勉強や観光、アルバイトなど様々なことに挑戦できる「ワーキングホリデービザ」。

中でもカフェ文化の盛んな国・オーストラリアでは、コーヒーにミルクで模様を描くラテアートカフェでの接客スキルを学ぶ「バリスタコース」を設けている語学学校もあり、語学+スキルが身につくとあって注目を集めています。

ここで、最近人気が上昇しつつあるオススメの語学学校&コースをご紹介します。

オススメの語学学校 ILSC

ILSC

国際色豊かなカナダ発祥の語学学校。1週間からの入学が可能で、約130種類以上から自分に合ったコースやプログラムの選択が可能です。放課後や週末に開かれるアクティビティーでクラスメイトと交流を深めることで、授業で学んだ英語にさらに磨きをかけることができます。

また、通常の語学学校の平均的なレベル分けは「6段階」程度と言われていますが、ILSCでは10段階のレベルを用意。細かくレベル別にクラス編成が行われているため、より自分にあった内容の授業が受けられ、生徒のみなさんの満足度向上にもつながっています。

Café work Skills Course -カフェワークスキルコース-

数あるコースの中でも今回おススメしたいのがこちらのCafé work Skills Courseです。

どんなことが学べるの?

  • カフェで働く上でのボキャブラリー
  • 発音矯正
  • 仕事を探す上での英会話力
  • 接客スキル など

「カフェで働くこと」に特化したコミュニケーションの基礎を学ぶことができます。

また、専門スキルとして

  • カプチーノ、エスプレッソ、カフェラテなどの作り方
  • プロ用コーヒーメーカーの使い方、清掃方法
  • お金の取り扱い方 など

即戦力として働けるスキルを身に着けていきます。

3つのおススメポイント

校内のカフェで実践学習

オーストラリアのカフェなど接客業をする上での実用的なスキルを身に着けることができます。キャンパス内にあるカフェで実践を通して学べるのが最大の魅力。注文を受けてコーヒーを提供するまでの一連の流れを学習します。

ワーキングホリデービザでも学生ビザでもOK

多くの国では、学生ビザ保持者の就業を禁止していますが、オーストラリアでは学生ビザであってもアルバイトが許可されています。学校で学んだスキルは現地の仕事探しでも役立つこと間違いなしです。

修了証がもらえる

コース終了者には修了証が発行されます。現地で仕事を探す際や、日本に帰国してから留学中に頑張ったことをPRする際にも役立ちます。

参加条件はこちら

実施校ILSC シドニー校・ブリスベン校・メルボルン校
応募条件ビギナー(レベル4)の方
※詳しくはお問い合わせください
期間4週間

オススメの語学学校&コースまとめ

いかがでしたでしょうか?今回は最近人気が上昇しつつあるオススメの語学学校 ILSCのCafé work Skills Courseコースをご紹介しました。

留学プランのご提案やお見積もりのご希望などございましたら、下記までお問い合わせください。