今話題のワーキングホリデーをオーストラリアでしている人たちをみて思ったことを率直に書いてみたい。「あくまでも」ひとりの大学生のひとつの視点である。

ワーキングホリデーを使用する人の傾向

まず初めに、ワーキングホリデーを使用する人の傾向をまとめてみたい。

私の大学の友達も、何人かがワーキングホリデーというビザを取得し、オーストラリア、カナダへと飛び立った。私がオーストラリアに滞在中に出会ったワーキングホリデーをしている人は、四捨五入で30代という人が多い気がした。

今回はこの2つのケースで私の体験をお話する。

私の友人たちは、まず語学学校に通った後にローカルなカフェやホテルの受付、美容室のアシスタントとして働いていた。

しかし、後者の30代のワーキングホリデーは大体ジャパニーズレストラン(=ジャパレス)で働いていた。

なぜワーキングホリデーに行くのか

なぜワーキングホリデーに行くのか
何かがしたい、という明確な目標は彼らからは感じられず、とりあえず語学学校に行き、英語を学び、主に韓国や中国やコロンビアなどから来た同じような留学生と仲良くなる。

ここで一つ気になることは、なぜ語学学校に行くのか、ということである。

なぜなら同じ留学生の立場である人と、お互い第二言語を使って会話するからである。

もちろん母国語ではないところに醍醐味があるのかもしれないが、同じ様なことしか言わない外国人と会話をしていたところでハイレベルな英語は身につくとは思わない。

基礎レベルの会話を語学学校で身につけ、とりあえず外国人の友達を作り、ジャパレスで働く30代は何を求めて外国の地にいくのだろうか。

ワーキングホリデーに行くもう一つの理由

couple

30代と聞くと、男女ともども結婚適齢期であると感じる。

したがって、ワーホリの人たちと話していても婚活の話題になる。幾つであっても恋愛話には国境問わず花が咲くのが人間である。

特に日本人はいわゆる「外人」と付き合いたいと思っているように感じ、それはとりわけ女性に多く、理由としては白人を連れて歩きたい、永住権がほしい、などをよく耳にした。

オーストラリア滞在中も何組もの国際カップルが誕生していたが、結局は日本人のこういう謙虚な心、優しさや気遣いが、他国の人にはないものだからではないか、と気が付くと共に、日本人男性にはないスキンシップやサプライズなどで、日本人女性はメロメロになっていくように感じた。

お国柄と呼ばれる性格が両方にないもの同士惹かれあっていくようだ。

異国の文化や英語習得を目的として行くワーキングホリデーではあるものの、出会いの場としてもうひとつの目的があるのではないか、と思った。

まとめ

ワーキングホリデーと結婚

大学生で行くならともかく、社会人として数年働いた後に退社して行くワーキングホリデーは、いつどこで出会っても I’m Readyな状態で、婚活の1つとしてワーキングホリデーがあるように感じてならない。

少なくとも私の出会った人たちはそうだった。

多分それで良いんだろうと思う。