ごろの予定ではございます。

今回、残念ながらスケジュールがあわなかった皆様、また、海外や関東圏以外にお住まいの皆様のために、日本オフィシャル出願窓口では個別の無料相談会やテレビ電話(Skype)での無料説明会アレンジも行っておりますので、ご興味がおありの方はお気軽にお問合せくださいませ。