フィリピン南部のセブ島は、毎年3万人以上の観光客が来るリゾートです。そんなセブ島には、たくさんの語学学校があり、日本人だけでなく韓国人の方など英語習得に熱心な若者がこぞって勉強しにきます。

では、なぜフィリピンのセブ島が良いのでしょうか。その秘密を体験談と共にお伝え致します。

セブ島はフィリピンの中でも治安が良い方!

セブ島はフィリピンの中でも治安が良い方!

フィリピン北部のルソン島にあるマニラ市などは、結構犯罪が多いのですが、ゆったりとした時間の流れるセブ島はあまり犯罪が起きません。もちろん全くないわけではないですが、気をつけていればスリなどに遭う確率も低いですし、凶悪犯罪はあまり起きませんので日本人でも気楽に過ごすことができます。

治安が良いというのは、やはり魅力のひとつではないでしょうか。

実際にセブ島とマニラ市の両方を経験してみましたが、マニラ市の方が緊張感がありました。

学校を出てから、マニラで働いていたのですが、徒歩で帰宅しないようにと社長から言われた覚えたあります。特に若い女性は夜20時以降はマニラ市内をうろつかない方が良いみたいですが、セブ島はそこまで緊迫感がありませんでした。

ですので、女性はセブ島で安心して英語を勉強できるのではないでしょうか。

セブ島の語学学校はたくさんあって安い!

セブ島の語学学校はたくさんあって安い!

セブ島には多くの語学学校があります。インターネットで簡単に学校が検索できるので、自分の予算や目的に合った学校を見つけられるでしょう。

私は3ヶ月の語学留学を目的にしていたので、予算があまり高すぎないところを選びました。

また、英語のレベルもそこそこ話せるけどリスニングに不安があったので、個人レッスンをつけてもらえるところなども探しました。

大人数すぎるレッスンだと、個人の能力を伸ばせないからです。

さて、そんなセブ島の語学学校ですが、いくらくらいかかるのでしょうか。だいたいですが、入学金がおよそ15,000円で、そこに別途学費として1ヶ月10万円ほどが必要になります。

3ヶ月なら、学費だけでも30万円なので、アメリカやイギリスに比べると悪段に安いことがおわかりいただけたかと思います。もしこれがアメリカやイギリスなどでしたら、その倍の値段は軽く越してしまいます。だからこそ、フィリピン留学が人気があるのです。

私も安く済ませたいという理由から、フィリピンを選びました。そして何かあってもすぐに日本に帰国できるので、良いです。だいたいフィリピンから日本は直通で4時間ほどです。

そして、寮生活の場合は寮費もかかります。だいたい1ヶ月あたり15万円ほどです。

そこには3食分の食費も含まれていることが多いので、私は大変助かりました。

慣れない国で自炊するのも大変ですし、勉強だけに時間を費やしたいという方も多いでしょう。

そんな時にはやはり、ご飯が付いてくる方がありがたいですよね。洗ったりする手間も面倒くさいですし、何より一人で食べるご飯よりも食堂などでみんなでワイワイして食べるのも、楽しいです。

友達が作れる!リゾートを楽しみつつ英語が学べる!Wi-Fiが充実!

友達が作れる!リゾートを楽しみつつ英語が学べる!Wi-Fiが充実!

日本人だけでなく、英語の習得に熱心な中国や韓国などアジア圏の人たちが多く勉強に来て言えるのがセブ島です。彼らは、フィリピン留学である程度英語力をつけてから、本格的にアメリカやイギリスに留学にしに行くようですので、高い目的意識があります。

彼らと英語を使って交流していくうちに、自分もどんどん向上心が湧いてくるでしょうし、私も実際に「もっと課題だけでなく自主学習をしないといけないな」と感じました。

目的意識の高い友人が作れるのは、勉強をする上で良いことだけでなく、リフレッシュにもなります。休みの日は、一緒にショッピングモールへ行って買い物をしたり、リゾートで南国気分を味わうのも良いでしょう。

セブ島の青い海を見ていると、心も安らぎますし、明日からも頑張ろうという気分になれます。

また、あちこちにWi-Fiが飛んでいるのも日本と違う点です。セブ島は特にIT関連の企業が進出していることもあって、無料Wi-Fiがどこでも使えます。Wi-Fiを繋いでFacebookなどに日々の出来事をポストしておけば、過去の日記帳代わりにもなるでしょう。

私もセブ島では、休みの日に友達と買い物をしたり、ビーチではしゃいだりしました。たまには勉強のことを忘れるのも良いです。あまり詰め込みすぎると、英語が嫌いになってしまう恐れがあると思います。

フィリピンのセブ島留学まとめ

フィリピンは物価も安く、英語人口が世界で3番目に多い国ですので、英語をまず習いたいという人にはおすすめの留学先です。

セブ島は先にも述べましたように、比較的治安が良いので、一人でなければ夜出歩いても大丈夫だと思います。

美しいリゾートビーチや、大きなショッピングモール、そして安くて美味しいフィリピン料理や、統治時代のスペイン料理などを楽しみながら、英語の勉強に励んでみてはいかがでしょうか。

ぜひみなさんのフィリピン留学が成功することを祈っています。