カナダ進学留学にオススメの大学

皆さん、こんにちは!今回はカナダ留学担当のカウンセラーである私が、カナダの大学についてご紹介します。

カナダへの大学進学といえば、「入学条件の英語力が高い!!」という印象ですよね…。

基本的にIELTSは6.5、TOEFLは80〜90。

4年制大学はもちろん、2年制カレッジでもこれぐらいの英語力が求められます。恐らく英語圏の進学では一番高い基準ではないでしょうか。

ですが、実は上記のスコアが無くても入学出来る、世界トップランクの大学があるんです。

その2校を皆さんにご紹介します!

UBC(ブリティッシュコロンビア大学)

ubc

UBC(ブリティッシュコロンビア大学)とは?

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)の短期休学留学プログラムなら、日本の大学の単位としても認められます!

ブリティッシュコロンビア州・バンクーバーにある大学で、カナダ国内トップ3・世界トップ40に入る超有名校です。

162か国から留学生が集まり、北米で一番多国籍な大学としても知られています。

キャンパスはバンクーバーとオカナガンの二つで、両キャンパスで約60,000以上の学生が勉学に励んでいます。

カナダの首相ジャスティン・トルドー氏もUBCの卒業生です。

Vantage One Program(バンテージワンプログラム)

カナダ国内のみならず、世界でもトップクラスのUBCですが、入学するには高いレベルが求められます。

日本の高校を卒業して直接入学を目指す場合は、GPA(成績評価値)は5段階中の4、英語は「IELTS6.5・TOEFL90」必要でございます。とにかく基準が高いです。

ですが英語のスコアが少し届かない…という方も実は入学出来る道があります。

それが「Vantage One Program(バンテージワンプログラム)」。GPAは直接入学と同じ5段階中の4必要ですが、英語は「IELTS5.5・TOEFL70」で入学が可能になります!

直接入学よりはかなりハードルが下がりますよね!

その分4年で卒業出来ないんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、Vantage Oneはエキストラで英語学習のサポートがありながら、学部の科目も履修出来ます。そしてVanatage Oneで1年を終えると、そのまま2年次に進級出来ます。

世界トップクラスの大学に直接入学もかっこいいですが、最初の基礎力が備わっていないまま卒業まで乗り切るのは大変です。Vantage Oneは入学のハードルが下がるメリットだけではなく、良い成績で卒業出来るよう、スタディースキルとアカデミックイングリッシュスキルを向上出来る、そんなプログラムです。

SFU(サイモンフレーザー大学)

サイモンフレーザー大学

SFU(サイモンフレーザー大学)とは?

SFU

こちらもカナダブリティッシュコロンビアに位置する大学です。

UBCほどは知名度は高くないですが、創立1965年と歴史が浅いわりに、カナダ国内トップ10以内に入る成長の著しい大学です。

また、卒業生も各方面や大企業で活躍しており、就職にも強い大学で、特にビジネス・コミュニケーション・エンジニアの分野に優れています。

FIC(フレーザーインターナショナルカレッジ)

SFUへ直接入学を目指す場合は、数学の成績60%以上、英語は「IELTS6.5・TOEFL88」必要です。やはり英語の条件は高めです。

ですがFICから入学すると、GPA2.5~、英語は「IELTS5.5・TOEFL69」と条件のハードルが下がります。こちらもUBCのVantage Oneと同じく、1年間のプログラムを修了すると、SFU2年次に進級出来ます。

なお1クラスのサイズも小さめで、先生1名に対して生徒17名ほどと、大学の100名規模とは違って、より手厚いサポートを受けながら学ぶことが出来ます。

GPAは2.5~となっていますが、FICの評価方法はやや複雑です。

5科目の中から3科目でGPA2.5~保持しているか見られるので、もし自分のGPAが足りているか心配な方は、出願前に一度iae留学ネットにご相談下さい。

カナダ進学オススメ大学まとめ

いかがでしたか?

カナダの進学は英語面でハードルが高すぎると思っていた方!入り口を変えれば、IELTS6.5やTOEFL90が無くても世界のトップ校も目指せます。それでいて良い成績で卒業を目指すための「基礎力」をしっかり身につけることが出来るのです。

カナダの進学に興味がある方、カナダ進学を諦めかけていた方、色んな道があるのでぜひiae留学ネットのカウンセラーにご相談下さい。

皆さまに合った進学プランをご提案させていただきます!