どうも、フィリピン留学を検討されている皆さん、Magandang gabi(マガンダングガビ)!!

え、何?…これは失礼いたしました。日々の残業の疲れからか「こんばんは!!」をフィリピン現地の言語であるタガログ語で言ってしまいました。最近はフィリピン、といいますかセブ島の語学学校も繁忙期ではないこともあってか、学校スタッフの訪問をよく受けているのですが、その中で彼らから衝撃的な話を聞きつけましたので皆さんと共有させて頂きたいと思います。

それは何かといいますと…

「お腹をこわす留学生の7割は日本人!」ということ。いや、「日本人留学生の7割はお腹をこわす」だったかな?…とにかくフィリピン留学において日本人留学生はお腹をこわしやすい、という話をよく聞きます。

もっとも日本的な衛生観念ではフィリピンどころか海外で留学生活を送るのは厳しいですし、まあ、住む土地が違えばお腹をこわすこともあるでしょう。しかし悪ければ食中毒かな?というぐらいにヤラれてしまう方もいるという話も聞きますので、英語研修に集中することを考えますと、なるべくそのような目には遭いたくないですよね。

そこで、今回はどうして日本人留学生ばかりがお腹をこわしやすいのか考えてみたいと思います。

お腹をこわす理由① 水道水

セブ島留学をする方の中にはそもそも海外渡航の経験がない、という方が少なくないようですが、そんな方がもっとも気を付けるべき事とは、学校や寮の食事というよりも「水」なのではないでしょうか。

つまり、学校の食事が悪くてお腹をこわすとは必ずしも限らないのです。

まず水道の整備や衛生の関係上、フィリピンでは水道水は飲めません。当たり前のように水道水が飲める日本人からすると不思議な話ですが、なんでも世界で水道水が飲める国はたった15か国程度なのだとか。

それではセブ島留学の主な留学生の出身国である韓国、台湾、中国、ベトナム、ロシア、ウクライナといった国の中で日本以外に水道水が飲めるのはどの国でしょうか…?

それは…ないのです!つまりフィリピンを含め、水道水を飲む習慣があるのは日本人のみということになります。

私にも海外渡航の時に経験があるのですが、ちょっと喉が渇いた時など大丈夫かなと思いつつ、水道水をついゴクリッとやってしまうんですよね(汗。「お腹をこわす留学生の7割は実は日本人」もしくは「日本人留学生の7割はお腹をこわす」の理由が日本人の胃腸が弱いからということもあるかもしれませんが、実は無意識に水道水を飲んでしまっている、という理由は十分あり得る話かと思いますのでぜひ注意しましょう。

お腹をこわす理由② 現地のフードやドリンク

一般の語学学校であれば夕方や夜間は外出できますし、たとえスパルタ校であったとしても週末くらいは外出が可能だったりします。そうすると学校の食事は正直イマイチだし、たまには気晴らしにセブ島のローカルフードにありつこうかな~なんて思うかもしれませんが、これについても注意が必要です。

先ほどの水道水、あまりちゃんとしていない店だと「サラダなど野菜を洗うのに水道水を使う」「ドリンクの氷に水道水を使う」ということもあり、なかなか油断ができません。

また屋台などですと食品の衛生管理がいい加減(日中、お肉を日向に放置して夕方から調理するなんてことも)な場合も。

けどそんなこと言っていたらフィリピンで飲食するの怖くなってしまいますよね、すみません。けどこればっかりは見た目には分かりませんし、気を付けましょう!としか言いようがないのです。

お腹をこわす理由③ 学校での管理は大丈夫?

現在のセブ島では新しくできたり無くなったりしながら語学学校は50校、60校もある言われていますが、こういった衛生管理を含めたサービスが充実している語学学校はほんの一握り。

ではどのようなポイントで学校選択すればよいかというと「設備が充実した大規模語学学校」という条件がひとつ挙げられます。

そのような学校であれば、サラダを洗う水や氷に水道水を使わないなど衛生管理に気を配っていることが多く、だからと言って腹痛にならないとまでは保証できませんが、きっと安心して留学生活が送れるはずです。

せっかくの留学生活も健康であってこそ。学校選びに迷っているようでしたらまずはiae留学ネットのオススメ語学学校からご検討下さい。

iae留学ネットのオススメ語学学校はコチラ!

① SMEAG

現在、セブ島で最大規模の語学学校として知られるSMEAGは3つのキャンパスで最大1000名の受け入れが可能です。一般英語から、公式英語試験対策、ビジネス英語、スパルタプログラムなど様々な目的の留学生に柔軟な対応を行っており、セブ島随一の充実した設備のほか、常駐の看護師、緊急スタッフ、日本人シェフなど学生サービス、学生サポートに長けています。

② CPILS

セブ島で最も長い歴史があり、優れた学生ケアやプログラムの豊富さなどからリピーター率の高い大規模校として知られています。現在200名を数えるフィリピン人教師のレベルは高く、グループ授業を担当するネイティブ教師も在籍しています。提供される食事は韓国料理の他、日本、ベトナム、ロシアなど各国留学生の嗜好に合わせたものが楽しめます。

③ UVESL(ビサヤ大学敷設英語学校)

いわゆるスパルタタイプの学校ではありませんが、設備・サービス面での充実がありトイレで紙が流せます。洗濯物も当日中に仕上がり。近隣にはお店が多くあり周辺環境も良いです。セブ島の中規模以上の学校の中では最安値の料金でプログラムを提供する語学学校のひとつです。

まとめ

いかがでしたか?常駐の看護師など、なるべくお世話になる機会は避けたいものの(笑)、安心して英語の勉強に集中できる環境をお求めならまずは大規模校から検討してみて頂くことをお勧めしますのでぜひお問お合わせ下さい!