今世紀初頭からあらゆる分野で進むIT化。

IoT、Internet of Thingsと呼ばれるモノのインターネットやAI(人工知能)はどんどん改良が進んでいます。

そんなIT産業の中心地はアメリカにあるシリコンバレー、サンフランシスコ南部のベイエリア。

次世代を担う学生の多くが一度はこのシリコンバレーに触れてみたいと思っているはず。

iae留学ネットではそんなシリコンバレー周辺にあるおすすめの語学学校を3つ、厳選しました。

これらの語学学校に短期でも参加している間に是非一度、GoogleやFacebook、Appleといった世界でも最先端を走る企業を見にいってみてはいかがでしょうか。

アメリカ、シリコンバレー留学について

おすすめの語学学校を紹介させていただく前に、そもそもシリコンバレーってどこ?というお話をさせてください。

アメリカ・カリフォルニア州、ゴールデンゲートブリッジで有名なサンフランシスコはアメリカ3大都市のひとつであり、留学だけでなく観光地としても非常に有名です。

アメリカ留学という視点で考えるとダウンタウンには語学学校が集中、また近郊には世界大学ランキング常連の州立大学、カリフォルニア大学バークレー校私立のスタンフォード大学があります。

スタンフォード大学ではアップル創始者、スティーブ・ジョブズが生前、有名な卒業式のスピーチを行いました。

シリコンバレーにはそのアップル社やマイクロソフト社、グーグル社といった世界を代表するIT企業があり、世界中の留学生が非常に高い関心を持っている地域と言えます。

ではそのシリコンバレーとはどのあたりを指すのか、と言うと、サンマテオからサンノゼにかけた湾岸地域となります。

シリコンバレーの位置

シリコンバレー周辺でおすすめの語学学校その1、ECサンフランシスコ校

語学学校EC(EC English Language Schools)はヨーロッパ、地中海に浮かぶマルタ島に本部を置き、アメリカ、カナダ、イギリス、マルタ、アフリカ5カ国に語学学校を展開する大型の教育機関です。

毎年約40,000人を超える学生をサポートしており、英語コースも、初級コースからアカデミックのコース、大学進学、テスト対策等、さらには30歳や50歳といった年齢制限プログラムや夏休み、中学生・高校生向けのジュニアプログラムにも注力しています。

基本的に一般英語コースは毎週月曜日スタートとなります(一部コースは開始日が指定となります、ご留意ください)。

ECサンフランシスコ校は創造性と先進性に富んだ街、英語力だけでなく自分の可能性を広げたいと思っているあなたにおすすめ。

Bartと呼ばれるサンフランシスコ国際空港から北へ延びるライン、サンフランシスコダウンタウンからシリコンバレーを縦断し、サンノゼ以南まで伸びるCal Train、さらにはバスも利用できることから交通インフラが整い、学校への通学も非常に便利です。

夏休みはさすがに増えてしまうのですが、その他の時期、語学学校ECは日本人比率がやや少なめなのもおすすめのポイントのひとつ。

語学学校ECサンフランシスコ校では、ボランティアなどのアクティビティも豊富、さらに英語プログラムに規定期間ご参加いただくことで現地企業での無給職業体験も可能となっています(English in Actionというプログラムになります)。

4週間または8週間の構成となっており、4週間の英語レッスンの後、初中級以上の英語力があればご参加可能、語学学校ECスタッフと面談の上、受け入れ先が決まります。

その他、ECサンフランシスコ校はビジネス英語(参加資格としてTOEIC400以上)に定評があり、実践的なビジネス英語を身に着けられることから人気を博しています。

おすすめの語学学校その2、ELSシリコンバレー校

アメリカ最大の語学教育機関、語学学校ELSは厳格な教育方針の下、質の高い英語教育を提供しており、特にコミュニティカレッジ、大学進学のための語学準備に強い語学学校として広く知られています。

ELSシリコンバレー校はシリコンバレーの主要エリア・クパチーノにあり、道路を挟んだ向かい側にはカリフォルニア大学バークレー校への進学率の高さで知られる、デアンザカレッジがあります。

