留学先をどこにするべきか皆さんにとって大事な決断なので、当然ながら迷うと思います。オーストラリア、カナダ、アメリカも人気ですが、イギリスで格調ある英語を学んでみませんか?

治安も悪くなく(良くないエリアもありますが)日本人には暮らしやすいと思います。ロンドン市内でも新宿の様にワサワサしていませんし、四季もあり、落ち着いた雰囲気の中で勉強できる環境がありお勧めです。

東京生まれの私の感想としては、イギリスの冬はかなり寒い!古い建物が多く、築100年はざらです。そのため設備工事が出来ない場合が多いようで、暖房設備が充実していません。外国の湯船は浅いですし湯船が無い物件も少なく無い為、寒さが苦手な方には多少辛いと思います。

交通事情も日本の様にきちんとしていません。ダイヤの乱れは誰も気にしません。地元の方は、そういうものだと思っているようですが、恵まれた日本から来た私達にとっては、比較してしまう分辛く感じる事もありました。「郷に入っては郷に従え」海外の不便さを知って日本の素晴らしさを知る事が出来るのも事実です。

早く生活に馴染めるように

早く生活に馴染めるように

一般的な英語の教科書は米語寄りですし、日本国内で耳にする英語の大半は米語ではないでしょうか?最大の違いは発音です。ハリーポッターではそんなに気にならないかも知れませんが、メリーポピンズ、眺めのいい部屋などでは発音がハリウッド映画と異なる事が分かると思います。ベッカムやエリザベス女王のスピーチも同様です。

渡英する前に少し耳を慣らしておいた方が良いと思います。私の場合、日本でカナダ人の先生に英語を習っていたので、聞き取りは問題無いと考えていました。

しかし、渡英して空港ですぐに入国審査官の言っている事があまり聞き取れず不安になりました。ロンドン市内は特に地方出身者、ロンドンの下町英語、インド、スリランカ、トルコ人など独特な発音をする方が多いので、単純に「イギリス英語」というものがありません。

慣れるしか無いと思いますが、渡英前にある程度耳が慣れていればスムーズだと思います。私が通ったカレッジのイギリス人の校長先生がアメリカに行った際、ホテルの人に英語で話しかけたにも関わらず「英語でお願いします」と言われたそうです。それほど米語とは音が違うのです。

また、少しは英語で自分の事くらいは話せるようにしておいた方が安心です。

たまに学校で「どうやら日本人のようなのだけど、話が通じないから通訳してくれない?」と職員に頼まれる事がありました。最低限、入学の意志や手続きくらいは自分で出来るだけの語学力は必要だと思います。

留学サポート会社にお願いしてしまえば済む事かもしれませんが、知らない土地に住む訳ですし、身を守る為、事件に巻き込まれない為にも最低限の語学勉強をしてからの渡英をお勧めします。

最近は留学サポートの会社や英語学校では留学対策コースなどもあるようなので、積極的に活用して欲しいと思います。渡英前に慣れておく事で、語学習得のスピードが格段に違ってきます。時間を無駄にしない為にも、効率よく学ぶ為にも準備が大事だと思います。

習った事と違う!

習った事と違う!

学校で習った英語は米語と言いましたが、学校で習った英語が通じない事もあります。語学学校で先生に「間違っていないけれど、どこでそんな古臭い文法を習ったのか?」と聞かれる事があり、ショックでした。

どのみち話す度に頭で文法を組み立てていては話にならないので、日本の学校で習った英語はひとまず置いておいた方が良いように感じました。

また、単語や文法も英語と米語では異なります。1階と2階、地下道と地下鉄、Do you haveを使う人はまずおらず、Have you gotを使います。基本的な違いを理解しておいた方が生活しやすいと思います。Oh dearをやたらに使い、他の英語圏の国とは言い回しも異なります。言い回しは、その国の文化と共に覚える事ができますよね。お天気の話を良くしますし、天気に関する単語も多いです。

友人の話では、米語を学ぶ場合、英語との違いは習わないようです。私が知る限り多くのイギリスの語学学校の教師は補足として「アメリカではこういうようです」と教えてくれます。帰国してからも大いに役立つ知識ですし、知っている事で何処に行っても困りません。

英語は面白い!

イギリスの文化と英語は非常に興味深く米語を学校で習っていた日本人には新鮮に感じるのではないかと思います。ハリーポッターの国、食事が美味しくない国という事だけでなく、魅力が沢山詰まった英国留学を多くの方に体験して欲しいと思います。きっと価値観が変わると思います。

何を学ぶ事が日本で役立つか

英語はただの言語です。帰国後に活用させる為にはディスカッション、プレゼン力、交渉力が大事だと思います。どんどん意見が言える欧米型の性格を自分に取り入れる必要があると思います。交渉力は、不便な海外で生きていく上で自然に身につくと思います。

もちろん「私、帰国子女ですから」と意見をズバズバ言ってしまっては日本社会では嫌われてしまうので、アピールできる力とテクニックを身に着け臨機応変に活用する事が会社で重宝される鍵だと思います。