さて今回はフィリピン医学部留学準備編です。なかなかネット上では情報が少なく、私も実際入学するにはどうしたらいいのだろう?と情報収集に非常に苦労したことを覚えています。今回は、留学に向け日本ですべきことをお伝えします。

まずはなにはともあれ大学探し!

どこの大学に入学するか?そう考えた時に、まずはどこの地域にするのか悩みます。メジャーなところはマニラかセブです。マニラは首都ということもあるのか、比較的授業料が高めです。マニラでは年間で約70万円する大学もあるようです。私が通うセブの医学部は年間約40万円ほどです。

また、大学によって外国人留学生には授業料とは別に寄付金を求めてくる大学もあるようなので、そちらも大学にきちんと確認した方が良いでしょう。

他に気を配らなければいけないのは、大学周辺の治安です。日本と違いフィリピンはどこに住んでも大丈夫!というわけではないので、大学周辺の治安は絶対に気を配るべきです。

さらに気を付けてほしいのが、きちんとStudent Visaを発給してくれる大学か?ということです。Tourist Visaでも滞在できることはできるのですが、毎月Visaを更新するとなると、5000円以上と地味に毎月費用がかかるのでStudent Visaを発給してくれる大学を選びましょう。また、大学の世界的な信頼度も変わってきます。

大学をどこにするか決める前に、1回は実際に候補の大学を訪れてみることをオススメします。日本では考えられないのですが、大学ホームページに入学時に必要な書類がしっかり明記されてない大学もあるので、大学の医学部オフィスを訪れて必要書類・年間授業料・Visa等確認してくることが一番確実です。周辺の治安も確認できるので1度は足を運ぶようにしましょう。

残念ですが日本のようにすべてホームページやメールでしっかり対応してくれるという概念は捨てた方が良いです。

出願時にはなにが必要なの?

私が通う大学の必要書類を元にお話します。私が出願時に大学から求められた書類は、

  • 出生証明書(戸籍謄本で大丈夫でした)
  • 卒業大学の成績証明書
  • 大学教授からの推薦書2通(1通は学部長から、もう1通は好きな教授から)
  • 学位証明書
  • 犯罪経歴証明書
  • 証明写真
  • 銀行の残高証明書
  • 申請料50ドル

これらを大学の医学部オフィスに持って行き提出しました。オフィスでもその場で突然記入させられた書類がありました。

出願時にはなにが必要なの?

これらの書類ですが、もちろん英語でなければいけません。英語で発行してもらえるものがあればそれで良いのですが、英語で発行してもらえなければ自身で英訳しなければなりません。

さらに面倒なのが、これらの書類は公証してもらわなければいけないということです。公証人に公証をしてもらい、最終的にフィリピン大使館でレッドリボンと呼ばれる認証をもらわないといけません。公証にはお金も手間もかかるので、余裕を持って準備を始めることをオススメします。

NMATってなに?どうやったら受けられるの?

NMATってなに?どうやったら受けられるの?

NMATとはNational Medical Admission Testの略で、フィリピン医学部特有の、日本でいうところのセンター試験のようなものです。どの大学でも医学部はこのNMATの結果を入学書類提出時に求められます。各大学によって求められる点数は違いますので、どの科目で何点もしくは何パーセンタイル必要か事前に調べておくと良いと思います。

科目はVerbal・Quantitative・Inductive Reasoning・Perceptual Acuity・Biology・Physics・Chemistry・Social Scienceの8つです。もちろん、すべて英語での出題です。NMATの詳しい内容や対策、当日の流れなどはまた別記事にてお伝えしたいと思います。

今回はNMATの出願についてお話します。NMATは専用ホームページから申し込みをします。試験は年に2回あり、その年によって試験が実施される月にずれがあるようです。

ちなみに、私が受けた年は10月と3月に試験がありました。どちらのタイミングで受けても大丈夫です。申し込みは試験の2~3か月くらいから始まるのですが、ホームページ上で突然申し込み始まるので、こまめにサイトをチェックしておいた方が良いです。

申し込みはサイト上ですべて行い、個人情報の他に顔写真のアップロードや受験料の振込が必要です。支払いは指定銀行へ振り込むかクレジットカードでとなっています。海外の銀行振り込みはなにかと手間がかかると思いますので、クレジットカードで支払いすると便利です。

まとめ

当たり前なのですが、NMATのサイトなど申し込みもすべてが英語でとなります。留学の第一の関門として、自身の力で申し込みを完了させましょう。大学に提出する書類は、推薦書をお願いしなければいけなかったり、役所や県警をあちこち行かなければならなかったりと、揃うまで時間がかかるので時間に多くの余裕を持ちましょう。