そのデアンザカレッジだけでなく、アメリカにある多くのコミュニティカレッジや大学と提携しており、規定英語レベルを修了することで各学校の求める英語要件、TOEFLやIELTSのスコアなしでの入学が可能。

同時にそのTOEFL、IELTSの公式試験会場にもなっており、休学・認定留学でこれらのアカデミック英語試験スコアを結果として持って帰りたい場合、同じ校舎内で受験できるのは非常に便利ですね。

語学学校ELSは何より、アメリカやカナダで進学留学を考えるあなたに本当におすすめ。

コース開始日は月に1度、4週間毎となっており、アカデミック英語コースでは午前半日は一般英語を学び、午後は徹底してアカデミック英語を学ぶことができます。

その他、アクティビティとしてボランティアへの参加も可能、オプションでシリコンバレー企業巡りツアーにも参加できるのも嬉しいですね。

アカデミック英語コースの他、社会人のあなたにはエグゼクティブプログラムをご用意、午前中はグループレッスン、午後はマンツーマン・プライベート英語レッスンを受講できます。

シリコンバレーでおすすめの語学学校その3、Stafford Houseサンフランシスコ校

1952年に設立、60年もの歴史を誇るイギリス発祥の老舗の語学学校Staffod House International北米、アメリカ3大都市のひとつに校舎を置くことになりました。

現在、アメリカの4都市、カナダの2都市、イギリスの4都市に校舎数を展開中。アットホームな雰囲気で学校スタッフ・講師陣と先生の距離が近いのも魅力です。

授業の75%がコミュニケーションに焦点を当てられており、とにかく話すこと、ディスカッションに重きを置いているので、コミュニケーション能力向上を目的とした方におすすめ、コース開始日は毎週月曜日となります(特定のプログラムはコース開始日が指定されています)。

リニューアルされたおしゃれな校舎は設備も整っており、英語の勉強に集中することができます。

Stafford Houseの一番のおすすめ理由はアンリミテッドプログラムがあること。

一般英語、ビジネス英語、その他各種プログラムへ自由に切り替えることができ、変更手数料等不要、さらにレッスン費用も長期割引が適用されているのでおトクです。

最低12週間からのこのプログラム、サンフランシスコへの中期~長期留学をお考えのあなたにおすすめです。

ビジネス英語、アメリカ・サンフランシスコでの無給就労経験を希望するなら、このアンリミテッドプログラムでビジネスサティフィケート、キャリア準備コースに参加しましょう。

各語学学校の学校費用を比較してみました

ご紹介させていただいたEC、ELSおよびStaffordの学校費用を期間別4週間(約1か月)、12週間(約3か月)および24週間(約半年間)それぞれに算出、比較表にしてみました。

EC、ELSおよびStafford学校費用比較一覧表

学校名ECELSStafford
4週間US$3,846US$3,941US$3,665
日本円約427,000円約437,000円約407,000円
12週間US$10,326US$10,281US$9,905
日本円約1,146,000円約1,141,000円約1,099,000円
24週間US$19,626US$18,861US$18,545
日本円約2,178,000円約2,094,000円約2,058,000円

いずれも週30レッスンの平日午前・午後とも英語レッスンとなるフルタイムコース(4週間からのご参加でも学生ビザが必要、もし短期でビザ不要のパートタイム(平日午前または午後のみ英語レッスンをご希望の場合にはお問合せください)での計算となります。

滞在方法はホームステイ個室、朝・夕食付、サンフランシスコ空港ご到着時の空港出迎えサービスも含まれています。

※上記費用は2020年1月現在の海外送金レート(T.T.S)にて算出

上記以外のお日にちでのお見積り等ご希望の場合にはお気軽にiae留学ネットまでご連絡くださいませ。

シリコンバレー留学にご興味がおありなら、ぜひ一度、お問合せください!

いかがでしたでしょうか、アメリカ・カリフォルニア州、シリコンバレーへ留学をご検討されていらっしゃるなら是非一度、iae留学ネットまでお問合せください。

上記学校はiaeの提携している語学学校であり、手続き費用は無料、さらに長期留学ならiae奨学金の併用で費用をぐっと抑えることも可能です。

あなたからのお問合せを心よりお待ちいたしております。