みなさんこんにちは、iae留学ネット・アメリカ留学担当です。

アメリカには世界大学ランキングに名を連ねる名門校が多くありますが、特に有名なものとして東海岸の私立大学群、アイビーリーグが知られています。

これに対抗し、公立大学の名門校群としてパブリックアイビーがあります。

今回はそのパブリックアイビーのご紹介と、日本人留学生がアメリカ名門大学群へ進学するにはどうしたら良いか、紹介していきますね。

海外大学進学でもトップレベルの学校の多いアメリカとパブリックアイビーについて

世界大学ランキングでもトップクラスに入っている学校の多いアイビー・リーグ(Ivy League)とは、アメリカ北東部の位置する伝統的な私立名門大学のグループです。

アメリカ名門大学群、アイビーリーグ校

  • ブラウン大学
  • コロンビア大学
  • コーネル大学
  • ダートマス大学
  • ハーバード大学
  • ペンシルバニア大学
  • プリンストン大学
  • イエール大学

パブリックアイビー(Public Ivy)とは

アイビー・リーグを語源とし、アメリカにある公立大学の中で特に名門校とされる大学群をパブリックアイビーと呼び、現在では約30のカレッジや大学が取り上げられています。

リチャード・モルに取り上げられた名門8校

1985年出版、作家リチャード・モルの著書「Public Ivies」の中で取り上げられたパブリックアイビーのきっかけとなった8校は研究の質に加えて、その大学の伝統性や校風も基準にして選出された以下の8校となっています。

パブリックアイビー(リチャード・モル)

  1. College of William and Mary(バージニア州)
  2. University of Virginia(バージニア州)
  3. University of Michigan(ミシガン州)
  4. University of North Carolina at Chapel Hill(ノースカロライナ州)
  5. Miami University(オハイオ州)
  6. University of Vermont(バーモント州)
  7. University of Texas at Austin(テキサス州)
  8. University of California(カリフォルニア州)

カリフォルニア大学について

1877年に設置されたカリフォルニア州の州立大学であるカリフォルニア大学(University of California,UC)。

現在は10のキャンパスで構成されており、パブリックアイビーにあたるのは以下の1~8になります。

カリフォルニア大学(年代順)

  1. カリフォルニア大学バークレー校
  2. カリフォルニア大学サンフランシスコ校
  3. カリフォルニア大学ロサンゼルス校
  4. カリフォルニア大学サンタバーバラ校
  5. カリフォルニア大学リバーサイド校
  6. カリフォルニア大学デービス校
  7. カリフォルニア大学サンディエゴ校
  8. カリフォルニア大学アーバイン校
  9. カリフォルニア大学サンタクルーズ校
  10. カリフォルニア大学マーセッド校

アメリカでに名門大学への進学手段、直接出願とコミュニティカレッジからの編入学

紹介をさせていただいたパブリックアイビーに日本人留学生が出願・入学を目指すには直接出願とコミュニティカレッジで基礎教養を学んだ後に編入学を目指す2つの方法があります。

アメリカの4年制大学への直接出願について

もしあなたがアメリカの4年制大学に直接出願する場合には以下を用意する必要があります。

  • 英文残高証明書(各大学が規定している1年間に必要なおおよその留学費用分)
  • TOEFLやIELTSなどのアカデミック英語スコア
  • 高校英文成績証明書(GPA)
  • 志望動機書(エッセイ)
  • 英文推薦状
  • 課外活動歴(リーダーシップ、コミュニティサービスetc)
  • 大学進学適性試験(SAT/ACT)
  • パスポート

基本的な入学時期は9月(秋学期)と1月、出願時期は約1年前からとなっており大学によって締め切り日が異なります。

人気の学校は年明け早々に締め切りになる学校もあるため、準備をできる限り早めに進めておく必要があります。

コミュニティカレッジからの4年制大学への3年次編入

日本の高校を卒業した後、アメリカの4年制大学に直接出願・入学することは非常に困難であり、また経済的にも大きな負担になってしまいます(例:カリフォルニア大学ロサンゼルス校の場合、年間概算費用がUS$64,831(約690万円、2020年10月時点)となっています)。

アメリカにはコミュニティカレッジと呼ばれる2年制の高等教育機関があり、この学校で基礎教養を身に着け、パブリックアイビーを含む4年制大学の3年次に編入できる制度があります。

この編入制度は西海岸、カリフォルニア州やワシントン州が特に整備が進んでおり、規定のGPA(成績平均点)で修了することができれば名門大学への編入も夢ではありません。

University Bridgeプログラムでパブリックアイビー入学を目指そう

コミュニティカレッジから4年制大学への編入は保証されているものではありません。

高い成績でコミュニティカレッジのプログラムを修了することは容易ではなく、高い希望を持ってアメリカへ渡航したものの、英語力が身に着かず滞在費用が高くついてしまい志半ばで帰国する人もいます。

iae留学ネットが紹介しているUniversity Bridgeプログラムは、コミュニティカレッジからより確実にパブリックアイビーの大学への進学・編入を目指したい方におすすめです。

University Bridgeはカリフォルニア州とバージニア州の4校のコミュニティカレッジ内で行う四年制大学編入プログラムとなっています。

大学ランキングTop40の大学を含むパブリックアイビー大学への編入保証と充実したアカデミックサポートが受けられます。

University Bridgeの入学要件は一般的なコミュニティカレッジと同程度、SATも不要。

University Bridgeから編入できる学校の例は以下となっています。

  • College of William and Mary/ ウィリアム&メアリー大学 (38位タイ)
  • University of Virginia /バージニア大学(25位)
  • UC Santa Barbara/ カリフォルニア大学サンタバーバラ校 (30位)
  • UC Irvine/ カリフォルニア大学アーバイン校 (33位)
  • UC Davis / カリフォルニア大学デービス校 (38位タイ)

アメリカの公立大学名門学校群、パブリックアイビーを目指すならiaeへご相談ください

高校を卒業したらアメリカの大学へ進学したい、日本国内の大学へ進学したけどやっぱりアメリカのキャンパスで学びたいと思っているみなさんへ。

最初から高い英語力がなくても、また現在の学校成績が思うように取れていなくてもコミュニティカレッジ・University Bridgeなどのパスウェイを利用すればアメリカの大学で学位を取得することはできます。

iae留学ネットは世界700の高等教育機関・1,500校との提携があり、University Bridgeを含む提携校に関するご案内やお見積り、出願・サポートは無料となっています。

海外大学進学をしてみたいけど何からスタートすれば良いか分からないとお悩みなら是非一度、お気軽にiae留学ネットにご相談くださいませ。