シリコンバレーの留学プログラム

世間はすっかり卒業式シーズン。街を歩いていると卒業式帰りなのか女子大生達の華やかな袴姿が花粉症で充血した目に染みてくる、そんな季節ではないでしょうか。

そういえば当社ではシリコンバレーで留学したいというお問合せを月に1回ぐらい、たまにいただくことがありまして、しかし正直なところ、シリコンバレー地域で紹介できる語学学校やビジネススクールがない…

仕方なくサンフランシスコやバークレーなどの学校を紹介してしまうのですが、そんな時お客様だけでなく私たちカウンセラー側も「う~ん微妙...」な空気が出てしまっていたものでした。そう、これまでは...。

そう、私たちも今年からは、そんなもどかしい思いをするのも卒業です!今回は新しいシリコンバレー発・留学プログラムをご紹介したいと思います。

シリコンバレー(Silicon Valley)とは

カリフォルニア州サンフランシスコの主にベイエリア南部、サンタクララ・バレー周辺の地域呼称のことです。

その名の由来はもともと多くの半導体メーカー会社が集まっていたことで半導体の主原料であるシリコンと渓谷(Valley)が掛かっているわけですね。

現在ではGoogleやYahoo、Microsoft、ebay、facebook、Adobe、intelなど、多くの世界的なインターネットやソフトウェア関連の企業があり、電子機器メーカー・IT企業の一大拠点となっています。

今までシリコンバレーを希望された方の傾向としては、必ずしもそういったIT企業に携わって何か活動しよう、というよりは就活や転職または起業を考えている方でシリコンバレーという地に身を置くことで何らかの刺激を受けたい、またはアメリカ、いや世界最先端のビジネスに関する情報収集をしたいという方が多かったですね。

シリコンバレー留学の拠点となる学校

シリコンバレー留学の舞台はUCSC(UC Santa Cruz / カリフォルニア大学サンタクルーズ校)のエクステンションプログラムを開講するシリコンバレーキャンパス。

UCSCのメインキャンパスはサンタクルーズに位置するのですが、社会人向けのエクステンションプログラムはシリコンバレーの中心部サンタクララのキャンパスで開講されています(サンタクララもSanta ClaraでSCですからややこしいですね)。

そんなUCSCと世界的に展開する語学学校のECとのコラボレーションにより、英語プログラムのほかビジネスやエンジニアリングといった修了証コースにインターンシップができるプログラムが提供されます。

コースその①:英語プログラム

「アカデミック英語コース」は、実際にアメリカの大学授業に付いていくために必要な英語表現やスキルなどを学びます。リサーチの仕方からレポート作成、講義の受け方プレゼンスキルなど。より高い英語技能を習得できるはず。受講可能レベルは中級以上となっておりますが、毎週月曜日から入学が可能です。

コースその②:修了証プログラム+インターンシップ準備過程

3ヵ月間で年3回のスタート日。その後の修了証プログラムとインターンシップに直結する高度な英語スキルと、インターンシップで必要とされるビジネス英語やアメリカのビジネス習慣やマナーなどを習得します。

コースその③:修了証プログラム+インターンシップ

いよいよ本番。ビジネスマネジメント(経営学、プロジェクトマネジメント、マーケティングなど)や応用&自然科学、エンジニアリング、英語教育といった専攻からインターンシップをしながら受講します。

期間は約9ヵ月間、アメリカ人も受講するコースは夜間、インターンシップは日中に行います。出願資格は4年制大卒者&TOEFL80以上と結構ハードルは高め。

しかし修了後には最長12ヵ月間のOPT(アメリカ現地企業での有給就労期間)の機会も与えられます。

9ヵ月間~1年間も掛けられない、という方は

修了証&インターンシップのプログラムは短期オプションも可能です。英語力により②(1学期)+③(2学期)=3学期/9ヵ月間で修了証が取得出来たり、③(2学期)=6か月間で修了証が取得できる場合も、意外に融通きいています。

まとめ

いかがでしたか?語学留学だけでも良いですし、本格的にOPTを目指すためのエクステンション留学を検討していただくこともできるECとカリフォルニア大学サンタクルーズ校、シリコンバレーキャンパスのプログラム。

お見積もりや留学プランのご相談ぜひお待ちしています!