じつは私がイギリスにワーキングホリデーで渡航したのはただのラッキーでした。最初はイギリスに行く予定はなかったものの、今となっては渡航してよかったと感じています。

イギリスワーキングホリデーは偶然手に入れたチャンス

イギリスワーキングホリデーに応募したのは、私がまだオーストラリアでワーキングホリデーをしている最中でした。ありがたいことにイギリスのワーキングホリデービザは海外から申請ができたのです(例外あり)。

当時、抽選は1回のみ、当選枠はたった1000人でした。どうせ外れるだろうとたかをくくって応募したのですが、当選してしまったのです。せっかく手に入れた2年間のワーキングホリデービザ。利用しないともったいないので日本に帰る予定を変更してイギリス行きを決めました。

スタートはウェールズの首都から

みんなと同じがあまり好きでない私は、最初に渡航する街はロンドンではなくウェールズの首都カーディフにしました。

最初にカーディフを選ぶ人は少なく、また日本人もほとんどいないため英語環境に浸るにはもってこいですし、ロンドンのように排気ガスで空気が汚れていることもなくてとても過ごしやすい街でした。

ウェールズと聞くと田舎と想像する人もいますが、コンパクトな街の中にスーパーや緑と水の豊かな公園、交通機関が集約されていています。ほどよく自然と人工物が混じり合っていて違和感がなく、ストレスフリーな生活が送れました。

やがてロンドンで新たな生活を始めることになり、それにともなって身の回りに環境が変化しました。活気に満ちた沢山の人々、遅い時間まで開いているお店、観光名所の数々。私の新生活は賑わいと便利さに囲まれてスタートしました。

ロンドンもカーディフもそれぞれ違った快適さがあって、田舎と都会のどちらがワーキングホリデー滞在に向いているかは両方体験してみないと容易に判断できないと感じました。

カーディフ城

イギリス滞在中の旅行

カーディフに住んでいる頃にぼろぼろの中古車を買って一人で北ウェールズを周遊しました。

友だちと行くのもいいですが、私には好きなときに好きなことができる一人旅が向いていたので、更に自由度を高めるために車を走らせて宿の予約やプランを立てずに気ままに古城めぐりや美しい海岸線をドライブするのが楽しかったのです。

ロンドンに引っ越してからは南イングランドの海岸線沿いを旅しました。春の海岸はまだ風が冷たかったものの、町の人々との交流や宿で知り合った異国の人とロープウェイで丘をのぼった先にある古城を探検したり、海辺の町ならではの海鮮料理に舌鼓を打ったりしました。

ワーキングホリデー中の旅の出来事は大切な思い出になっています。

カーディフ・ロンドンでの仕事について

カーディフにいた頃は街に一軒しか無い日本食レストランでアルバイトをしていました。この店には必然と日本人が集まるので、いろいろな情報をもらうことができました。

スタッフは半分以上がイギリス人とヨーロッパ圏の人でしたがみんな親日家の人が多く、あまりうまくない英語でも聞き取ってくれて、仕事のペースもロンドンよりゆっくりとしたペースですすめることができたので最初にカーディフを選んだのは正解だったと思います。

ほかに旅行関係の事務職も経験しました。在宅の仕事でしたが、電車のチケットを発券したりホテルに英語で問い合わせて部屋の空き状況の確認、観光地のツアーガイドなど複数の業務を担当したことで自身のスキルアップにも繋がり、良い経験ができました。

ロンドンではゲストハウスの住み込み管理人をしました。家賃が無料になる代わりに住み込みでいくらかの業務をこなします。

基本的には土日のお客様の対応、洗濯、アイロンがけ、ごみ捨てなので労力はあまり必要ではなく、設備の整った部屋に住めて日本のテレビ番組まで見れてとても良い環境で働くことができました。

イギリスでワーキングホリデーをする方へ

せっかく2年間好きなことができるビザを手に入れたのですから積極的に英語を話し、いろいろなところを旅してみるのをオススメします。

アルバイトばかりに時間を使わずにワーキングホリデー中にしかできないようなことをやってください。使ったお金は働けば戻ってきますが時間は戻ってきません。

ぜひ好きなことを好きなだけやるために貯金は多めに作ってから渡航することをオススメします。