「ハッキリとした夢はまだ持ってません。でも留学してみたいです。」
こういった意見を私は尊重します。結構多いです。鼻で笑われることもあるようです。

夢を持っていることが悪いとは言いません。むしろ良いことだと思います。でも、だからと言って夢を持ってない人を否定するのはいかがなものかと…。

ネットで留学に関する読み物を見ていると、たまにですが「夢もないまま留学するのは危険」だとか「留学は目的ではなく夢をかなえる手段だ」とか書かれていました。

もちろんそれも一つの意見だと思いますが、私はすべてが全てそうだとも思いません。そもそもそんなにハッキリ明確な将来の夢を持ってる人ってどれくらいいるんでしょうか?

います?いやーあんまりいないっしょー。

以前このコラムでもお話した中に「スタートとゴールだけしっかり決めましょう」という話につながりますが、私は「留学は目的がすべて」だと思っています。

ゴール/目的は夢とかそんなに大袈裟じゃなくて構わないと思います。

「最近仲良くなれそうな外国人ともっといっぱい話したい」とかでいいんじゃないかと思います。
「まあ英語ぐらいしゃべれないと…と思って」とかでも良いと思います。
外国語に興味さえあればそれは立派な目的ですよ!

なんにも考えずにとりあえず留学するのはたしかに危険です。そこに目的が無いですから。留学を「自分探し」の場所にするのはかまいませんが「目的探し」の場所にするのはオススメしません。

「コレぐらいまで英語力上げたいなー」とか「就職活動に使おうかな」ぐらいでも立派な目的です。別に、英語レベルを上げること自体は夢じゃないでしょ?就職活動に留学経験を使うことは夢じゃないでしょ?そういうことです。

行く前から「こういう自分になりたい!」とか「絶対〇〇になる!」とかハードル上げまくって留学すると、多分ですけど、打ちのめされると思います。もっと力抜いても良いのかなと個人的には思います。

いきなり日本語も通じず、環境も生活も劇的に変わるわけですから、何も発見せずに帰ってくるわけがないと思います。何も考えずに毎日を過ごせるわけありませんよ。ホントに。

私、壮絶でしたもん。

そのおかげで、留学体験が最高の財産になったと思います。社会で巻き起こるだいたいのことはイージーモードです。

「私は3ヶ月後に英語ペラペラになっているはずだ!」「世界中に友達がたくさん出来て素晴らしい人生になるはずだ!」「ビジネス英語が完璧になって一流企業に入っているはずだ!」

ってそんな力んでたほうが危ない気がするんですけどね。

年齢的に行きそびれて後悔するぐらいなら、ガッツリお金貯めて、楽しんでくればいいと思います。お金に余裕を持って、語学の勉強だけサボらなければ、あとは楽しい事しかないと思います。

親やネットも含めた「他人の偏見」に負けないで下さい。

あなたの「ちょっとした興味」はれっきとした「留学目的」です。なので明確な夢がなくても安心して下さい。海外留学は夢より目的が大事です。

留学経験者として、留学と夢を一緒に語るのにどうしても違和感があったもので…。 今もし悩んでいる方がいらしたら、私たちも含めて、留学経験した人に相談してみてください。

たぶん、ガチガチの夢を持って挑んだ人は少ないと思います。無理やり設定する夢よりは、今のあなたの「なんか気になる」というような「興味」の方を大事にして下さい。

(夢より気合のほうが必要かもよ)

合わせて読んでみてください
留学は目的から先に決めるべき?成功する留学とは。
留学先、留学目的によってビザも変わる。意外と知らないビザの種類。
最速でキャリアアップ、社会人留学とはなんなのか?目的、費用、タイプ、国別に解説します