スイスのホスピタリティマネジメント学とは?

ホスピタリティマネジメント学とは?

ホスピタリティマネジメント学は、古くからスイスを中心に研究を重ねられてきました。もとよりスイスは観光立国であったため、世界中から訪れる観光客に対するサービス環境が発展したことでホスピタリティ発祥の地として確立され、その技法を伝える教育機関が多く設立されました。

今も尚、スイス式のホスピタリティは世界基準として認識されており、ホスピタリティを学ぶにはもっとも適した場所といえます。

現在のスイスにおいて、ホスピタリティマネジメントを専攻できる大学は3校のみですが、これらはホスピタリティマネジメントの分野において世界をリードしています。

実践授業、そして経営学を軸とした幅広い教養と経験が得られる学問である為、就職先の業界も非常に多岐にわたるのが大きな特徴です。また、スイス式のホスピタリティマネジメントは、イギリス、スペイン、アメリカ、中国等でも提供されており、更なる異文化環境に身をおいて学べる道も用意されています。

スイスのホスピタリティ・ホテル大学3校とは?

注目のホスピタリティ留学を徹底解説!ホスピタリティならスイスのグローバル大学で学ぶべき!
  • Glion Institute of Higher Education(グリオン大学)
  • Les Roches International School of Hotel Management(レ・ロッシュ大学)
  • Ecole Hoteliere de Lausanne(ローザンヌホテルスクール)

スイスのでは多くのホテルスクールがありますが、上記の3校のみ、認定機関に大学として認められ学位を授与する事が出来ます。

ホスピタリティ業界で必要なスキルとは?

求められる要素としてよく言われるのが、「コミュニケーション力」「語学力」「知識」ではないでしょうか。

コミュニケーション力

これは、ただ単に接客の事を言っているわけではありません。もちろん、お客様との意思の疎通や思っている事を把握し対応する事もコミュニケーション力の1つです。

例えば、ホテルなどで働く場合、勤務中に何カ国のお客様と出会うと思いますか?

様々な国籍の方に同じ対応が出来ない事はすぐに予想はつきますが、どのように対応したら喜ばれるか、どのような国民性なのかを事前にわかっていたら自然に振舞えるかと思います。

国内の職場でもグローバル化がどんどん進み、上司も部下も日本人ではない環境の会社が増えています。もし、日本語を話す事が出来ない同僚がいて、円滑に仕事を進めるにはやはりコミュニケーション力が必要です。

語学力

語学は出来れば出来るほど、就職の幅が広がります。当たり前のことを言っていますが、とても重要な要素のひとつです。

昔は英語が出来ると就職に有利といわれていましたが、近年は英語が出来ない事が不利になる時代になってきました。つまり、英語は出来て当たり前の時代がやってきます。

これから就職活動する際は、たとえペラペラ話す事が出来なくても、初心者レベルの他の言語も取得する事で就職の幅は想像以上に広がります。

知識

ホテルやホスピタリティ業界へ就職する人は、様々な学部から集まっている事は事実です。しかし、もし同じタイプの学生が就職活動に来た際、印象に残るのは間違いなく知識や経験がある人でしょう(個性的なタイプを除く)。

専門的に学問を学び、業界での知識がある人が即戦力として働く事が出来るので、好まれる傾向があります。

これらの能力を修得し、即戦力として働きたいと思いませんか?

そんな夢をかなえるのがスイス式のホスピタリティ大学です。

注目のホスピタリティ留学を徹底解説!ホスピタリティならスイスのグローバル大学で学ぶべき!

特にオススメなのが、グリオン大学とレ・ロッシュ大学です。

グリオン大学、レ・ロッシュ大学のオススメポイント

世界100各国以上から学生が集まるスイス校を中心に世界にキャンパスがあるグローバル大学

国籍バランスの良さ!また、キャンパスはスイス以外にも、イギリス、スペイン、中国、アメリカ、ヨルダンにもキャンパスがあり、転学や留学中に他のキャンパスに留学も可能です!

ホテルマネジメントだけではなく、ホスピタリティ全体を学べる大学

ホテル以外の就職先にも強い!もちろんベースになるのは、伝統的なスイスのホテルスクールの授業スタイルです。しかし、卒業資格はビジネス経営学部のホスピタリティ学部となり、専攻は様々中から選択可能です。

実技の実習&インターンシップ

注目のホスピタリティ留学を徹底解説!ホスピタリティならスイスのグローバル大学で学ぶべき!

学士課程の場合、飲食部、ハウスキーピング、フロントなどの実技の実習に加え、6ヶ月間の有給インターンシップが2回含まれています。

インターンシップも2回に分けられていることで、本当にやりたい業務や職種を大学在学中に経験し、就職活動の際にも職務経歴として記入出来る為、将来を見据えたプランを考える事ができます。

修士課程の場合、学士課程同様に実技の実習と6ヶ月間の有給インターンシップが含まれている為、キャリアチェンジをお考え方にオススメです。

また、ホスピタリティMBAのプログラムもあり、業界でのキャリアアップをお考えの方にも最適なプログラムが設けられています。

スイスのホスピタリティ留学について、もっと詳しい情報を知りたい方は下記よりぜひお問い合わせ下さい。