ニューヨークに留学!

「ニューヨークにある大学」と言われて、パッと連想されそうな所というとニューヨーク大学(NYU)やコロンビア大学ではないでしょうか?正直なところ私もそうなのですが、それとは別に、こんな「ニューヨークの大学」というのもアリだな~、という学校を今回はご紹介します。

アメリカというか世界でも名だたる大学のひとつとして知られるニューヨーク大学やコロンビア大学。そんな名門大学で英語コースでもいいから通ってみたいな~という気持ちはたとえミーハーな方でなくても抱きがちです。ええ、その気持ち分かります…。

ニューヨークの語学学校

ただ調べる限りでは、一応英語コースもあるのですが開講時期がとても限られていたり、学費や宿泊先の費用が高額だったり、大学側の学生へのサポートも期待できなかったりと、留学カウンセラーの立場からしますと非常にオススメしにくいのです…。

ちなみにニューヨーク大学とコロンビア大学があるのはマンハッタン。けど別にマンハッタンだけがニューヨークというわけではありません。それに大体マンハッタンにある語学学校はどこも料金が高い!けど、それがマンハッタンをちょっと外すだけで環境や費用的にも良い語学学校が見つかったりするわけです。

コンコーディア・カレッジ(Concordia College)

そこで今回ご紹介するのがマンハッタンから北に30~40分ぐらい北に上がったBoronxville(ブロンクビル)にある「Concordia College(コンコーディア・カレッジ)」です。

このブロンクビルという町はマンハッタンから電車で30-40分でアクセスできるので、まさにニューヨークの郊外という趣き。放課後や週末にマンハッタンに遊びに行くこともさして苦ではありません。あとこの地域は人種のことを言ってどうかと思われるかもしれませんが、ざっくりというと「お金持ちの白人の街」。地域としての世帯収入がニューヨーク州の平均を大きく上回っています。

concordia

ちなみにConcordia Collegeは全生徒数が1000人強の大学で、そのキャンパス内にある英語学校は70-80人程度なので、どちらにしても<小規模な大学の環境>と言えますね。とはいえ、キャンパスにある図書館やカフェテリア、憩いの場的な広場などローカルの大学生と同じようにキャンパス内の設備を使用することができます。外国人と比べるとシャイな日本人にはこれぐらいの規模の方がいいのではないでしょうか。

また宿泊先として、オンキャンパスのレジデンス(寮)に入れるのも大きなポイント。ローカルの学生と同じ建物にはならないのですが、周りの学生とのコミュニケーションも取りやすくなるし、通学のための交通費は浮きます。

コンコーディア・カレッジの英語コース

Concordia College New York

提供されている英語コースは、語学教育機関『Kings Education』による「一般英語コース」のほか、「TOEFL ibt試験対策コース」、「進学パスウェイプログラム」など。大学オンキャンパスでありながら、私立の語学教育機関なので基本的に毎週月曜日に入学ができます。

お問い合わせお待ちしています!

いかがでしたか?ニューヨークというとマンハッタンばかり見ている人も多いですが、ちょっと郊外まで足を延ばすと、治安や物価状況の良いところで落ち着いた留学生活を送ることも出来ます。お見積もりや留学プランのご依頼、お待ちしています!