海外にある2年制の高等教育機関、コミュニティカレッジやTAFEなどから、4年生大学への編入留学は日本ではまだまだ馴染みがありません。

海外では最終学歴を重要視するため、求められる英語力が低いパスウェイプログラムや、費用を抑えることができる2年制の学校を介して世界トップレベルの4年制大学への編入を目指す学生が非常に多くいます。

日本で既に大学、専門学校に在籍している学生には単位の認定制度で、他大学へ編入するといった道もオプションの一つとしてあります。

海外の多種多様な編入・進学方法の中から最適なオプションを見つけるのは至難の業です。

そんなあなたに是非ご活用いただきたいのが海外留学・大学進学に関する知識を豊富に持っている留学エージェントです。

編入留学についてiaeに相談する3つの理由

iae留学ネットを選ぶ3つの理由

大学編入留学についてフレキシブルに進学プランを提案

海外大学への進学方法は直接出願する以外にも多数あり、お客様ひとりひとりの英語レベル、学歴、留学の目的や予算に合わせた最適なスタディープランを提案します。

編入留学に必要な情報を共有しつつ親身な進路相談をしています

iae留学ネットではカウンセリングから手続き、渡航準備までのすべてを専属のカウンセラーが一貫して親身にサポートします。

留学カウンセラーは全員海外経験者であり、自身の経験や長年にわたり培ってきた知識をもとに、グローバルな視点でお客様にアドバイスを提供します。

次世代を見据えたキャリアへの編入留学をご案内

iae留学ネットでは世界各国にオフィスを展開するiaeグループの東京オフィスとして、日本国内にとどまらず、世界規模で情報を収集。

海外からのグローバルな視点で見た教育プランを提案させていただき、近い将来だけではなく、次世代を視野に入れたキャリアの形成まで含めたサポートをさせていただきます。

日本から海外の大学へ進学するには

海外大学へ編入・進学する方法

海外の大学へ進学、編入をしようとした場合、大きな壁として立ちはだかるのが入学条件に定められている高い英語力です。

その他にもトップレベルの大学ともなると高いGPAが求められます。

例えばアメリカの場合、現地の学生も受験するACT/SATと呼ばれる学力テストで一定のスコアを出願時に提出しなければならない大学がほとんど。

求められるすべての条件をクリアするのは非常に難しく、それだけで海外大学への道をあきらめてしまう方もいらっしゃいます。

ここでは、そんな方でも安心な、条件別の大学編入・進学の方法をご紹介します。

2年制の高等教育機関、コミュニティカレッジやTAFEなどを介した編入留学

2年制の高等教育機関は国によってことなりますがアメリカ・カナダならコミュニティカレッジ(コミカレ)、オーストラリアならTAFEと呼ばれる学校があります。

これらの学校は4年制大学に比べると入学時に求められる英語力が低く、学校費用が安いなどの利点があります。

出願時に提出する書類も基本、英語能力試験のスコアと最終学歴の英文成績書および英文卒業証明書のみのため、ハードルが低め。

入学時に提出が求められるアカデミック英語試験、IELTSやTOEFLのスコアの代わりに日本人により馴染みのある英検やTOEICを認める学校もあり、2年制の学校で一般教養を中心に学んだ後に4年制大学の3年次に編入し、大学学士号を取得することが可能です。

オーストラリアではTAFEと呼ばれる職業訓練機関がその役割を担い、TAFEのDiploma(修了証)を取得することで、現地の大学へ編入することができます。

カナダ、オーストラリアの場合はビジネスやコンピューター、工学などの専攻したい分野がはっきりしている場合におすすめです。

パスウェイプログラムを介した編入留学

大学へ直接入学する際に求められる英語力やGPAに満たない方には、大学が提携を結んでいる教育機関などが運営する1年間のパスウェイプログラムを介して海外大学の2年次に編入いただけるオプションがあります。

イギリスへの大学進学留学を希望する場合、高校卒業後の進学であればファウンデーションと呼ばれるプログラムに参加した後に3年間の大学生活を送ることになります。

もしあなたが日本の大学1年生を修了しているなら、イギリスのパスウェイプログラムで1年間勉強したあと、現地大学2年次への編入が可能(=残り2年で卒業)となります。

パスウェイプログラムでは、論文の書き方やプレゼンテーション、講義の聴講とメモ取りなど、大学で必要となるアカデミック英語の習得と大学で専攻を希望する学部の科目履修を同時に行います。

パスウェイプログラム最大の魅力は、プログラム受講時に大学の単位が取得できる他、直接現地大学入学をした学生よりも大学2年次以降の成績が良い(=講義の受け方、アカデミックノートテイキングの子乙がわかっているため)ことが挙げられます。

日本の大学・短期大学からの海外の大学への編入留学

日本の大学・短期大学へ進学したものの、求めていた環境とは違った、専攻している分野以外を勉強したいなどを理由に海外の大学に目を向ける方が増加しています。

一般論として日本の大学または短期大学で取得した一般教養の単位のみ、または学部や専攻が同じ、または類似している場合のみ単位が認定されることもありますが、基本的に希望する大学へ出願、入学許可を得た後に認定申請をしてみなければどの単位が認定されるかはわかりません。

単位認定についてはケースバイケースなので、海外教育事情に精通しているiae留学ネットの留学カウンセラーにまずはご相談ください。

海外の大学ではなく、日本の大学へ編入も

これまでは海外大学への編入方法についてご説明してきましたが、中には「卒業は日本の大学で」とお考えの方もおられるのではないでしょうか。

もちろん海外の大学や2年制カレッジから日本の大学へ編入することは可能です。海外で得た単位を認定するかは各大学の判断とはなりますが、一般的に、

  • 2年制カレッジなどでAssociate Degree(凖学士号)を取得していること
  • または4年制大学で2年次までの就学を修了していること

が条件となり、日本の大学の3年次への編入となります。編入時にセンター試験などを受験する必要がなく、小論文の提出と面接、場合によっては専門科目のテストを受験するのみでよいなどのメリットがあります。

編入留学は難しくない

編入留学は難しくない

このように、海外大学への編入・進学への道は多数あり、ご自身のレベルに合わせた賢いスタディープランを練ることで理想の大学まで辿り着くことができます。

ご自身にとってベストな編入・進学ルートを見極めるためにも、まずはその道のプロであるiae留学ネットの留学カウンセラーに是非、ご相談ください。