オーストラリアで半年間の留学をし、去年までワーキングホリデーで1年間滞在していました。そこから、色んなこと学びましたが、後悔したこともありました。これから、ワーキングホリデーに行く皆さんにとって実のある情報、時間になるよう今回、ご紹介したいと思います。

はじめは、ただ英語に憧れて行きました

はじめは、ただ英語に憧れて行きました

私は、英語ができなかったので、はじめに語学留学を半年間し、その後ワーキングホリデービザに切り替えて、オーストラリアをただ楽しむといった計画でした。今考えれば、とてももったいないことをしたなと思います。

半年間、語学学校に行き周りはキャリアアップを目指す人、オーストラリアの大学に行く人、現地で就職を目指す人と志が高い人が多かったです。

その影響か、私自身もオーストラリアにどんな仕事があるのか興味を持ち始めました。いくつか、楽しそうだなと思う学業はあるもののIELTS7.0以上ないと入学できない…。私には無理だと諦めていました。

ホストマザーの言葉が励みに

ホストマザーに話すと「やってないのにまだわからないじゃない、あなたは英語ができるけど、わたしは日本語なんてできないわ。来た時よりも英語が上達しているし、あなたは頭がいいわ。」と励ましてくれました。いつも思ったことをストレートに言うホストマザーの言葉がとても嬉しかったです。

そして、周りの留学生の友だちをみて、わたしも頑張ろうと勇気が出ました。

人生一度きり、自分のやりたいことをする

いろんな人の出会いで私は人生一度切り、やりたいことをしようと決めました。そして、初めから諦めていた私は、とてももったいない時間を過ごしてしまいました。もっと真剣に授業を受けていたら、今よりも英語ができたと思うからです。

留学に行く前によく目標を持つべきだと言われ続けてきましたが、初めてその意味がわかったような気がします。海外に滞在できる時間は短く、滞在できても費用がとてもかかること、その中で、どれだけ有意義に過ごすことが大事なのかなと今は理解ができます。

具体的な目標を考えることが実のあるワーキングホリデーに!

具体的な目標を考えることが実のあるワーキングホリデーに!

私の後悔した経験から学んだことがあります。それは、ワーキングホリーデーで何がしたいのか明確にすることが必要にする方がいいということです。

例えば、日本に帰ってきて英語を活かしてホテルのフロントで働きたいとします。そして、英語はどのくらいのレベルが必要なのか調べます。

そして、ワーキングホリデー中、ホテルのインターンがあれば、それに向けて応募したり、留学やワーキングホリデーのエージェントに相談するっといったことができます。帰ってきたときには就職に優位になるかと思います。

このように具体的に考えることによって、ワーキングホリデー中どうした方がいいのかどうしたら充実したものになるか考えやすいと思います。そして、帰国時には実のあるワーキングホリデーだったと思えるでしょう。

ワーキングホリデーなのだから、その国を満喫することも重要!

先ほど、明確な目標をすることが実のあるワーキングホリデーになることをご紹介しましたが、ワーキングホリデーだからこそできることも大切だと思います。

私は、留学で新たな目標を得ましたが、ワーキングホリデービザに切り替えた後、元々私がしたかったことを行いました。レストランのホールで働きたい、ファームで働きたい、オーストラリア国内旅行がしたいなどやりたいことを全てやりました。

インターンをする、資格を取るなどの方が実のあるように見えますが、そういった体験でできないようなことが私はできたと思っています。そして、今のわたしの強みになっています。

具体的な目標が無理なら、やりたいことをあげよう!

具体的な目標が無理なら、やりたいことをあげよう!

私も具体的な目標はなかったのですが、実のある時間にしたいとは皆さん考えると思います。何でも良いんです。自分がワーキングホリデーでしたいことを書いてみるといいと思います。もしかしたら、そこから具体的な目標や夢ができるかもしれません。

実のあるワーキングホリデーとは?

自分の人生どうするかは自分次第ということ、行動しなければ何も変わらないということです。でも、皆さん頭の中では、このことをわかっていると思います。

私は色んな国の人と出会い、話して改めてその言葉の意味を実感しました。そして、自分に誇りをもつこと、自信をもつことも学びました。失敗したら恥ずかしいという変なプライドもありましたが、そのプライドもなくなり、今はいろんなことに挑戦できるようになり、毎日が楽しいです。

具体的な目標があることはとても素敵なことですが、それにとらわれず、自分らしいワーキングホリデーにすることが大事だと思います。帰国時に、行って良かったと思えるだけでも実のあるワーキングホリデーだったのかなと私は考えます。

今からワーキングホリデーに行く人にとって充実した時間になることを願ってます。