本日はモナシュ大学の人気学部紹介第四弾として、工学部(エンジニアリング)についてご紹介致します。

モナシュ大学の工学部(エンジニアリング)は、世界学部別ランキングでも高い評価を得ており、卒業後の就職にも大変強い学部です。

世界最高峰の工学部で修士号取得し、外資系グローバル企業での活躍を目指しませんか?

モナシュ大学とは?

モナッシュ大学

1958年に設立されたモナシュ大学は、オーストラリアのビクトリア州メルボルンに位置する国立大学であり、生徒総数としてはオーストラリアで最も大きい学校の1つです。

2021年度QS世界大学ランキングでは55位にランクイン。オーストラリアを代表する名門大学(G8)の1校でもあります。

イタリア語で「Ancora imparo(常に学ぶ)」というスローガンを持つ学校であるだけに、研究分野では特に優れた成果を上げてきており、オーストラリアの大学が行っている研究成果のうち72%を占めるほど活発な研究活動が行われる大学です。

特に、情報技術(IT)、工学(Engineering)分野での研究成果はとても評価されています。

モナシュ大学の工学部(エンジニアリング)について

モナシュ大学の工学部(エンジニアリング学科)は、世界学部別ランキングでも高い評価を得ています。

エンジニアリングは社会で大変需要があり、工学修士号を取得すると他の求職者とは一線を画し、早期昇進、高収入を得られる可能性が高まります。

ランキングと就職・昇給について
  • エンジニアリング&テクノロジー学科 54位
  • モナシュ大学工学修士号コース卒業生の就職率 94.6%
  • 工学修士資格を取得することで平均給与が上がる可能性 55%

なお、モナシュ大学の卒業生は以下のグローバル企業への就職実績があります。

  • Tesla
  • NASA
  • Dyson
  • Google
  • Nestlè
  • Tata
  • Department of Transport
  • BHP
  • PepsiCo
  • Deloitte
  • Apple
  • Rocket Lab
  • 環境保護局
  • 国連

世界中の業界とのつながりを活用し、工学修士号を取得してあなたのキャリアを成功に導きましょう。

Master of Engineeringコースについて

モナシュ大学の工学修士は、革新的思考、起業家精神、専門能力開発などを促進するように設計された1年間の修士プログラムです。

異文化環境で複雑な問題を解決できるように戦略的思考を学び、リーダーシップ能力を向上させ、多様な利害関係者と関わるための必要なスキルを構築します。

なお、学生は以下5つの専門分野での技術的知識を広げることができます。

  • Biological Engineering(生物工学)
  • Civil Engineering(土木工学)
  • Electrical Engineering(電気工学)
  • Materials Engineering(材料工学)
  • Mechanical Engineering(機械工学)

各専門分野について

では次に、各分野について見てみましょう。

Biological Engineering(生物工学)

世界学部別ランキング45位(オーストラリア国内1位)

生物学を利用して、バイオ医薬品の製造、微生物による水処理、酵素、発酵などの材料の変換を行うエンジニアリングに従事します。

食品および飲料の成長、バイオ医薬品の生産、発酵、廃棄物の再利用、水処理、バイオエネルギー、バイオプラスチックの各セクターに必要な高度なスキルを身に付けることができます。

Civil Engineering(土木工学)

世界学部別ランキング40位(オーストラリア国内1位)

土木工学では問題解決に適用される、土木工学全体にわたる最先端技術的の学習に焦点を当てています。

土木工学の主専攻と関連分野のから科目選択し、土木工学の3つの分野(構造、輸送、水)から1つを研究します。

Electrical Engineering(電気工学)

信号処理、通信、デジタルシステム、および電子機器に関する高度な知識を身に付けることができます。

家庭用電化製品、輸送システム、医療機器、センサーネットワークに見られる特定のアプリケーション向けに設計された専用コンピューティングシステムなどを、理論と実践を組み合わせて学習します。

Materials Engineering(材料工学)

世界学部別ランキング9位(オーストラリア国内1位)

材料工学では、金属、ポリマー、生体材料、ナノ材料、エネルギー関連材料などの実用的活用方法などを学習します。

エンジニアリング構造、プロセス、およびデバイス設計と構築に関連する、現在の技術的、経済的、環境問題に対処する上で、材料の中心的役割を活用する高度な知識と能力を得る事が出来ます。

Mechanical Engineering(機械工学)

世界学部別ランキング42位

再生可能エネルギー、航空宇宙、建物、輸送、生物医学装置の分野における複雑な機械工学システムの設計、監視、およびパフォーマンスにシステムアプローチするための高度な知識と能力を得る事が出来ます

コース詳細ならびに入学条件について

ここではエンジニアリング学部の基本情報をご紹介いたします。

コース名 Master of Engineering
期間 1年間
入学時期 2月、7月
学費 AU$48,000/年間(※2021年8月現在)
入学条件
  • IELTS Overall 6.5(各セクション6.0)以上
  • 大卒以上

2021年8月現在実施中の奨学金について

例年360以上の奨学金を実施しているモナシュ大学ですが、2021年現在海外留学生向けに大きな奨学金を実施中です。

奨学金名International Study Grants 2021
対象者2021年度中にモナシュ大学へ入学予定の方
奨学金AU$10,000(約85万円)

上記奨学金は定員になり次第、締め切られます!

ご興味がおありの方はお早めにモナシュ大学へご応募ください。

本コースの詳細、内容がよりが分かる動画



モナシュ大学への進学に関するご相談はiae留学ネットまで

モナシュ大学の工学部は、各専門分野においても世界学部別ランキングにラインクインしている大変優秀な学部です。

かつ、卒業後の就職にも強く、将来グローバル企業でバリバリ活躍されたい方には大変お薦めです!

なお、iae留学ネットはモナシュ大学の日本正規代理店のため、進学に関するご相談から出願のお手続きまで、無料でご案内させていただいております。

ご興味がおありの方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。