グリオン大学、レ・ロッシュ大学というホスピタリティ学の名門大学が毎年、夏に実施するサマープログラム。

それぞれの大学の施設に滞在しながら、ホスピタリティ学とは、また将来どのようなことができるのかを学ぶことのできる特別なプログラム。

夏休みの海外留学プログラムは中学生や高校生向けだけのもの、と思われがちですが、グリオン、レ・ロッシュのサマープログラムは18歳以上の大人も参加することができます。

スイス、スペイン、またはスイスとスペインという組み合わせで参加できるこのコースには毎年、世界中から多くのホスピタリティ学に興味を持った方が参加、その後に学士号(バチェラー)や修士号(マスター)取得のため、メインコースへ出願しています。

将来、ホテルや旅行といったホスピタリティ業に興味のある方、またはすでにそうした業界に従事しており、世界的なキャリアを目指したいというあなたにおすすめの夏休みプログラムをご紹介いたします。

夏休みホスピタリティ特別プログラムを提供する学校について

ホスピタリティ学において世界で最も権威のあるスイス。

そのスイスに世界大学ランキング5位内に入る名門大学が2つあります。

グリオン大学とレ・ロッシュ大学はスイスのフランス語圏、ローザンヌ近郊に校舎を構えており、イギリスやスペイン、中国にも校舎を持っています。

ホスピタリティやそれに関連した業界での起業、マーケティングその他の知識を徹底的に学ぶことができ、卒業後、世界各国・多様な業界に求められる人材となることが可能です。

夏休み・ホスピタリティ留学をおすすめする3つの理由

グリオン大学、レ・ロッシュ大学が提供する18歳以上を対象とした夏休み特別プログラムをおすすめする3つの理由を紹介します。

夏休みにホスピタリティ業とは何か、知識を得られる

世界中で求められているホスピタリティ学とはいったいどのようなものなのでしょうか。

日本のおもてなしの心もホスピタリティのひとつであり、非常に大切なものですが、その他にもホスピタリティを学ぶなら身につけておかなければならない知識があります。

たとえばビジネスマネジメント、顧客満足度を把握しつつ、これまで提供してきたサービスから次は何を提供していけば良いか、計画的に考えるスキルも必要ですね。

ホスピタリティ業界で働くためには一人ではなく、チームで働かなければなりません。そのチームワークを構築するためのワークショップや、レストランでのオーダーされた食事に対して、最も適切なワイン、素晴らしいマリアージュはどの国のどんなヴィンテージなのかを学んだりもします。

ホスピタリティ業界を志す同志と出会うことができる

ホスピタリティを学ぶ上で世界大学ランキング上位にあるグリオン大学、レ・ロッシュ大学は、ともに世界中でホスピタリティ業界を目指す人も多い、ホスピタリティに特化した単科大学です。

これらの大学への進学を希望する学生が、進学に向けた下見に来るわけですから将来、同じ道を目指す仲間と知り合うことができる場所になります。

日本へ帰国後、進学のための英語の勉強や、業界知識の共有などをSNSを通じて分かちあい、いつか同じキャンパスでホスピタリティについて学べる可能性が高いです。

外部からだけではわからない、学校の施設見学ができる

真剣にホスピタリティ留学を検討しているなら、実際に通うであろうグリオン大学、レ・ロッシュ大学のキャンパスをインターネットで見る写真や動画だけでなく、実際に見てみたいですよね。

この夏休み特別プログラムは実際に学校施設に滞在するので、将来に向けた下見留学になります。

実際にそれぞれの校舎に滞在してみて、もしかしたら目指していたものと違う、と感じるかもしれませんし、まさに思っていた大学というのであれば、進学準備のための勉強にも身が入ります。

グリオン、レ・ロッシュの夏休み留学はこんな人におすすめ

今回ご紹介するプログラムはこんなあなたにおすすめです。

海外大学進学をご検討中の18歳以上の方、大学院を目指す学生・社会人のあなた

ホスピタリティ学での学士号、または修士号を提供しているグリオン大学、レ・ロッシュ大学はこれから海外進学をお考えのあなた、または大学生、社会人で修士号を取得して就職や転職に役立てたいあなたにおすすめの学校。

この夏休みプログラムでホスピタリティとは何かを学び、進学に向けたモチベーションアップにつなげていただければと思います。

すでにホスピタリティ業界にお勤めの方で昇進や起業をお考えなら

現在、ホスピタリティ業務に従事していて昇進を狙うあなた、またはホスピタリティ業界での起業を検討していらっしゃるあなたにとって必要なことが学べる、グリオン大学とレ・ロッシュ大学。

日本でも海外からの観光客が増え続けている今、日本独自のおもてなし精神だけでは、海外からの観光客に対し、100%の満足を得ることは難しいのではないでしょうか。

国際的なホスピタリティについて学び、海外からの観光客に対して本当に求められるサービスを提供したいとお考えなら、ぜひ、この夏休みプログラムでその何たるかを感じていただければと思います。

一般企業にお勤めの方にも求められているホスピタリティ

ホテルや旅行、レストランだけがホスピタリティではありません。国際社会では一般企業で勤めている場合でも、取引先との対応や社内での勤務態度などにホスピタリティスピリッツが求められています。

