オタワはカナダ最大の街トロントと同じオンタリオ州に属し、ケベック州との州境に位置しています。またトロント、モントリオール、バンクーバーに続いてカナダで4番目に大きい都市です。

大都市でありながら美しい自然に囲まれており、生活がしやすく、カナダならではのアクティビティを満喫しやすい環境です。

昔カナダはフランスとイギリスの領だったことから、2つの文化や2つの公用語が存在していることも特徴的。更にオタワは、フランス語圏であるケベック州との境に位置しているため、その2つの文化を肌で感じることができます。

冬は寒い!けど四季折々にアクティビティを楽しめる

オタワのチューリップ

4月になると厳しい寒さが和らいでくる頃。5月になるとチューリップフェスティバルが開催され、街の至る処が300万株のチューリップがに埋め尽くされます。地元の人にとって、チューリップフェスティバルとは春の訪れを感じさせる催しなのです。

6月末から8月末にかけてオタワの夏を満喫いただけます。

特に7月にはカナダの建国記念日、花火大会、コンサート、パレード、ジャズフェスティバルなどの音楽祭が開催されるので、街は活気と賑やかな雰囲気に包まれます。

観光スポットとして人気のある衛兵交替儀式(国会議事堂を背景に英国の衛兵と同じクラッシックスタイルの衛兵が行進します)は7月25日~8月26日まで、毎朝10時に開催されます。

お祭り以外にも、ハイキングやサイクリング、カヌーなど、カナダの自然を満喫できるアクティビティも大人気です。大都市でありながらも様々なアクティビティに恵まれ、大自然をすぐ堪能できるのもオタワならではです。

9月上旬オタワの対岸、ケベック州ガティーノにて北米最大の気球イベントがあります。上空に数多くの気球が浮かび、オタワ川沿いに広がる会場にてコンサートや遊園地、屋台等が登場し盛り上がります。気球に乗って、カナダの大自然を上空から眺められるなんて、素敵ですよね。

また10月上旬~12月にかけて、オタワではとても美しい紅葉をお楽しみいただけますよ。

12月に入るとクリスマス・イルミネーションが美しい時期になります。1月上旬ころまで、国会議事堂やダウンタウン、ガティーノの主要な建物のライトアップをお楽しみいただけます。

1月頃から、世界一長い「リドー運河スケートウェイ」というタワのダウンタウンから下流まで全長7.8キロにも及ぶ天然のスケートリンクが現れます。ギネス記録を持つ世界最長のスケートリンクになり、アイススケートでダウンタウンまで通勤、通学する人がたくさんいらっしゃるそうです!

その他、クロスカントリースキー、スノーシュー、ソリ、などのウィンタースポーツやオタワ近郊(車で1時間強)では犬ぞり体験にご参加いただけますよ。

オタワのおすすめ語学学校

シュプラッハカフェ

sprachcaffe

1983年に設立されたドイツ発祥の語学教育機関です。2011年には、日本発祥のGEOS(ジオス)アメリカ・カナダ校がシュプラッハカフェに仲間入りし、現在世界12ヶ国に28キャンパスを持ち、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、アラビア語、そして中国語の授業を提供しています。

シュプラッハカフェの学校情報はこちら »

<オタワ校の特徴>

  • 学生数:60~150名
  • 平均年齢:27歳
  • 日本人国籍率:10%

<おすすめポイント>

  • 生徒ケアが非常に手厚い質の高いキャンパスです。生徒満足度がとても高く、現地で延長を希望される方が大変多いそうです。
  • 優しく、紳士的な校長先生を中心に暖かな環境作りに力を注いでいます。校長先生は日本に3年住んでいた経験もあり、日本人のことも大好きで良く理解してくれます。

オタワ留学のまとめ

カナダは日本人留学生が多いイメージをお持ちかと思いますが、オタワはトロントやバンクーバーと比べて日本人が少ないと言えますので、カナダの日本人が少ない都市をお好みの方にお勧めです。

オタワは1年を通してアクティビティを満喫いただける環境であること、更にトロントまでは、飛行機で1時間、モントリオールまでは、列車で2時間程の距離ですので、週末を利用して旅行にも行きやすいです。

オタワへの留学について、詳細はiae留学ネットに問い合わせください。