イングランド北部に位置するイギリス第二の都市、マンチェスター。

多くのビジネスセクターの参入、音楽・ショッピング・劇場・アートなどイギリス文化の多様性を感じることができるこの街は、世界的に有名なサッカーのクラブチーム「マンチェスターユナイテッド」や「マンチェスターシティ」のホームグラウンドでもあります。

今回ご紹介するマンチェスター大学はイギリスで最大級の大学であり、1824年の設立以降現在までに教授や卒業生から25名のノーベル賞受賞者を輩出、教育や研究水準の高さから世界から注目を集めています。

マンチェスター大学へ日本人留学生が進学するための進路、パスウェイをこのページで紹介していきますね。

イギリス大学進学で人気のマンチェスター大学・基本情報について

イングランドの名門、マンチェスター大学は1982年に設立されました。

2004年10月、マンチェスター・ビクトリア大学(Victoria University of Manchester)にマンチェスター工科大学(UMIST:University of Manchester Institute of Science and Technology)が再統合、現在のマンチェスター大学(The University of Manchester)となりました。

イギリスの名門研究型大学群「ラッセルグループ」に所属しており、現在までに25人もの教授、卒業生らがノーベル賞を受賞(受賞者数はケンブリッジ大学、オックスフォード大学に次ぐ)。

学校キャンパスはマンチェスター(ロンドンから電車で2~3時間)、都市型大学でメインキャンパスのほかいくつかの校舎がマンチェスター市内に分散しています。

マンチェスター大学・大学院の学生数は約39,000人(留学生は約8,500人の留学生が在籍)を抱えるイギリス最大級の大学、卓越した教育と研究で知られる、英国で最も美しい図書館の一つを有しています。

マンチェスター大学はイギリス第二の都市、マンチェスターにあるイギリス最大規模の大学で提供されているコースも多く学生は幅広い科目において世界最高水準の授業や研究を進めることができます。

QS World Universityランキング27位、人気の学部・専攻を紹介します

マンチェスター大学の世界的評価ですが、QS World University ランキング(2020年)27位、イギリス国内では6位、Times Higher Educationの世界大学ランキング(2020年)55位となっています。

人気専攻としては、ビジネス、マーケティング、アメリカ研究、生物科学、社会科学、建築工学、東アジア・南アジア研究、医学、看護学、薬学、文学、言語学、教育、、アート&デザイン、経済、メディア&ジャーナリズム、心理学、IT&コンピューターが挙げられます。

設備も充実しており、ジョンライアンズ図書館(イギリスで3番目に大きい、400万冊以上の蔵書)IT施設(6,000台以上のコンピューター、ヨーロッパでも最先端)が整備されています。

マンチェスター大学で高い評価を受けている学部・専攻について

以下はQS World University ランキングでの評価となります。

・Nursing 8位
・Development Studies 9位
・Pharmacy & Pharmacology 10位
・Sociology 20位
・Business and Management Studies 30位
・Engineering 31位

マンチェスター大学のキャンパスの様子を動画で見てみる

日本人留学生がマンチェスター大学に入学するには?

イギリスと日本の教育制度の違いから、日本の高校を卒業していてイギリスの大学へ進学するにはファウンデーションプログラムを受講しなければなりません。

ファウンデーションプログラムとは、イギリスの大学進学に必要な進学英語力の育成、専門科目基礎、ITやアカデミックスキル、イギリス社会と文化も学ぶもの。

一定の成績で修了することでマンチェスター大学の学部入学が保証され、通常は9か月間、英語力の低い留学生用に最大15ヶ月間までのプログラムが用意されています。

INTO Higher EducationのINTO Manchester校にて、マンチェスター大学の学部入学に繋がる大学学部準備プログラム(ファウンデーションプログラム)を開講しています。

イギリス・マンチェスター大学入学に向けたファウンデーションプログラムへの出願に必要な要件

International Foundation in Humanities and Social Sciences

・開始日:9月
・期間:9か月間/12か月間
・必要英語力:IELTS 5.0(Writing 5.0以上)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:18,635ポンド

International Foundation in Engineering and Science

・開始日:9月
・期間:9か月間/12か月間
・必要英語力:IELTS 5.0(Writing 5.0以上)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:18,635ポンド

International Foundation in Biosciences

・開始日:9月
・期間:9か月間
・必要英語力:IELTS 6.0(all subskills 6.0以上)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:18,635ポンド

International Foundation in Pharmacy

・開始日:9月
・期間:9か月間
・必要英語力:IELTS 6.0(all subskills 5.5以上)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:18,635ポンド

International Foundation in Psychology

・開始日:9月
・期間:9か月間
・必要英語力:IELTS 5.5(Writing 5.5以上)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:18,635ポンド

INTOファウンデーションプログラム参加に必要な費用について

上記以外にマンチェスター大学進学に必要となる費用は以下となります。

・入学金:150ポンド
・教材費:270ポンド(9か月間)
・Lab利用費:400ポンド
・空港送迎:45ポンド
・アクティビティ費:60ポンド
・健康保険:357ポンド(9か月間)
・滞在費用:5,780~9.600ポンド(9か月間)

マンチェスター大学進学をご検討中ならiae留学ネットにご相談ください

イギリス名門大学の一つ、マンチェスター大学進学を目指すためのファウンデーションプログラムはマンチェスター中心部の「INTO Manchester」校がおすすめです。

海外進学は高いハードルがあるように思えますが、語学力、成績が少し足りない留学生のための道、パスウェイがあります。

世界700の教育機関、1,500校との提携があるiae留学ネットなら、マンチェスター大学進学のご相談からお手続きまで無料でご案内しています、是非一度、お気軽にご相談くださいませ。