社会人留学のプログラム

大学卒業資格者の留学にはどのようなタイプの留学プログラムがあるのでしょうか。

大学を卒業して、社会人になり3〜4年を過ぎて仕事にも慣れてきた25歳〜30歳くらいの方からの相談は「このままこの会社で仕事を続けて行くのかしら」「英語ができればプロモーションできるのに」「今後のキャリアのためには専門分野の勉強と英語力アップが不可欠」などなど。

筆者自身も同じ経験がありました。現状打破を考え始める時期ですね。

大学院レベルを目指す

学士号を有している方にオススメは大学院レベルの勉強をすることなのですが、大学院と聞くと「学者の道へ」というような高いハードルをイメージする方が多く、皆さんちょっと尻込みしてしまうようですが、海外のそれは少し違います。

欧米の大学院にはプロフェッショナルスクールとも呼ばれている学部もあり、専攻分野によっては実践的な勉強をするプログラムも豊富にそろっています。MBAでよく知られているビジネスススクールや、弁護士を目指すロースクールなどです。

海外、特にアメリカは取得した学位によってサラリーが決まってくる学歴社会なので、このようなプロフェッショナルスクールが重宝されいています。プロフェッショナルスクールが人気なのは、勉強した内容(またそのレベル)と仕事内容が直結していることも理由の一つです。

学部課程で学習した分野を再度学士入学(要するに編入ですね)して勉強するのは意味がない(make senseしない)として推奨されません。看護師やアスレティックトレーナーなどを目指すということであれば、学士課程からの入学も考えられなくはないのですが、大学によっては2つ目の学士号(Second Bachelor)を目指す入学を認めない大学もあるくらいです。例えば、カリフォルニア州の州立大学は看護学部以外は認めていません。

このように、海外では、後ろ向き(または繰り返し)ではなく、志す分野を先に進めることを良しとしているのです。以上のような理由から、大学卒業資格を持つ方は大学院への進学を目指すことをおススメするのですが、やはり大学院留学の場合は、出願書類も入学基準もグッとハードルが高くなります。

英語力を図るテスト(TOEFL/IELTS)、大学院レベルのみ必要となる適正テスト(GRE/GMAT)、推薦状、志望動機書(エッセイ)、履歴書などなど準備にかなりの時間がかかりますし、出願時期も入学時の1年程度前になります。英語力の準備から始めるとなると1.5年〜2年程度の準備期間がかかります。

思い立ったら即行動、といかないことで挫折する方が多くおられます。

でも安心してください。大学院進学準備コースというものが存在します。

Graduate Pathway/Pre-Master's Program

昨今では、大学院準備コース(Graduate PathwayやPre-Master's などと呼ばれています)を提供する大学が増えてきました。英語力強化、GRE/GMAT対策、プレゼンテーションやパブリックスピーキングなどのスタディ・スキル、大学院課程の基礎科目を学びます。

このコースに修了すると大学院課程2年次に進級が保証されます。最短で2年〜2.5年で修士号取得が可能になるのです。

パスウェイやプリマスターコース対象の専攻分野は大学院によっても異なりますが、MBAを初め、会計学、マーケティング、ヒューマン・リソース・マネジメント、アートマネジメントなどのビジネス系、エンジニアリング系、コンピュータサイエンス、IT、英語教授法(TESOL)、国際関係論、犯罪学、コミュニティ心理学など多岐にわたります。

おススメのアメリカの大学院

  • オレゴン州立大学
  • コロラド州立大学
  • アラバマ大学バーミンガム校
  • マーシャル大学
  • セントルイス大学
  • 南フロリダ大学
  • ジョージメイソン大学
  • マサチューセッツ州立大学(ダートマス校/ローウェル校/ボストン校)
  • バーモント大学
  • ルーズベルト大学
  • ワイドナー大学

UC系エクステンションプログラム

uc

大学院は魅力的だけど2年間の時間と費用を考えると二の足を踏むという方もいますよね。そんな方にはカリフォルニア大学(University of California=UC)のエクステンションプログラムがおススメです。

UCはカリフォルニア州に10校あります。

  • UC Berkeley (カリフォルニア大学バークレー校/UCB)
  • UC Davis(カリフォルニア大学デービス校/UCD)
  • UC Irvine (カリフォルニア大学アーバイン校/UCI)
  • UC Los Angeles (カリフォルニア大学ロサンゼルス校/UCLA)
  • UC Riverside (カリフォルニア大学リバーサイド校/UCR)
  • UC San Diego(カリフォルニア大学サンディエゴ校/UCSD)
  • UC San Francisco(カリフォルニア大学サンフランシスコ校/UCSF)
  • UC Santa Barbara (カリフォルニア大学サンタバーバラ校/UCSB)
  • UC Santa Cruz (カリフォルニア大学サンタクルーズ校/UCSC)
  • UC Merced(カリフォルニア大学マーセド校)

この中で、iae留学ネットがおススメする社会人向けのプログラムは、UCB、UCD、UCLA、UCR、UCI、UCSD、6校のビジネス系プログラムです。

大学院レベルのサーティフィケートやディプロマプログラムを提供しており、期間も9月〜12か月でインターンシップも含まれています。9か月以上のコースを修了すれば、1年間有給で就労が可能なOPT(Optional Practical Training)を体験することもできます。

修士号ではありませんが、大学院レベルの科目を履修し、さらに現地での就労体験ができる人気のプログラムです。

UCアーバインとUCサンディエゴはTOEICでの出願も可能ですし、UCエクステンションの日本正規代理店である「UCエクステンションオンライン事業部」から出願する場合はTOEICの模擬試験でもOKです。

UCエクステンションオンライン事業部では、毎月UCエクステンション留学セミナーを開催しています。各大学とプログラムの比較検討ができる良い機会です。また、オンラインでの出願やビザサポートはもちろん、個別相談も全て無料で承っています。カリフォルニア大学のエクステンションと大学院を迷っている方も相談してみてください。