海外留学したい!海外で英語の勉強をしたい!と思った時、インターネットにあふれている情報の中からどこが自分に一番ぴったりあった学校なのか...選ぶのはなかなか難しいですよね。

「英語をしっかり勉強したい」
「自分の英語に自信が持てるようになりたい」
「将来、海外の大学や専門学校への進学を目指したい」

そういった想いを秘めた皆様のために、今回は、真面目にしっかり勉強したい方、長期留学をご希望の方、そして将来の進学のためにアカデミックな英語を勉強したい方にお薦めの語学学校をご紹介させていただきます。

Navitas English

NAVITAS

Navitas Englishは、1981年に創立されたオーストラリアで最も歴史と伝統のある老舗の語学学校です。オーストラリア国内に2キャンパス(シドニー、パース)あります。

世界100カ国以上から留学生が集まる多国籍な環境であり、かつ教師陣は英語を母国語としない生徒に対する英語教授法の専門資格TESOLを保有しているため、わかりやすくて楽しく英語を学べる環境作りや、すぐに役立つ英語を身に着けることを考えた授業内容であることにも定評があります。

英語コースも初心者向けの一般英語をはじめ、試験対策や大学進学をサポートする進学英語コースまで、幅広いコースが準備されており、学生は目的にあったコースを選ぶことができます。

なかでも、Navitas Englishは70校を超えるオーストラリア国内外の大学、カレッジおよびTAFE(州立職業訓練専門学校)と直接入学できる協定を結んでおり、その数はオーストラリアの語学学校の中でもNo1を誇ります。そのため、長期留学、進学希望者に大変お薦めの語学学校です。

オーストラリア担当カウンセラーがNavitas Englishをお薦めする理由

ここでは、Navitas Englishがおすすめな2つの理由をご紹介いたします。

1. 進学希望者の強い味方。大学・カレッジ・専門学校との提携70校以上!

オーストラリアの大学や専門学校に進学する場合、通常、英語力の入学条件としてIELTSのスコア提出が求められますが、Navitas Englishでは、提携のある高等教育機関に関して指定のコース(アカデミックイングリッシュコース)を修了することにより、IELTSのスコア提出が免除になる「ダイレクトエントリー」制度が活用できます。

多くの公立の大学や専門学校が認めるNavitas Englishのアカデミック英語コース。内容のクオリティの高さが伺えます。

2. 経験豊富な教師陣!

Navitas Englishの講師陣は、必ず学士やTESOL(英語を母国語としない人向けの英語教授法に関する資格)の資格を保持しており、教員経験も最低で2年以上が必須条件。

経験豊富で確かなスキルを持つ講師陣は、英語を母国語としない生徒の弱点や、どのように教えたら分かりやすいかという点をしっかり把握しています。

Navitas Englishオリジナル!myStudyとは?

Navitas English Sydney

myStudyは、導付きの個別学習プログラムで、当校の専門の英語講師によって策定・監修されています。

myStudyプログラムの特徴

myStudyを利用することによって、特定の言語スキルや個人的に重点を置く分野の上達に集中することが可能。

myStudyは全部のスキルの向上に役立つので、コース終了後に自宅で英語の学習を続けることが可能。

一般英語やアカデミック英語受講者は、myStudyに参加するか、課題、ホームワーク、講師による個別指導が選択可。

選択科目例

myStudy
ランゲージ
学習室で語学練習教材を用いて、向上させたいと考えている文法と語彙の分野に集中的に取り組みます。
myStudy
発音
発音のみに集中して取り組めるレッスン。流暢さが向上し、話す際に自信が付きます。
myStudy
会話
他の学生や先生と様々な役立つトピックについて話し合うことによって、英語を話す際の流暢さや自信を高めます。
myStudy
コンピューター
Clarity English学習アプリケーションとその他の役に立つオンライン語学学習教材にアクセスして、文法、語彙および発音を勉強したり、リーディング、ライティング、リスニングのスキルを向上させます。
myStudy
ジョブクラブ
履歴書の書き方、面接のコツ、オーストラリアの職場文化について、ペアやグループでのセミナーや個別指導に参加することによって、オーストラリアでアルバイトを探す準備をします。
+ジョブサポート履歴書の作成を手伝ってもらったり、オンライン・ジョブポータルを通じて仕事を探したりするために、マンツーマンのジョブサポートを2回予約することができます。

Navitas Englishの授業スタイルは?

コースは、異なる3つの時間割で提供される場合もあります。

時間割1(Day Time):20時間+5時間のmyStudy

午前の授業午前08:20~午前10:20
休憩午前10:20~午前10:40
myStudyオプション午前10:40~午前11:40
昼食午前11:40~午後12:30
午後の授業午後12:30~午後02:30

時間割2(Day Time):20時間+5時間のmyStudy

午前の授業午前10:25~午後12:25
休憩午後12:25~午後01:35
myStudyオプション午後01:35~午後02:25
昼食午後02:25~午後02:35
午後の授業午後02:35~午後04:35

時間割3(Evening Time):20時間

夕方の授業午後4:40~午後6:40
休憩午後6:40~午後7:00
夕方の授業午後7:00~午後9:00

Navitas Englishの学費は?

今回は長期留学のご相談に多い「6か月間」「12か月間」にて、オーストラリアシドニーキャンパスでの学費・総予算をご紹介します。(※為替レートは2021年12月時点です)

6か月間の学費・生活費

学費AU$8,520
ホームステイ滞在費
(平日2食付き)
AU$7,680
個人的出費AU$1,200~AU$1,800
公共交通機関AU$600(AU$100/月)
合計AU$18,000~AU$18,600
日本円:約150万円~約155万円

12か月間の学費・生活費

学費AU$16,320
ホームステイ滞在費
(平日2食付き)
AU$15,360
個人的出費AU$2,400~AU$3,600
公共交通機関AU$1,200(AU$100/月)
合計AU$35,280~AU$36,480
日本円:約295万円~約305万円

なお、現在Navitas Engilshキャンペーン 日本人限定の特別割引を実施中です!!詳しくはこちらのサイトをご参照ください!!

各校舎の動画を紹介します

シドニーキャンパス


パースキャンパス

お問合せ・カウンセリング、お手続きも無料のiae留学ネット

いかがでしたでしょうか?

こちらのNavitas Englishは、実はオーストラリア担当カウンセラーの私も通学していた母校になりますが、実際に授業を受けてみて思ったのは、まずは本当によい担任の先生と巡り会えたという点です。

私が学校在籍している間に、とにかく少しでも英語力が伸びるように、そして苦手な課題点を克服できるように、丁寧にやさしくパッションをもって向き合ってくれていたことが大変印象に残っています。

また、オーストラリアでは珍しいEnglish Only Polisyがとにかく徹底されていて、授業中はもちろんのこと休憩時間や放課後もそして学校からの帰り道もみんな英語で話すのが当たり前になっていました。

国籍を問わず、せっかくオーストラリアに来たからには母国語を話さず英語漬けの生活を送りたいという意識の高い生徒が集まっていたと、周りのクラスメイトや日本人のスクールメイトをみても思います。

なお、iae留学ネットでは無料でNavitas Englishの出願サポート・留学相談を行っておりますので、ご興味がおありの方はぜひお気軽にご相談ください。

ぜひ、一緒にあなただけの留学プラン・オリジナルスケジュールを一緒に作り上げていきましょう!