学生時代、大学の「交換留学制度」に応募し、米国東海岸の州立大学へ1年間国費留学をしました。当時は日本人留学生が発砲を受けて亡くなった事件を受けて、「危ない国」という印象が強かった頃です。

家族は心配のあまり反対しましたが、「こんなチャンスは2度とないから行かせてほしい」と説得を続け、初めての海外へ旅立ったのでした。

米国の大学生活は瞬く間で、特に講義についていくのが大変でした。反省点もふまえて、米国への大学留学を考えている方へ、アドバイスしたいポイントを2点ご紹介したいと思います。

「英会話力」より「自分の意見を発信する勇気」が大切

「英会話力」より「自分の意見を発信する勇気」が大切

「英語」は言語、コミュニケーションツールです。「自分は英会話に自信がないから…」と寡黙になってしまうもったいない癖は、日本人の特徴だなと、現地で強く感じました。

東海岸だったためか、日本人留学生はほんの数人でした。学期(semister)のスタート前に、留学生を集めた「英語力」テストがあり、通過しましたが、他の国からの留学生たちと交流したくて、短期英会話講座に参加しました。

その講座で感じたのは、ロシア、台湾、中国、韓国、インド、中東の国々など、どの国の留学生も、「発音や文法ミスなどまったく気にせずに、堂々と発言する」ことです。

講義の教授陣も、ネイティブスピーカーだけではなく、ラテンアメリカやヨーロッパの他言語の国出身の人もいました。それぞれの母語を土台としたアクセントで話すため、聞き取りに苦労しながらも、「堂々と話す」ことに感心したものです。

学部生だったため、講義の選択肢は幅広く、周囲の日本人留学生が「数学」「アート」等、容易に単位取得できるクラスを選ぶ中で、「最初で最後のチャンス。ここでしか学べないことを学びたい」という気持ちが強かった私は、「アフロアメリカンの歴史」「ラテンアメリカ系移民の現状」「ラテン語」等、関心のある分野をどんどん受講しました。

どのクラスでも日本人は私1人。挙手をして発言をするたび、周囲が一斉にこちらを向くので、慣れるまでは気後れしました。それでも、発言を受けた教授のコメントや、クラスメイトの意見を聞いているうちに、難しい内容もよく分かるようになり、「勇気を持って話すすることに意味があるんだな」と感じました。

流暢な英会話ができないと思っている方も、しり込みしなくて大丈夫です。

  • 自分の意見をしっかり持つ
  • 意見を相手に伝える
  • 相手に関心を持つ。笑顔で「hello!」

これらを心に留めて、講義でも発信し続けましょう。会話力は、後からついてきます。

課題の多さは半端なし!教授やクラスメイトと乗り切ろう

課題の多さは半端なし!教授やクラスメイトと乗り切ろう

「入学するのはたやすいが、卒業するのは難しい」。高校時代、米国の大学について、そのような話を聞いたことがありました。実際に留学して、それを実感しました。

次の講義までに出される課題の多さが、半端ないのです。

  • 教科書や指定の本の数十ページから100ページ程度を読み、意見をまとめておく。
  • 講義内容を踏まえ、指定のテーマに基づき、数枚から20枚程度のレポートを書いてくる。

とにかく、「読んで書いて」の繰り返しでした。

アナログだった当時は、指定の本は図書館にあり、次々に学生たちが借りては返す仕組みでした。私は、読むのに時間がかかるためクラスメイトに申し訳ないので、本をコピーして一生懸命読んだものです。

レポートは、寮の中に「Lab」と呼ばれるパソコンルームがあり、夜中まで一心不乱に取り組みました。

反省する点は、多々あります。本の内容をよく理解できないまま、1人で抱え込んでレポートを書いた結果、辛口のコメントをもらったことがありました。

また「ラテン語」は複雑多様で、現地学生もドロップアウトしたくらいでした。毎回のテストで、私は変化形が覚えられず×ばかり。見かねた教授が「一緒に復習しないか」と声をかけてくれたのに、情けないプライドが邪魔をして断ってしまったのでした。

一方で、上手くいった例もあります。担当教授の人柄が好きでよく質問に行っていたところ、気にかけてくれて、そっと参考記事のコピーを渡してくれたり、グループ別で題材を決めて発表する際には、仲良くなった女の子と同じグループに入り、勉強になりました。

また、ある「教育学」の講義で、日本について工夫を凝らしてプレゼンテーションしたところ、盛り上がって拍手喝采。クラス全員が、うれしいコメントを寄せてくれ、講義を受けやすくなったこともありました。

米国の大学留学まとめ

大学の講義はハードですが、基本は「発信する勇気」-これが私の得た教訓です。自分から話しかけて友人を作り、困ったら周囲に助けを求めましょう。きっと実りの多い大学生活になりますよ。