ワーキングホリデーを採用している英語圏の国は、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドが挙げられますが、その中でもカナダでワーホリをするメリットをご紹介します。

私は断然カナダです!

 英語初心者には特におすすめのカナダ

カナダは移民大国としても知られています。特にアジアからの移民が多く、その中に日本も含まれています。

留学やワーホリにおいて、「日本人が多い地域は嫌だ!」「せっかく海外に来たのに、アジア人がたくさんいるのはちょっと…」という意見を頻繁に聞きますが。皆さんに声を大にしてお伝えしたいのが、「日本を含めアジア人が多いことは、留学においてメリットでもある!」ということです。

「一体なぜ?」なのかと申しますと…

① 現地に日本人がいると、いざという時の一番の相談相手になる

現地に日本人がいると、いざという時の一番の相談相手になる
留学・ワーホリが初めての方や英語力が入門レベルの方にとって、現地に日本人がいるということは一番の安心ポイントになるのではないでしょうか。それは留学する本人だけでなく、留学を送り出すご家族にとっても言えることです。

想像してみてください。初めて訪れる国で、

「銀行口座を開く」
「携帯電話を調達する」
「生活用品を買えるお店を探す」
「現地のシェアアパートを探しまわる」

これらを自分一人で、そして英語を使って楽々とこなす自身はありますか。

カナダ留学では、語学学校に日本人スタッフが在籍していることが多く、何かあったときは日本語で対応してくれます。もし近くに日本人の友達がいれば、聞き取れなかった英語を「なんて言っていたかわかる?」なんて相談することもできますよね。

自分よりも先に現地入りしている日本人は、携帯の購入方法や銀行口座を開く方法も知っているので、そういう人に日本語で聞いてしまったほうが安心です。

「せっかく留学しに来たからには現地にいる日本人に頼らないで、自分一人でなんとかする」なんて思わずに、頼ってください!

留学初期は分からないことがたくさんあって、当たり前です。英語にも慣れてきたら、身の回りのことを自分でこなしていけばいいのですから!

② ワーホリビザで最長6ヵ月語学学校に通うことができる

ワーホリビザで最長6ヵ月語学学校に通うことができる

カナダのワーホリビザは最長6ヵ月語学学校に通うことが出来ます。

現地で仕事を始める前に、最短でも1〜3か月ほど語学学校で英語を学ぶことをおすすめします。

その理由は、仕事をする上でやはり英語が必要になるからです。

英語環境で仕事をしたい方は尚更です。語学学校によっては、ワーホリの方を対象としたプログラムを開講している学校もあり、英語での履歴書作成方法や面接対策を学ぶことができます。語学学校の詳細についてはiae留学ネットにお問合せください。

③ 日経企業や日本食レストランが多いので、日本人にとって仕事を見つけやすい

日経企業や日本食レストランが多いので、日本人にとって仕事を見つけやすい

冒頭でもお話ししましたが、カナダは移民大国です。特にアジアからの移民が多いので、日経企業、日本食レストランが非常に多いです。また外資系でも、日本語堪能なスタッフを求めていることもあるので、日本人にとって仕事が探しやすい環境です。

英語力によっては、英語環境でのお仕事も目指せます。アジア系のスーパーマーケットやレストランが他の国に比べて多いので、手軽に日本食を食べられるのは、とてもありがたいですよね。

④ 努力次第でワーホリから就労ビザへの切り替え、そして永住権につなげることも夢ではない

努力次第でワーホリから就労ビザへの切り替え、そして永住権につなげることも夢ではない

カナダは比較的、就労ビザや永住権を取得しやすい国でもあります。

就労ビザ取得には、ビザをサポートしてくれる企業やレストランで働くことが必須にはなりますが、ワーホリ期間の1年よりも長く滞在したい方や将来的にカナダに永住したい方にとって、カナダは魅力的な国なのではないでしょうか。

まとめ

カナダは他の国に比べて日本人留学生、ワーホリが多いですが、まったく日本人がいない環境より安心して滞在できるのではないでしょうか。日本人に出会いやすい、語学学校にも日本人スタッフがいる環境は、留学が初めての方や英語に自信がない方にとって安心です。

英語では伝えきれない悩み事を日本人同士で相談し合えることは、ストレスとホームシックの解消にもつながります。カナダ留学・ワーホリについてもっと詳しく知りたい方、お気軽にiae留学ネットにご連絡ください。