SNSやスマートフォンの普及により写真を撮る機会が爆発的に増大した今日、英語力を付けたいという希望と同じくらい「写真のスキルを伸ばしたい」と思ってる人って多いのではないでしょうか。

自分で撮ってアプリでチマチマと加工した画像をFacebookやInstagramに挙げてみるのですが、別に下手ってわけもないのだけど、何だかイマイチ微妙なんだよね~と感じる事ありますよね?(私がそうなので)

同じような被写体でも、プロのカメラマンが撮影した写真と素人である自分の写真とでは何かが違う。何が違うのかはっきりと分からないのがまたもどかしい、みたいな気持ち。

でもこういうのって、たとえ良いカメラに買い替えたとしても、きっと技術が足りないのが原因なので写真の出来も変わらないんですよね...。

そこで今回は、メインは英語留学だけど、写真の基礎から学んで写真の腕前も伸ばしたいな~と思っている方のための短期語学プログラムをご紹介します。

Rennert!舞台はニューヨーク・マンハッタン

ニューヨークで設立され40年以上留学生を受け入れてきた「Rennert / レナート」は一般の英語コースの他、進学用英語コース、ビジネス英語コース、各種試験対策コース、専門プログラム、インターンシップ、英語+αなど、良い意味であきれるほどバリエーションのあるプログラムを持ち合わせている語学学校です。

ニューヨーク留学の希望者の中にはビジネス系やアート系への関心が高い人の割合が多く、Rennertはそういった需要に応えられるようなプログラムを数多く持っています。

宿泊タイプもマンハッタン内外のホームステイのほか、レジデンスや学生アパートの手配が可能です。

PLUS ENGLISHプログラム

今回ご紹介するPhotographyのほか、MusicやDance、Filmmaking、Music Video Productionなどクリエイティブ系のコースをメインの英語プログラム(週16~30レッスン)に組み合わせて習うことが出来る内容です。

コースによって期間や、開始日、受講条件など異なりますので、気になるコースがありましたらお問合せ下さいね。

英語+Digital Photographyの概要

デジタル写真の初心者から学べる、写真の基礎から中級レベルの撮影技術までを習得して頂くためのコースです。6週間プランの場合は週2時間のレッスン、3週間プランの場合は週4時間のレッスン。

ちなみにレッスンを受ける場所はRENNERTではなく、徒歩5分ほどでアクセスできるPhotographyスクール「PHOTO UNO」となります。

コースの題材としては次のような内容が含まれます。

  • シャッタースピード
  • アパーチュア(レンズ口径)
  • 露出補正 / ISO感度
  • フォーカスの合わせ方
  • 照明
  • コンポジション/構図
  • Point of View / POVショット

※オプション(別料金)で屋外ワークショップあり(@ブルックリン橋、チャイナタウン、ソーホー、セントラルパークなど)

プログラム受講条件

  • デジカメを持っていること(デジカメを持参して頂きます)
  • 17歳以上
  • 中級以上の英語レベル(RENNERTのレベル5以上)
  • RENNERTの英語コースを受講(週16~30レッスンから選べます)

※スマホはだめなのでご注意ください。

自分の英語レベルが分からない方は事前にRENNERTのレベルチェックを受験して頂くことができます。また、もし英語力が足りない場合は先に何週間か英語コースのみを受講して頂くことになると思います。

開始日と期間

2017年開始日コース費用
6週間プラン6/5、9/5、10/2、11/6$350
3週間プラン(集中)7/10、8/7$350

※英語コース、宿泊先等の費用が別途掛かります。

最後に

いかがでしたか?写真のレッスン時間はごく短い時間ですが料金的にはリーズナブルですし、フォトジェニックな大都市ニューヨークなら習った写真スキルの実践には被写体に困ることはありません。

留学プランやお見積もりのご相談お待ちしております!