イングランド、ウェストミッドランズ地域に位置する、イギリスの人口第二位の活気ある都市バーミンガム。

元は産業革命を経て栄えた工業都市であり、その名残を感じさせる味わい深いを感じさせる観光地、美術館や博物館のほか、コンサートホールなど様々な芸術文化にも触れることができます。

今回ご紹介するバーミンガム大学のほか3つの大学がある、大学都市であり、シェイクスピアの故郷としても有名な観光地、湖水地方・ストラトフォード=アポン=エイボンまでも近い場所にあります。

バーミンガム大学の基本情報

バーミンガム大学はイギリスの名門研究型大学連合であるラッセルグループに加盟している国立大学です。

1900年の設立以来、卒業生から11名のノーベル賞受賞者に英国首相も輩出、赤レンガを基調とした美しいキャンパスが特徴。

2014年にはTimes Good University Guide で University of the year (年間最優秀大学)を獲得、学生数34,000人、教職員数8,000人を擁します。

バーミンガムはロンドンからは車で3時間、電車で2時間、バーミンガム国際空港からのアクセスの方が良いです。

メインキャンパスにはカフェやレストラン、ショッピングエリア、スポーツクラブがあり、郊外にも複数の学校関連施設が点在、合計7つの図書館のほか国内屈指の研究施設も備えています。

バーミンガム大学はイギリスでもビジネス・経済学や国際関係、言語学など高く評価される専攻が多く、その中でも1902年開校のビジネススクールはイングランド最古、イギリス国内のみならず世界でもトップクラスのMBAコースを提供しています。

なにより、バーミンガム大学はラッセルグループのメンバー校であり、世界を代表する研究型大学の名門校であることが何よりもその質の高さを証明しています。

学生にはアカデミック面のみならずキャリア支援やヘルスケア、を含めた学生サポートが充実しており高い就職率を誇っています。

世界大学ランキング81位、人気の学部・専攻を紹介します

バーミンガム大学の主なランキング評価について

  • QS World University 大学ランキング (2020年) 81位
  • QS World Ranking イギリス国内ラ大学ンキング (2020年)  14位
  • Times Higher Education 世界大学ランキング (2020年)116位

バーミンガム大学での主な専攻

ビジネス、数学、政治学、アメリカ研究学、神学、情報工学、工業化学、物理学など

学校設備

歴史的な建物と緑豊かな自然、最新施設が共存する美しいキャンパスにはカフェやレストラン、ショッピングエリア、スポーツクラブを有し、郊外にも複数の施設が点在。

合計7つの図書館のほか国内屈指の研究施設も備えています。

バーミンガム大学で高い評価を受けている学部・専攻について

・American Studies 1位
・Chemical Engineering 5位
・Creative Writing 3位
・Drama, Dance and Cinematics 4位
・Hospitality, Leisure, Recreation and Tourism 2位
・Music 5位
・Physics and Astronomy 5位
・Social Policy 4位

※The Complete University Guideより

バーミンガム大学のキャンパスの様子を動画で見てみる

日本人留学生がバーミンガム大学に入学するには?

日本の高校を卒業したあと、イギリスの大学へ進学する場合、日本・イギリスの教育制度の違いから、ファウンデーションと呼ばれる英語・基礎科目勉強をするプログラムに参加しなければなりません。

Kaplan International College Londonはバーミンガム大学のほか、「クイーン・メアリー(ロンドン大学)」や「ヨーク大学」といった同じラッセルグループの大学のほか、「ロンドン大学シティ校」、「アストン大学」など数多くの名門大学の学位取得プログラムを目指す留学生のために、各種準備プログラムを提供しています。

バーミンガム大学については大学学士号を目指すための「Foundation Certificate」を開講。

バーミンガム大学進学のためのFoundation Certificate (ファウンデーションコース)

Kaplan International College Londonパートナー校の「Business, Law and Social Sciences」、「Science and Engineering」の2種類の学士号専攻を目指す準備プログラム。

出願時の英語スコア(IELTS for UKVI)によりコース期間が2ターム(約6か月間)~3ターム(約9か月間)と異なります。

大学でその専攻分野の履修を行うために必要な基礎を学ぶだけではなく、数多くのモジュール(ビジネスマネジメント、グローバルイシュー、アントレプレナーシップ、クリティカルシンキング、数学など)から自分に合った科目を選択でき、さらに英語力の向上と専門科目基礎、アカデミックスキルの修得も含まれています。

バーミンガム大学入学に向けたパスウェイプログラムへの出願に必要な要件

Foundation Certificate for Business, Law, Social Sciences

・開始日:9月or10月、7月
・期間と必要英語力:
  IELTS 5.5(各スキル4.5以上)2.5ターム(約7~8か月間)
  IELTS 5.0(各スキル4.0以上)2.5ターム(約7~8か月間)
  IELTS 4.5(各スキル4.0以上)3ターム(約9~10か月間)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:19,740ポンド

Foundation Certificate for Science and Engineering

・開始日:9月or10月、7月
・期間と必要英語力:
  IELTS 5.5(各スキル4.5以上)2.5ターム(約7~8か月間)
  IELTS 5.0(各スキル4.0以上)2.5ターム(約7~8か月間)
  IELTS 4.5(各スキル4.0以上)3ターム(約9~10か月間)
・必要成績:高校卒業(好成績)
・コース費用:20,190ポンド

プログラム参加に必要な学費以外の諸費用について

その他費用(1学年分)

・入学金:200ポンド
・教材費:200~500ポンド
・健康保険:470~735ポンド

滞在・生活費(1学年分)

・宿泊費:16,588ポンド~
・概算生活費(食費、交通費、社交費など)1,265ポンド/月

宿泊タイプ

・学生アパートメント:一人部屋、バスルーム・キッチン共用
・ホームステイ:一人部屋、食事つき、バスルーム共用

バーミンガム大学進学をご検討中ならiae留学ネットにご相談ください

バーミンガム大学進学を目指すためのパスウェイプログラムはロンドンの「Kaplan International College London」でどうぞ。

他のラッセルグループ系大学を目指す学生たちと切磋琢磨して学ぶことができます。

海外進学は高いハードルがあるように思えますが、語学力、成績が少し足りない留学生のための道、パスウェイがあります。

世界700の教育機関、1,500校との提携があるiae留学ネットなら、バーミンガム大学進学のご相談からお手続きまで無料でご案内しています、是非一度、お気軽にご相談くださいませ。