「留学したら、英語はペラペラ!」「長期間現地に住み生活するのだから、帰国後には文句なしの英語力になるはず!」留学に憧れ、そう考える人は多いと思います。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?アメリカの大学に留学した実体験から留学による英語力向上についてお話します。

自分の意見を堂々と言うこと=英語留学成功の秘訣

日本では「和」という考えが大切にされ、他の人と協調する事が美徳とされています。自分の意見をズバリと主張する人は時に煙たがられたり、嫌われたりする場合があります。

だから多くの日本人は自分の意見を主張するよりも、他の人と上手くやる事を優先します。

しかし、日本にいる時のように振舞っていたら、英語力は伸びず留学に失敗してしまうでしょう。

私も日本では、出来るだけ他の人と同じように考え行動すべきという姿勢の元生活をしてきました。自分がしたい事を「現実性が無い」と思い込み誰にも言えなかったり、誰かに自分の考えを指摘されれば考え直す事ばかりでした。

自分には強い意志がある、そう思っていても外に堂々と公表出来る人が少ないのが日本の現状ではないでしょうか。

しかしアメリカでの留学経験では反対に、素直に自分の意見を主張しない事が批難されます。講義型の授業でも個人に対し容赦なく降りかかる教授の質問の数々。

寮の生活でも自分の思ったことはすぐに言い合います。自分の考えを話せないと対等に話し合う事が出来ないのです。

自分の意見を言えないと、英語力が伸びないという更なるデメリットもあります。会話の中で “What do you think?” “How about you?” と自分の考えを求められる場面が多くあります。

そこで “I don’t know” 「分からないな」、相手と意見が違うのを恐れて “I agree” 「私もそう思う」と理由もつけずにいつも返事をしていると、意見を求められているのに相手に十分な返答はできず、会話も自分でストップしてしまいます。

そうすると話しかけてくれた相手もつまらなくなり、折角英語のスピーキング能力を伸ばす機会も自然に失われてしまいます。

しかし、少しでも自分の意見を言うと相手は必ず興味深く話を聞いてくれ、意見を尊重してくれます。自分の考えを素直に言う事で、より深い議論や人との強い信頼関係を築く事に繋がります。

留学生活で英語能力を伸ばしたければ、「自分の意見を堂々と言うこと」が成功の秘訣です。

留学前から勝負は始まっている

留学前から勝負は始まっている

「堂々と意見を言うことが成功の秘訣でも、私は英語を話すことが苦手だからそんなの無理…」

そう不安になってしまう人は多いかもしれません。逆に「留学してからどうにかなるさ!」と強気な人もいるでしょう。私自身留学に必要なTOEFLの点数がとれて留学が決まってからは英語の勉強を怠ってしまいがちでした。

そしてアメリカに渡航してすぐに「もっと英語を留学前に勉強しておけばよかった」と強く後悔しました。そうなのです、留学生活成功のカギは実は留学前の取り組みにかかっています!

留学成功のために「自分の意見を堂々と言うこと」が大切と言いましたが、それを実行するためには英語4技能のうち何力が留学前には一番必要でしょうか。リーディング力?ライティング力?それとも、やっぱりスピーキング力?

いいえ、違います。最も重要なのは「リスニング力」です。「自分の意見を言うぞ!」そう意気込んでも、相手の言っている事が理解出来なければ、意見を言うこと、ましてやもちろん会話についていくこともままなりません。

だから、相手が何を言っているか理解する能力「リスニング力」が1番必要な力なのです。リスニング以外の力は留学に来てから十分鍛えられますが、相手の話を理解する事は授業でも生活でも最も基本的なことなのです。

では、実際に留学前に出来る事は何でしょうか?楽しみながらリスニング力を上げる事、それは「好きな洋画、海外ドラマを見ること」です。

「あれ、そんな簡単なことでいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、これで大丈夫です。お気に入りの洋画や海外ドラマを、英語の音声で聞き取れるようにしましょう。

最初は日本語字幕や日本語音声で確認しても問題ありません。日本語は自分が理解できるヒントにして、徐々に英語を聞き取れるようにしていきましょう。

問題集をすることは飽き飽きしてしまいますが、自分が好きなものだったら楽しみながらリスニング力を上げる事が出来ます。留学前に英語を聞くことに抵抗をなくし、少しでも英語耳を作ってから留学をスタートする事が留学成功のカギです。

成功する人の理由と留学前の秘訣まとめ

「留学したら必ず英語力はペラペラ話せるようになる!」ということは決してありません。話せるようになるかは、留学中そして留学前の行動に掛かっています。

折角大きなお金を出してする留学。それなら、素敵な思い出も英語力もどちらも手にしてみませんか?