初めまして。ショーダイです!僕は20歳になった夏に渡米し、ジョージア州のケネソー州立大学というところで1年間勉強しました。現地の学生たちと一緒に授業を受け、マーケティングや心理学などを学びました。

もちろん、留学前には色々な不安がありました。でも終わってみれば、「行って良かったな。」と毎日のように思います。ですから、もし留学に行くかどうか迷っている人がいたら、僕はぜひ、トライしてみてほしいな、と思います。

通学途中、いつもの電車で留学を思い立つ

そもそも、どうして僕は「留学に行こう!」と思ったのか。その理由は単純で、「今しかない!」と思ったからです。

大学2年生になった僕は当時実家から電車で通学していました。毎日の通学途中、電車の中でぼーっと外を眺めているときにふと思ったのです。

「僕はこの生活をあと2年、卒業するまで続けるのか?」

そして、会社員になればこれが何十年も続くのか、と思った瞬間にとても怖くなりました。社会人になった後に休職して海外留学する人も多いですが、なかなか簡単なことではありません。

自分が好きなことを好きなだけ勉強できるのは今だ!ということに気が付いたのです。

留学はしたい!でも留年や休学はちょっと…

留学を決意してから、自分が最短で留学できる方法を探し始めました。しかし、僕は休学や留年をして留学をするということはできませんでした。費用面でそこまで余裕がなかったからです。

そこで僕が目指したのが交換留学です。

これなら、現地で取った単位を帰国後に変換できる。つまり、留年する必要がない!これは決め手でした。(大学によって単位変換のルールは異なります。)

僕はTOEFLを勉強して大学の交換留学プログラムに応募。無事面接に受かり、個別協定先のケネソー大学へ行くことができました!

留学はしたい!でも留年や休学はちょっと…

いざ、アメリカへ。留学生の暮らしはどんな感じ?

それではアメリカでの留学生活はどんな風だったのか、簡単にではありますが紹介したいと思います。

大学キャンパス内にある寮で暮らしていました。リビングとキッチンは共有ですが、シャワー付きの個室がありました。一緒にシェアをしたのはドイツ人、韓国人、パキスタン人のルームメイトでした。

中々楽しかったですが、問題もたくさんありましたよ。例えば、韓国人ルームメイトはよく冷蔵庫の中の僕の食糧を食べていました(笑)ある日、僕が発見して問い詰めると「これは韓国の文化だ!」と言い張り、謝ろうとしませんでした。

留学中はこうした問題も英語で解決しなければいけません。今思えばそれがとても良い勉強になったと思います。

食事

僕のキャンパスは田舎にあり、スーパーが遠かったので毎日キャンパス内のカフェテリアに通っていました。ハンバーガーやポテトが毎日のように出てくるところで、帰国時には体重が5kgも増えていました!

授業

基本的にアメリカの大学は1セメスターに4つまでしかクラスをとることが出来ません。そして、同じクラスが週に2~3回あります。中には1セメスターの間、同じグループで1つのプロジェクトに取り組むことがあり、これは中々大変でした。

途中、メンバー間で喧嘩が起こったり、最初は自分の意見が主張できなかったり、授業に行くのが憂鬱な時もありました。

しかし、こうした問題をどう解決するかを評価する教授も多くいます。チームのグレードが悪いと自分のGPAも落ちてしまうので、みんな本気です。「英語が出来ない」が理由にならない環境で、ネイティブの学生に必死についていったことで気づかないうちに英語力はとても上がったように思います。

休日・ホリデーシーズン

休日はジムに行ったり、来週の授業の予習をしたり、友達の家でパーティをしたり、とても充実していたのを覚えています。長期休暇にはクリスチャンの方々が主催するホームステイプログラムに参加し、2週間をオハイオ州で過ごしました。クリスマスを教会で過ごした経験はとても特別なものでした。

楽しいイベントばかりでしたが、友人と行ったハロウィーンパーティでは怖い思いをしました。

知人の家におよそ100人近くが集まったのですが、あまりの騒音のため警察がやってきたのです!僕はただ外に出るように言われただけで事なきを得ましたが、中には未成年で飲酒やドラッグをやっていた人もいたみたいでした。

全てが自己責任の国ですから、自分の安全は自分で守らないといけないな、と感じた瞬間でした。

留学に行ってココが良かった!

あくまで個人的にですが、自分が留学に行って本当に良かったと思うことを幾つか挙げてみます。

自分が「どう生きたいか!」を真剣に考えるようになった

現地で知り合った人たちと話していると「自分はこう思う。」と自分の意見をしっかりもった人たちがたくさんいました。

またアメリカで働く日本人の方々と会い、とても刺激を受けました。

アメリカには色々な生き方のモデルがあり、「自分はどういう人生にしたいのだろう。」と考える機会がたくさんありました。また色々な生き方があるのだから、自分も自分らしく生きていこう、という気持ちも強まりました。

異文化包容力がついた!

よく異文化理解力という言葉がありますが、僕はアメリカにいた時に「理解」をするのは無理だ、と思いました。それでも相手の意見をリスペクトして、受け入れることならできるかな。と思いました。受け入れる、という心で相手に接することで日本にいた時よりも、柔軟な心構えになれたかなと思います。

家族や親友をもっと大事にしようと思った

ホームステイでクリスチャンの家族と2週間を共にしたときに、彼らがいかにお互いを思いやり、感謝の言葉を口にしているかを目の当たりにしました。

日本には「察しの文化」があると言われます。口に出さずとも気持ちは伝わる、というのが美徳とされる傾向にあります。それでも日々お世話になっている家族や友人に感謝の気持ちを伝えるのは大事なことだな、と学びました。

家族や親友をもっと大事にしようと思った

留学を考えているあなたへ

留学をしたい理由は人それぞれあると思います。しかし、それは立派な理由である必要はないと思います

僕だって最初は「大学で英語を専攻しているのだから留学ぐらい行っておかないとなぁ。」となんとなく思ったのがきっかけです。

実際に留学に行き、色々な経験をしている間に「あぁ、きっと僕はこういう経験がしたくて留学に来たんだなぁ。」と気づくことの方が多かったように思います。

ですから、理由なんて後付けでいいじゃない!と僕は思います。

まずは留学に行きたいという気持ちを大切にして、どうやったら実現できるのかを考えてみませんか?

"Try or Cry."

ただ考えているだけでは何も始まりません。まずは一歩を踏み出してみてくださいね。