こんにちは、齊木です。

僕は留学中、カツカツの生活をしていた時期があります。そんな時に僕を救ってくれていたのは「一見、美味しそうな」ファストフードです。

とても美味しそうなものは巷に超低価格でたくさん溢れているので、安かろう悪かろうと思いながらもつい手を出してしまいました。

一度として当たりには出会いませんでした。

今回は、海外留学の中で、安いからといって絶対に手を出してはいけないファストフードをご紹介したいと思います。

ハンバーガー

ハンバーガー

有名ファストフード店:ウェンディーズ(アメリカ)、バーガーキング(世界各国)、マクドナルド(世界各国)、ハングリージャックス(オーストラリア)、バーガーウィスコンシン(ニュージーランド)、ジョリビー(フィリピン)など。

海外の代表的な食べ物と言えば、そう、ハンバーガー。海外ドラマや映画などでも大きなハンバーガーを大きな体の外国人がバクバクと食べている姿を良く見かけます。そんな姿をよく見ているため、海外留学に行ったら誰もが一度は食べてみたいと思うことでしょう。

しかし、食べたことのある人のほとんどが感じることだと思うのですが、実は海外のファストフードで販売されているハンバーガーは、そこまでおいしいものではありません。

中には海外のハンバーガーが大好きな人もいますが、基本的に作りは雑で、想像以上にカロリーが高く、脂っこいものが多いです。

実際に皆さんは興味本意で食べるのですが、いざ食べてみると、なんだこりゃ、こんなものを外国の人たちはいつもおいしいおいしいと食べているのかと驚くかと思います。

Asian Styleのお店(中国経営などの)

food2

こちらも気をつけなければなりません。留学が長くなり、上で紹介した様なハンバーガーを毎日食べていると、体が精神的にも少し疲れてきてしまいます。

そんな状況に陥ると日本人はアジア料理を販売しているファストフード店に目を奪われ、食べる方が増えてくるのですが、ここでも留学の試練が待ち受けています。

アジアンスタイルのお店は、中国やマレーシア、タイなど各国の料理を展開するお店がほとんどです。海外でハンバーガーやフィッシュ&チップス以外の食べ物が食べられる場所として、大きなショッピングモールのフードコートなどには必ずある様な現地で人気のお店です。

しかし、そんなアジアンレストランで、やっとジャンクフード以外の食べ物にありつけるとなるのですが、実はこれらの料理も負けず劣らずのジャンクフードなのです。

その理由としては、日本でもそうですが、各国の伝統的な料理でも提供先の国の人たちの舌に合う様な味付けに調理しています。そのためアメリカやオーストラリアなど、ジャンクフードを愛する国の人たちが好むような味付けなっているため、残念な事に全ての料理が「オイリー(油っこい)」なのです。

ああアジア料理だからヘルシーでおいしいと最初は思うのですが、いざその料理を食べ終わる頃には、口の中やお腹の中が油でギトギトになっていることに気づき、ここでもやはり自分は海外にいるんだなと痛感させられます。

フードコートにあるし、安いし、アジアテイストの料理だから安心。と思って食べ続けていると気づいた時には痛い目を見るでしょう。

日本食を出すファストフード店

天ぷら

そして、最終的にはもう海外のファストフード店では食べるところがないとなり、日本食を出すお店に行くのですが、まさかのここでも試練が待ち構えています。

その理由が、他の国の出身の、日本人でない人たちが日本食を作っているお店がよくあるということです。

日本人が経営しており、日本人の味付けがそのまま海外向けに出されているお店は良いのですが、海外では中国人や韓国人が日本食レストランなどを経営していることが少なくありません。

本当にお店によって変わって来るのですが、お店によっては日本人がこんなのマズくて食べられないよ、という様な料理を出しているところも少なくありません。

中国出身の方や現地の方が見よう見まねで作った日本食がおいしい訳はなく、こんなものを食べるのなら自分で作った方が良かった、という想いをする人もいるのではないでしょうか。

海外留学で気をつけたいファストフードについてのまとめ

留学に行くとお金もあまりなく、安いファストフードのお店に行くしかないという人も多いと思います。しかし、安いからと行って何も知らずに手を出してしまうと思わぬ落とし穴にハマってしまいます。でも、これも海外の留学の醍醐味。

本当に長く住んでいる方は現地のネイティヴの方々の様に、これがこの国ではおいしいんだ、これが良いんだとその国の郷に従うことによって、その国の本当の良さを知ることもできます。

さらに、これらのファストフードをおいしそうに食べている現地の方々の姿を見れば、留学の試練も、試練ではなくなるかもしれません。その結果、その国の良さを楽しいと感じられる人が、本当の意味で留学の成功者なのだと思います。

みなさんもこの留学の試練を一度楽しんでみてはいかがでしょうか?