こんにちは!最近はiPad+AppleWatch+ガラケーを真剣に検討し始めてるiae留学ネットの中の人です。ガジェット一発10万円が当たり前の世界っておかしいですよ。Tu-Kaだった時代は月額1700円だったんですが…

そんな昔話はいいとして、海外留学するからといってスマホゼロ生活に耐えられるかというと…まあ厳しいですよね。国によっては日本よりも遥かにフリーの公共Wi-Fiが広く開放されているところもありますが、いざというときにそれだけでは厳しいものがありますね。私自身もそうでした。

「留学は決まって準備もできた!」「手続も終わった!」だけで完了ではなく、もはや人類のライフラインである、この「携帯電話問題」をクリアしなければいけません。このコラムでは海外留学した際の携帯電話事情をまとめていきます。海外旅行やビジネスで短期間日本を離れる人にもきっと参考になるかと思います。

海外留学でガラケーを使う場合

今お使いのガラケーを、そのまま海外でも使うことはハッキリ言ってオススメしません。できれば日本に置いていきましょう。なぜなら、日本の携帯電話は海外でも普通につながってしまうからです。

その時の通話もメールもインターネットも、データローミング(国際ローミングとも呼ばれ、ざっくり言うと日本の基地局の電波が届かない場所で通信した場合にキャリア各社が提携する現地キャリアの電波を利用して通信可能にする機能)で通信できてしまうため、海外プランに加入していないかぎり、携帯料金がとんでもない高額になります。

最近たまに見かけるSIM(またはICカード)の差し替えが簡単なガラケーならSIMを抜いておけばいいし、スマホなら飛行機モードにしておけばいいだけなんですが、一般的なガラケーだと電源を切る以外に通信から完全に逃げる方法はありません。

うまくやりくりして使う方法はもちろんありますが、やはりオススメなのは下の3つです。

① 留学前に日本のは解約して、留学後に現地でプリペイドスマホ、または激安ガラケー
文字通りです。各キャリアで携帯を解約して現地で調達します。この時、今まで使用していた電話番号やメールアドレスはなくなります。正直手っ取り早くて一番おすすめです。

② 留学前に日本のは休止して最低限の保管料払いつつ、留学後に現地でプリペイドスマホ、または激安ガラケー
長期間日本のキャリアケータイを利用しない場合に電話番号とメールアドレスを少ない料金で保守してくれます。電話番号およびメールアドレスの保管期間やその料金はキャリアによって異なります。コレは月額保管料がもったいない気がします。

ご参考までに

docomo
事務手数料1,000円
期間最大3年
保管料電話番号:月額400円
メールアドレス:月額100円
再利用無料
受付パソコン・電話・ショップ

https://www.nttdocomo.co.jp/

au
事務手数料2,000円
期間最大5年
保管料月額372円
再利用無料
受付ショップ

http://www.au.kddi.com/

softbank
事務手数料3,000円
期間最大5年
保管料月額390円
再利用無料
受付ショップ

http://www.softbank.jp/

③ 留学前に日本国内で海外キャリアの携帯を契約しておく
コレは基本レンタルなので長期滞在には向いてませんが便利です。日本では主にTelecomSquare, Global Cellular, JAL ABC, QuickMobile, mobellなどの会社が取り扱っています。宅配で受け取れたり空港で受け取れたりWi-Fiレンタルもやってたりと短期には向いています。が、料金は高いかなという印象です。

このように、電話番号も何もかも維持しながらうまくやる方法もなくはないですし、海外定額プランももちろんあるんですが、どうにもこうにもまあまあ料金は高いし、対応エリアを外れると結局データローミングで高額請求まっしぐらです。

というかそこまでして今のガラケーにしがみつかなくてもいいかとは思うのですが…。ちなみに英語圏はキャリアメール(@docomo〜、@ezweb〜など)のカルチャーはないですよ。だいたいSMSです。

もう1回言っときますけど、継続利用はめんどくっさいですよ〜(汗)

海外留学でスマホを使う場合

スマホの場合はガラケーよりは簡単ですが、一点だけ気をつけておくことがあります。それは周波数帯です。機種によって対応周波数がバラバラです。自分が今使っているスマホ、新たに手に入れようとしているスマホが、どこの国で使えるか、どの周波数で使えるか確認しておきましょう。

考えられるパターンは下の3つです。

① 留学前にSIMロックを解除して、留学後に現地で格安SIMかプリペイドSIMを買う
ちょっと前まではSIMロック解除はやりにくかったのですが、2015年にSIMロック解除は義務化されたので、どこのキャリアでもSIMロック解除ができます。

ロック解除したあと、番号を残すなら上でも挙げた休止プランを利用、番号がなくなってもいいなら解約します。

SIMロック解除方法や手数料は以下を参考にして下さい。

docomoページ
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

auページ
http://www.au.kddi.com/support/mobile/procedure/simcard/unlock/

softbankページ
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

② 留学前にSIMフリーのスマホを手に入れて、留学後に現地で格安SIMかプリペイドSIMを買う
最近は格安SIM市場の活性化により、SIMフリースマホは簡単に手に入ります。家電量販店でも取り扱っていますし、ネットでも購入可能です。iPhoneであればApple Storeとかですね。

このときも、現在お使いのスマホは休止か解約しておきます。あとは現地で安いSIMを手に入れて、差し込めばOK。簡単です。

③ 留学前に日本のキャリアを解約して、留学後に現地で格安スマホか格安ガラケーを買い、今使ってるスマホはWi-Fi専用機にして2台持ち
コレはややこしい説明になっちゃいましたが、要するに単なる買い替えです。余ったスマホは好きに利用して下さい。SIMなしスマホ+現地格安ガラケーの2台持ちの人は結構いますよ。

上の3つの場合、日本で使っていた電話番号はなくなってしまいます。日本の番号をそのまま使いたいのであればローミングしかありませんが、何度も言うように高くつきます。

とりあえず日本のキャリアを解約しなければ、料金はずっとかかりっぱなしです。休止か解約は必須ですよ。

海外留学を力技で乗り切る場合

オススメはしませんが別の方法もなくはないです。雑談程度に。

① 常に飛行機モードにして過ごす
とにかく通話してしまわないように!

② スマホもケータイも一切使わない
勉強に集中しましょう!

海外留学中のスマホや携帯電話のまとめ

ひとまずぶっ飛んで可愛い海外ガラケー(日本での単体利用は不可)をご紹介します。しかもなんとBluetooth接続でスマホの子機にもなる超クールなガジェットです。ご参考までに。

すげえ欲しい…

Wime TalKase

TalKase
TalKase
TalKase

Wi-Fiは無料です。どんな機種でもどんなキャリアでも無料です。しかし通話はそれぞれ変わってきます。国、会社、機種ごとに様々です。ご自分の使っているスマホやケータイが留学先でも使えるかは徹底的に調べておきましょう。

家を借りるにも仕事につくにも電話番号は必要です。今のうちにちゃんと理解しておかなければ、訳の分からない出費を増やす結果になってしまします。しかも高額。ヨーロッパとか通信費とんでもなかったです。

無駄なコストをしっかり抑えた留学のためにも現地での生活に使うケータイをどうするかは重要ですよ!気をつけて下さい。