カナダに留学するといっても方法はいろいろあります。語学留学やワーキングホリデー留学など最近ではプチ留学と言うのもよく聞きます。これらのカナダ留学は1年程度の期間があればすべてできてしまうものです。

では正規留学はどうでしょうか?

正規留学とは

英語力向上のために語学学校へ通う「語学留学」とは違い、大学、大学院、専門学校などの教育機関に、学位取得、修了、卒業などを目的とした留学のことです。

1週間から気軽に行ける語学留学に比べ、入学時点で、学力や英語力のきちんとした条件が設けられています。

この正規留学(別名、学位留学)は、他の留学方法と比べるとお金も時間もかなりかかる事で知られています。今回はこのお金がかかるはずの正規留学で、どこまで費用を抑えられるかをお伝えしようと思います。

学費節約!カナダ留学!

日本の大学から学位を移行する

正規留学と言えば確かにお金も時間もかかるのですが、あなたが日本の大学で学位を取得していると話は違います。なぜならその中のいくつかのクレジットをカナダの大学に移行できることがあるからです。

この場合は結果的にカナダの大学で取らなければいけない単位の数が少なくなりますので、その文化用期間が短くなり、結果として学費をいくらかカットすることができるのです。

奨学金を使う

日本でいくつかの機関では奨学金を使って海外に留学する事ができるプログラムを学生に提供している所があります。有名なところで言えばJASSOはよく知られているのではないでしょうか?確かに奨学金と言われるだけあって狭き門ですがかなりの額を支援してもらえるとあってチエックしてみる価値はあるでしょう(貸与型と給付型があります)。

また機関によっては難易度は余り高くないのに、そこそこ奨学金が出るような機関も多々あるようです。例えばIELTSが出している奨学金は英語力の応募条件が6.0とそれほど高くないのも特徴の一つです。

学費の安い大学を選ぶ

カナダの4年制の大学はすべて公立の大学です。すべて公立の大学にもかかわらず学費が州ごとによって異なります。リサーチした結果、州によって学費が倍以上も変わることがわかりました。

例えば学費が一番安いと言われているニューファンドランド州の学費は約CA$10,000(1年間)、さらに一番高いと言われているオンタリオ州の学費はCA$30,000(1年間)でした。

つまり同じカナダの大学でも進学する場所によって学費の違いがかなり出ると言う事になります。またニューファンドランド州はオンタリオ州に比べても生活費が安いために実際には生活費もオンタリオ州に比べると安くなりそうです。これを4年間となるとかなりの差が出てくるわけです。

カナダの永住権を取得する

正規留学費用を抑えようとあれこれ考えてきましたが、この永住権を取得する方法がダントツで一番学費を節約できそうです。永住権取得となるとその響きからハードルが高い用に思えますが、移民大国のカナダだけあって州によっては永住権の取得がそれほど難しくないようです。

例えば、カナダで介護の仕事を1年間すれば永住権の取得が可能なプログラムや2年制の大学を出た後に仕事(どのような仕事でもOK)を1年間するだけで永住権を申請できるプログラムを出している州もあります。

永住権を取得してから大学などに戻ると留学生ではなくカナダ人と同じ学費で勉強することができます。それはつまり学費が留学生と比べて約4分の1程度に下がる事になります。

さらにその上、あなたが学生ならばカナダ政府から毎月いくらか支援金が受けられます。これを受けるには成績がある程度求められますが、日本で奨学金を取得する難易度からすればかなり簡単です。

カナダ正規留学で学費を抑える方法まとめ

できるだけお金をかけない正規留学と言う事で書いてきましたが、やはり正規留学と言う事だけあって学費をすべて奨学金で補う事は日本全国でトップレベルの学力がないとかなり難しいと言えるでしょう。

しかしながらカナダで永住権を取得すると学費がかなり下がる上に生活費までも出ると言う事で永住権の取得を真剣に考えても損はないと思います。