海外留学をするのに、年齢は関係ありません。学生時代に、海外留学をする人もいるでしょうし、就職して経験値を積んでから留学への意欲が高まったという人もいるでしょう。

最近では、リタイアしたのちに「シニア留学」という形で留学に臨む人も増えていると言われていることからも、大切なのは「いつ」留学するのかではなく、「何のために」「何をしに」留学するのかということではないでしょうか。

30歳という、人生において最も活動的かつ意欲的ともいえる男性が、パワフルに海外留学する方法を考えていきます。

社会人留学の目的設定

10代や20代の留学の目的といえば、「語学力を身に着けたい」「就職に役立てたい」などといった理由が多くみられますが、30歳を超えた大人の男性の留学は違います。

30歳ともなれば、既に自分の仕事でのポジションや人間関係は出来あがった状態かと思います。それでも留学を希望するには、それなりのピンポイントな目標設定が必要です。

留学決断の理由

もちろん「昔からの夢だった」「自分が何をしたいのかもう一度考えたい」など、自分と向き合う時間として海外留学を選択することはできるでしょう。

しかし、30歳を超えた男性がよりパワフルな留学期間を過ごすためにはそれだけでは物足りないとは思いませんか?

「海外留学を決断した理由」こそが留学を意欲的にするために、また、目的に向かって実り多い時間を過ごすために、必要不可欠と言えるのではないでしょうか。

夢の実現のため

例えばどんな「理由」が考えられるでしょう?

すぐに思いつくのは「夢の実現」のための留学です。会社員であれば、上司を見れば将来の自分が想像できると言われています。そこで改めて自分と向き合い今後の人生を見直す方もいます。

自分のなりたい姿を想像し、それに到達することを目的に留学するのも一つです。

真剣に遊ぶため

そうかと思えば「真剣に遊ぶ」留学もありでしょう。

30歳からの留学ともなれば、学生の頃に比べて自由に使えるお金がある方も多いと思います。人生の小休止として、多少派手に遊び、普通の会社員ではできないような経験をしてみましょう。

その経験が刺激となり、人生を彩り、今後に役立つことが意外とあるものです。

結局のところ、どんな仕事に就こうが人との関わりです。面白いやつだなと思われる人になれれば仕事のチャンスも増えるのです。

留学までの時間の使い方

30歳で海外留学に行くのであれば、社会人生活にも慣れ、仕事とプライベートを上手く使いこなしていることでしょう。だからこそ、留学までの毎日を「パワフルに留学する」ことを目標に過ごすために、同時間をやりくりすればいいかも若い頃よりは考えやすいのではないでしょうか。

ある日急に海外留学したくなった…という方には難しいですが、30歳で留学する方の中には、昔から海外に憧れを抱いていたり、海外留学に興味があったという方なので問題ないと言えます。

留学の期間が短ければ短い程、留学期間中に語学力を身に着けたり多くのことを経験することは難しくなります。現地で少しでもパワフルに!より多くのことを習得するためには、海外留学までの時間の使い方を考えましょう。

社会人留学の経験談

30歳からの留学をパワフルにしたいと考えるのであれば、もっとも効果的な方法があります。

それは、30歳から海外留学した人の体験談を知ることです。30歳からの海外留学経験者はあなたがこれから経験するであろうことをすでに経験しています。その体験談が参考にならないわけはないのです。成功体験、失敗体験、そのすべてが参考になることでしょう。

後悔が残らない選択を

人生は一度きりです。だからこそ「あのとき留学しておけばよかった」「留学する時期を逃してしまった…」というタイミングを逃すことは一生の後悔として残ることになるでしょう。

もちろん、30歳という仕事に、プライベートに充実している時期に全てを投げ打って海外留学を選択することは簡単ではありません。しかし、まだまだ30歳。やる気や強い気持ちさえあれば何でも始められる時期です。

社会を経験し、プライベートも充実している30歳だからこそ、若い頃とは違った「パワフル」な海外留学が可能となるのです。