外資系企業でお勤めになっていらっしゃるあなたにも、この夏休みホスピタリティプログラムに是非、ご参加いただきたいと思います。

プログラム詳細、期間や費用、開催地について

グリオン大学、レ・ロッシュ大学が提供する夏休みプログラムの詳細は以下となっております。

これらのプログラムご参加には以下の英語力が必要です。

IELTS4.5以上、またはTOEFLiBT50以上もしくは日本事務局独自のスピーキングテスト合格者

※詳しくはお問い合わせください

日本円換算は2020年1月の海外送金レート(T.T.S)を採用しています。

グリオン大学、スイス・モントルー夏休みプログラム

開催場所スイス、モントルー
期間2020年7月19日~7月26日、1週間
費用CHF2,900(日本円約330,000円)
滞在方法学内寮相部屋、3食付
空港送迎ジュネーヴ国際空港、往復送迎付

サンプルスケジュールにて日程をご確認ください。
※天候等の理由で内容が変更になることがあります

第1日
  • スイス・ジュネーヴ着後、グリオン大学へ
  • 学校紹介、ウェルカムディナー
第2日
  • テーブルアート、レストランでのサービスについて
  • モントルーでショッピング
第3日
  • 料理について
  • ローザンヌ・五輪博物館
  • ローザンヌの5つ星レストランで夕食
第4日
  • ジュネーヴの腕時計店訪問
  • ジュネーヴの豪華ホスピタリティ
  • ジュネーブでグリオン大学卒業生と夕食
第5日
  • ワインについて
  • ホテル・イベント業界の傾向
  • 夕食後にスパへ
第6日
  • カクテルワークショップ
  • 豪華ゲストエクスペリエンス
  • スイスチーズフォンデュを楽しむ
第7日
  • ホスピタリティオペレーション
  • 5つ星ホテルの裏側に触れる
  • モントルー5つ星ホテルレストランでの夕食
第8日
  • ジュネーヴ国際空港までお見送り

レ・ロッシュ大学の18歳以上対象、夏休み特別プログラムについて

レ・ロッシュ大学の夏休みプログラムはスイスまたはスペイン、およびスイス&スペインの組み合わせプログラムからお選びいただけます。

レ・ロッシュ大学、スイス・クランモンタナ夏休みプログラム

開催場所スイス、クランモンタナ
期間2020年6月28日~7月12日、1週間または2週間
費用1週間CHF2,790(日本円約320,000円)
2週間CHF5,530(日本円約636,000円)
滞在方法学内寮相部屋、3食付
空港送迎ジュネーヴ国際空港、往復送迎付

サンプルスケジュールは以下のようになっています。

第1日
  • スイス・ジュネーヴ着後、レ・ロッシュ大学へ
  • 学校紹介、ウェルカムディナー
第2日
  • マーケティング・コミュニケーションワークショップ
  • チームビルディング
  • フード・ワインペアリング
第3日
  • スポーツ&ラグジュアリー業界考察
  • マウンテンカーティング
  • 醸造所訪問
第4日
  • 5つ星ホテル訪問
  • スイスチョコレートを学ぶ
  • ミクソロジークラス
第5日
  • シェフになるには
  • スイスワインとその今後
  • スイスの夕食
第6日
  • 食料の歴史
  • モントルージャズフェスティバル
第7日
  • ツェルマット探索(氷河パラダイス)
  • Galaディナー
第8日
  • ジュネーヴ国際空港までお見送り

レ・ロッシュ大学、スペイン・マルベラ夏休みプログラム

開催場所スペイン、マルベラ
期間2020年6月28日~7月12日、1週間または2週間
費用1週間EUR1,990(日本円約247,000円)
2週間EUR3,210(日本円約398,000円)
滞在方法学内寮相部屋、3食付
空港送迎マラガ国際空港、往復送迎付

レ・ロッシュ大学スペイン夏休みプログラムのサンプルスケジュールは以下となります。

第1日
  • スペイン・マラガ着後、レ・ロッシュ大学へ
  • 学校紹介、ウェルカムディナー
第2日
  • ホスピタリティマネジメントとは
  • チームビルディング
  • カクテルワークショップ
第3日
  • フード&ドリンクプロトコル
  • ホスピタリティの次にくるもの
  • キッチンオペレーションテクノロジー
第4日
  • 国際ビジネスプロトコル
  • パーソナルブランディングワークショップ
  • チーズで学ぶソムリエ
第5日
  • マラガ5つ星ホテル訪問
  • マラガ市内散策
  • タパスディナー
第6日
  • ホスピタリティのためのファイナンス
  • 関係業界
  • パドルサーフィン、ビーチでの夕食
第7日
  • スパ・ホテルリゾートを楽しむ
  • ボートでのプエルトバヌス訪問
  • Galaディナー
第8日
  • マラガ国際空港までお見送り

レ・ロッシュ大学、スイス・スペイン組合せ夏休みプログラム

開催場所スイス・モントルーおよびスペイン、マルベラ
期間2020年6月28日~7月12日、2週間
費用1週間EUR5,050(日本円約626,000円)
滞在方法学内寮相部屋、3食付
空港送迎ジュネーヴおよびマラガ国際空港、往復送迎付

※スイス、スペイン組合せコースの日程はそれぞれのサンプルスケジュールの組み合わせとなります。

夏休み18歳以上のホスピタリティ留学まとめ

短期でフィリピンでの英語研修ももちろん良いとは思いますが、もしあなたが将来、ホスピタリティ業界において、世界で活躍してみたいと思っているなら是非、上記コースにてご検討ください。

もっと詳しく説明を聞いてみたい、見積が欲しい、という場合にはどうぞご遠慮なく、iae留学ネットまでお問合せくださいませ。

グリオン大学、レ・ロッシュ大学、ともに弊社提携校であるため、お手続きのための手数料は無料です。