日本でもすっかり海外進学留学が当たり前になってきました。

国際化の進む今、英語ができることはもちろん、海外のカレッジや大学で勉強することで身に着くビジネススキルや専門知識は日本企業だけでなく外資系企業でも求められるもの。

アメリカにはコミュニティカレッジという学校があり、そこから大学への編入を経て大学卒業資格、バチェラー(学士号)の取得が可能となっています。

英語力がなくても、高校の成績がいわゆる普通なものであっても入学できるコミュニティカレッジは日本人にとってありがたい存在ですが、実際にアメリカに進学しても行きたいと思っていた名門大学への編入はなかなか叶うものではありません。

今回、iae留学ネットがご紹介するUniversity Bridgeプログラムはそんなアメリカ進学を考えるあなたに大学編入を保証してくれます。

入学資格や編入学先の大学について紹介します、アメリカ留学を真剣に検討中、または海外進学したいけど、どこの国に行きたいか迷っているあなた、必読です。

アメリカ進学留学に便利なUniversity Bridgeプログラムとは?

University Bridgeというのは、アメリカにあるコミュニティカレッジのいくつかで勉強、規定のGPA(Grade Point Average、成績平均点)で修了すると、希望する大学への3年次編入を保証してくれるというものです。

アメリカのコミュニティカレッジから4年制大学への編入留学は日本でも知られるようになりましたが、その実情についてはあまり知られていません。

アメリカのコミュニティカレッジは求められる英語力がそこまで高くなく、優秀な成績が必要ではないことから入学すること自体はとても簡単です。

日本で大学受験に失敗したから海外を目指す人もいますが、日本の受験英語ではなく、求められるのは海外の大学で学ぶためのアカデミック英語。

TOEFLやIELTSといった難解なテストで高いスコアを取得しなければ、コミュニティカレッジの英語コースからいつまでも抜け出せないまま、時間が過ぎていきます。

留学費用がかさむばかりで最終的には志半ばで日本へ帰国、という留学生も少なくないということを知っておいてください。

その上で、あらかじめ海外進学のため準備を進め、TOEFLやIELTSのスコアを取得しているあなたにUniversity Bridgeプログラムを是非、ご検討いただきたいと思います。

University Bridgeプログラムで進学できる大学について

University Bridgeに参加するとどんな大学に進むことができるのでしょうか。

その一例が、カリフォルニア大学(UC)です。

カリフォルニア州の州立大学であり、世界大学ランキングでも上位にいくつも出てくるカリフォルニア大学ですが、Univesity Bridgeなら以下のキャンパスへ進学することが可能。

  • UCSB、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(世界大学ランキング30位)
  • UCI、カリフォルニア大学アーバイン校(世界大学ランキング33位)
  • UCD、カリフォルニア大学デービス校(世界大学ランキング38位)

その他にもアメリカにある多くの大学へ進学することができる、University Bridgeプログラム。

以前紹介させていただいたページで進学できる大学を紹介しています、是非ご参照ください。

University Bridgeプログラムを選ぶメリット

University Bridgeプログラムは、提携している大学への編入学保証以外に以下のメリットがあります。

University Bridge専門アドバイザーによるアメリカ進学留学サポート

University Bridgeプログラム参加者は、経験ある専門アドバイザーから、アメリカで希望する大学へ進むため、留学生活で普段から心がけるべきポイントや授業をはじめとする学校生活について相談でき、適格な助言をもらうことができます。

学生寮滞在が可能です

ご紹介しているコミュニティカレッジへ進学する場合、多くは学校が紹介するホームステイ業者に滞在先を依頼、最初の3か月程度ホームステイをしてから、シェアアパートで暮らすことがほとんど。

University Bridgeプログラムに参加する場合、各カレッジ最寄のアパートでの滞在が最初から可能です。

お部屋の種類は校舎によってことなりますが、24時間の警備、清潔に管理されている学生寮は高い評価を得ています。

参加するために求められる語学力や成績について

University Bridgeプログラムに参加するために必要な語学力や成績、その他について以下、紹介していきます。

アメリカ進学、University Bridgeの出願要件表

学校CSVCOMSMCPVCC
語学力TOEFL56
IELTS5.5
TOEFL61
IELTS6.0
TOEFL45
IELTS5.0
TOEFL61
IELTS6.0
高校の成績GPA2.0以上
SAT*不要
年齢16歳以上17歳以上16歳以上17歳以上

表内の学校名は以下です。

  • CSV:California Silicon Valley,College of San Mateo
  • COM:College of Marin
  • SMC:Santa Monica College
  • PVCC:Piedmont Virginia Community College

SAT(Scholastic Assessment Test)、というのはアメリカで大学進学をする場合に現地アメリカ人高校生も受験する学力テスト、もちろん問題はすべて英語で出題されます。

読解力やライティングスキル、数学からなるテストで2,400点満点、アメリカの大学直接出願をする場合には受験して高いスコアを取得する必要があります。
(University Bridgeからのスタートであれば表のとおり、不要です)

日本の高校を卒業したときの成績が平均以上(2.0というのは4段階評価なので、あなたの通う高校の成績が5段階なのであれば全教科(体育や美術、音楽など含む!)平均で3.0以上あればOK)で、高校卒業までにしっかりと英語力さえ身に着いていれば、Unibersity Bridgeには参加できる、ということです。

気になる留学費用はどのくらいかかる?

あらかじめ言っておきますが、アメリカに限らず、海外進学留学はお金がかかるものです。

University Bridgeプログラムの場合、どのくらいの留学費用が必要になるか見てみましょう。

アメリカ進学、University Bridgeに必要な留学費用概算

学校費用US$26,450~US$30,550
滞在費用US$16,250~US$21,000

入学時期(春学期1月、または秋学期9月入学いずれか)により費用が異なりますが、秋学期スタートで考えた場合、1年あたりUS$51,550(日本円で約562万円、2020年1月海外送金レートで換算)が必要となります。

アメリカ進学に向けてUniversity Bridgeについてもっと詳しく知りたいなら

いかがでしたでしょうか、アメリカ・コミュニティカレッジ進学で大学進学先を保証してくれるUniversity Bridgeプログラムは「頑張って成績を残せば、希望する大学へ進学できる」という心の目標を持つことができます。

もっと詳しく知りたいというあなた、iae留学ネットではメールでのご相談はもちろん、スカイプまたは直接、東京本社(JR恵比寿駅徒歩1分)でのカウンセリング、さらには学校出願手配も無料です。

是非お気軽にiae留学ネットまでお問合せ、ご連絡くださいませ。